1年

昨年の5月1日に天皇の皇位継承があり、今上天皇が即位して今日4月30日で丸1年となります。そして元号が令和となって丸一年です。

江戸時代以前ならば、今年のように大きな新型コロナウィルス(疫病)が流行すると改元することになりますが、新天皇の即位時に限定して改元する「一世一元の制」となりましたので、「改元」ではなくて、科学の力や国民ひとりひとりの行動力で対処する必要があります。

明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つ目の元号となります。時代の移り変わり・・・

中原中也の詩に「サーカス」というタイトルの詩があります。

幾時代かがありまして
  茶色い戦争ありました

幾時代かがありまして
  冬は疾風吹きました

幾時代かがありまして
  今夜此処での一(ひ)と殷盛(さか)り
    今夜此処での一と殷盛り

   中原中也 『山羊の歌』より

遡ると、20世紀から21世紀に時代が変わったのが19年前、
そして昭和から平成に時代が変わったのが31年前です。

緊急と非常

無線通信の世界では、緊急通信と非常通信とは意味が異なります。

○緊急通信(Urgency Communications):「船舶又は航空機が重大かつ急迫の危機に陥るおそれがある場合その他緊急の事態が発生した場合に緊急信号を前置する方法その他総務省令で定める方法により行う無線通信をいう。」(電波法第52条第2号)

○非常通信(Emergency Traffic) :「地震、台風、洪水、津波、雪害、火災、暴動その他非常の事態が発生し、又は発生するおそれがある場合において、有線通信を使用することができないか又はこれを利用することが著しく困難であるときに人命の救助、災害の救援、交通通信の確保又は秩序の維持のために行われる無線通信をいう。」(電波法第52条第4号)

緊急通信は「重大かつ急迫の危機に陥るおそれがある場合」「緊急の事態が発生した場合」となっており、非常通信は「非常の事態が発生し、又は発生するおそれがある場合」という状況下での特例の通信のことです。

緊急と非常の違い、英語では緊急は「urgency」で、語源を辿ればラテン語の「urge」にルーツがあるようで、急き立てる、或いは駆りたてる、また急がせる、というような意味を持った言葉です。英語の「urgency」は名詞語尾「cy」が付いて「切迫、急迫、緊急」という意味になります。

それに対して英語の非常は「Emergency」で、語源を辿れば、こちらもラテン語にルーツがあってラテン語の「emergere」は、「e(外へ) + merge(沈む)」で、今まで見えなかったものが表に現れる、好ましくない事件や事態が発生する、というニュアンスの言葉です。英語の「emergency」は名詞語尾「cy」が付いて「非常時、有事」という意味になります。

同じような言葉ですが「urgency」は、単に急を要する場合(業務や切り傷などの軽い怪我、命に別状がない病気など)に使われるような言葉だそうで、「emergency」は、危険や深刻、重大な事態に追い込まれて急を要する場合(天災や命に関わる病気や怪我など)に使われる言葉です。

ただ、今回の新型コロナウイルスによる緊急事態宣言においては、英語での報道を見ると「state of emergency declaration」という表記がほとんどで、今回の新型コロナウイルスによる緊急事態は「state of emergency」で、無線通信の非常(emergency)に相当するようです。

もっとも無線通信の世界では、「緊急通信」より優先する「遭難通信」が電波法で定められています。

○遭難通信(Distress Communication):船舶又は航空機が重大かつ急迫の危険に陥った場合に遭難信号を前置する方法その他総務省令で定める方法により行う通信である(電波法第52条)

無線通信は、元々は有線通信が使えず、無線通信だけが頼りの船舶や航空機等がメインであったため、もっとも優先する通信が遭難通信になっています。ですので電波法での「緊急通信」は「遭難通信」に継いで優先されるという位置づけなので、ちょっと違うのかもしれません。

ただ、これだけ緊急事態が長引き、更に延長されそうな気配があり、「緊急」という緊張感が維持できるのか、心配です。月単位での長期に及ぶ場合は、むしろ「非常事態」ではないかとも思います。海外では中国が2ヶ月ほどで規制が緩和され、欧州でも同様に現在ピークを過ぎて規制の緩和に向かっているようです。「非常」と「緊急」の狭間のような感じです、ただ海外では「外出禁止」や「ロックアウト・都市封鎖」という強力な規制なのに対して、日本は外出自粛という緩やかな規制になっています。

優先入店

近くのスーパーで、週末に買い物に訪れた時になかった貼り紙が増えていました。

大阪のイオン系列のスーパーでは、鉄道の優先座席のような条件での、早朝の「優先入店」の案内が書かれていました。

 明後日の祭日には早朝の混み合わない時間帯に訪れる予定でしたが、優先時間帯が設けられているので、明石の24時間営業のハローズまで足を伸ばそうかと思います。

 

ステイホーム週間

昨日から連休が終わるまではステイホーム週間ということで、これまで以上に外出の自粛が求められています。東京都知事が、休業や外出自粛をより一層取り組むために、企業などに連続休暇や在宅勤務を薦め、都民に対しては外出自粛を強く求めたのがステイホーム週間です。

 今日も出来るだけ外出は控えて、夕食の時にテレビでサザエさんを観ていると、ゴールデンウィークでサザエさん一家が出掛ける先を相談するような話で、実際には動物園に行くというような内容でした。

 観ていてちょっと違和感を感じました。ステイホーム週間になって、世間のムードと乖離したストーリー。ゴールデンウィークのお出掛けがテーマなので、外出自粛の風潮に逆行するアニメ・・・

翌日、ネットで「サザエさんが『炎上』」という書き込みがあちこちで報じられていました。まあ、この時期にあの内容は、ちょっとどうかなあ~とは思いましたが、 「不謹慎」、「のんきに家族で外出していいるのを見ると腹立つ」というような書込みがあったそうです。それに対して「行き過ぎた不謹慎狩り」という批判の書込みもあったそうです。

国民的なアニメとも言われているので、こんな話題になるのかもしれません。

スーパー

緊急事態宣言が出て2週間以上が経過、だんだんと自粛要請が厳しくなってきました。外出自粛にしたがって、スーパー等での日常必要な買い物以外は外出を控えるようにしています。

週末は、少し足を伸ばして明石のハローズまで買い出しに。ハローズは広島が発祥のスーパーで、中国・四国地方にたくさんの店舗があり、そして近畿では兵庫県の姫路と高砂、明石に店舗があって、西二見の駅前の店舗を利用しています。

 このハローズは、自転車で加古川・高砂方面まで走るときに、途中で立ち寄って水分や食料を買うことが多いです。24時間営業なので、週末の早朝の混雑しない時間帯に・・・

普段は、垂水駅前のイオンを仕事帰りに立ち寄ることが多いですが、週末は星陵台のマックスバリューを利用することが多いです。

 今日は、入り口に注意書きがありました。

そして入り口の近くに「入場制限」の準備もしていました。

 カット野菜としてキャベツの千切りがパックになってドレッシングをかけるだけで食べられるものや、キャベツやタマネギ、人参などがカットされて、そのままバーベキューなどで使えるものは以前からありました。またカットされたエノキダケを見るようになりましたが・・・「カットエリンギ」なるものを見つけて、珍しくて買ってしまいました。エリンギは売り場では見栄えも大切なので、見てくれのわるいものもカットすればわからないので良いアイデア商品かもしれません。

 マックスバリューと同じ敷地にホームセンターもアグロもあります。ホームセンターも一時は休業要請対象になっていたようですが、ここは一角に地元の野菜の直販もしています。

 買い物を済ませて駐車場に出ると大渋滞です。出口への車の長蛇の列ができていました。

 ちょっと足を伸ばして「めぐみの郷:へも出掛けました。主に西区の地元の野菜が直販されています。

 ほうれん草がとにかくたくさん並んでいました、小松菜とミズナはスーパーよりもかなり安い値段がついていました。

通院

緊急事態宣言が出て以降、はじめてクリニックを受診しました。今、発熱があると、事前に電話で予約して、決められた時間に受診する必要があります。受付で確認され、手にアルコール消毒液を吹きかけられました。

 待合室は空いていて、2人待っただけで診察室へ。ドクターと距離をとるように診察室のレイアウトも変更されていました。血圧を測るときは、いつも通りでした。

 20分ほどでクリニックを出て薬局へ。ここもスムーズに終わりました。

帰りの電車は、通勤時間帯から少しズレているだけなのにガラガラでした。

 垂水の駅前バスターミナル、ここも閑散としています。バスが出たばかりでもないのに、誰もバスを待っていません。座りたい人が一本遅らせて、バス発車直後でも座っていることがあるぐらいですが・・・外出自粛が、かなり徹底しているようです。

パワーゲーム

社会学の講義で、政治はパワーゲームだと聞いたことがあります。

経済は、資本・お金を巡ってのマネーゲームであり、政治は権力を巡ってのパワーゲームというシンボリックな説明です。

もちろん普段は、公共や福祉、教育や医療等々、国民主権の旗を揚げて、政治がパワーゲームであることがあからさまになることはありませんが、今回の新型コロナ対策に関して、政治がパワーゲームであることが露わになる場面が少なくないように感じています。

 緊急事態宣言の発出に関して、布マスクの全戸配布に関して、国民一人に10万円給付について・・・パワーゲームのやりとりが、NHK総合テレビの7時のニュースの中で、時間を割いてつまびらかに報じたことに驚いています。今までは新聞記事でパワーゲームを取り上げたり、民放のワイドショーで、芸能人のゴシップと同じように面白おかしく取り上げることはあっても、NHKのニュースで報じるのに接したことは初めてのように思います。

 緊急事態宣言によって街のいとなみが鎮静化して、いろいろな自粛要請に従わない事象に対して非社会的、あるいは反社会的というレッテルが貼られるような様相を感じます。法の強制力がない要請に対して、社会的な圧力が、マスコミを含めて「世間の目」を気にするような状況にあるように思います。

実際に、おおらかな風潮があるといわれるイタリアやスペイン、フランス、そしてアメリカのニューヨークで新型コロナウイルスが大流行したのに対して、ドイツでは大流行に至っていないことも、このような社会的・文化的な風潮も一因ではないかと思わされます。

バロック

ドイツ語でチェンバロ、英語でハープシコード、フランス語でクラブッサン・・・ピアノが主流になるまでのルネッサンス音楽やバロック音楽の鍵盤楽器として演奏されていた古楽器です。学生の頃から好きだったチェンバロは、NHK-FMの朝の番組『バロック音楽のたのしみ』で出逢いました。

『バロック音楽のたのしみ』で解説をしていたのが皆川達夫です。今日、皆川達夫の訃報に接しました。皆川達夫は、隠れキリシタンが歌い継いだ宗教音楽「オラショ」の研究者でもあり、皆川達夫の「オラショ」の本が手元にあります。本棚から久し振りに取り出しました。

 数年前に、平戸・長崎を訪れて、キリシタンの足跡を辿った時にも久し振りに本棚から取り出しました。

 女流指揮者の西本智実が、7年前にサン・ピエトロ大聖堂での枢機卿ミサで「オラショ」の原曲であるグレゴリオ聖歌を、長い時の流れを越えて復元演奏した時の映像を先日見たばかりです。

バッハのチェンバロ曲はウォークマンにも入れて、通勤の電車の中でよく聴いています。学生時代、皆川達夫の解説に、中世に思いを馳せてチェンバロやパイプオルガン、モノフォニーの合唱曲を聴いていた頃を思い出しました。

いつの頃からか,日曜の朝8時のニュースが終わってから流れてくるシューベルトの楽興の時のピアノの調べが流れて宮川達夫の低くてソフトな口跡で語り始まる「音楽の泉」というラジオ番組を聴くひとときを、時々愉しんでいました。ここ数年は日曜の朝にラジオを聴くことがなく、この3月で音楽の泉の解説を辞めておられたそうです。