教育実習

 先週の月曜から今日の金曜までの2週間,教育実習生の指導担当となりました.先週は授業見学で,今週は授業実践,そして最後の授業が研究授業でした.

 3年生の選択科目「電気基礎」と1年生の必修科目「情報技術基礎」の2科目,計6時間で授業実践してもらいました.

 電気基礎は履修登録が23名で,数学の授業で学習していない加法定理と積分の説明が必要となります.むつかしい箇所の担当となって,1回目の授業では最初は良かったのですが授業半ばで失速してしまって,板書のレイアウトも良くなかったです.

2回目の授業では,しっかりと悪い箇所を克服して,板書も見易くなっていました.
 

 積分は2学期に扱う予定でしたが,例を出して,短い時間で図を使って端的に説明していました.

 情報技術基礎は2クラスあるので4回の授業実践,1回目は2クラスとも授業の流れも悪く,時間配分も良くなくて,チャイムが鳴ってからも終われませんでした.

 2回目は,しっかりと悪い箇所を克服して,短い短縮時授業の中で教師の側の「教え」を約10分にまとめて,生徒の「学び」となる実習時間を20分確保,良い意味でザワザワ感があり,生徒同士で互いに「学び合い」が生まれ,さらに次の課題へ挑戦しようとするチャレンジの雰囲気をありました.タイマーを使いこなして余韻を持って実習を終わることができて,生徒の「学びの場」がしっかりと担保できた良い授業となりました.

 最後の研究授業は,もう一つのクラスで,その同じことの繰り返しでしたが,「アレもコレも」教えようとして教師の側の「教え」に時間が20分近く掛かって,その分生徒の実習時間・生徒の「学び」が10分程度となってしまいました.

 教師の「教え」が支配的となって,結果的に生徒の実習時間を食い潰すことになってしまい,良い意味でのザワザワ感を醸し出すことが残念ながらできませんでした.

 私自身も,つい丁寧に説明してしまって,「生徒の考える時間」「演習時間」を食い潰してしまうことがあります.

 教育実習生の指導を通して「教え」と「学び」について考えさせられました.

長い影

 太陽の角度が低い冬の方が,影は長く尾を引きますが,夏でも早朝は長い影を落とします.

 三ノ宮駅の東口,午前6時ぐらいです.バス停の影が長・・・

 そして一駅分を30分ぐらいで歩いて,灘駅近くが午前7時ぐらいです.道路標識の影は,まだ長く尾を引いていました.

A MidSummer Night’s Dream

 今日は夏至、一年でもっとも昼間の時間が長い日です.

 夏至は,英語で”summer solstice”或いは”Midsummer”ですが、シェイクスピアの戯曲の翻訳で有名な坪内逍遥は、”Midsummer Night”を 「真夏の夜」と訳してしまったそうです.さらに結婚行進曲で有名なメンデルスゾーンの「A Midsummer Night’s Dream 」も「真夏の夜の夢」となったので、最近では「夏の夜の夢」という邦題もついていますが,「真夏」もそれなりに定着してしまっています.

 北欧では、夏至に妖精と出逢えるという伝説もあるそうです.

 今日の夏至は,神戸は未明から強い雨が降り続きました.

 電車の運行が心配で,朝食を摂らずにいつもより早く家を出ました.電車に遅れはなかったので,元町駅で途中下車して定食屋・やよい軒で朝食を摂りました.

朝の通勤風景

神戸が入梅して10日以上が経過しましたが快晴が続いています.

 三ノ宮駅の東側は,JR神戸線が複々線,阪急神戸線が複線なのでこの高架の上を6組12本の線路が東西に走っています.手前がJRで,向こう側が阪急です.

 早朝からアスファルトからの照り輝く反射光が眩しいです.

 阪急・春日野道駅です.この駅の近くを歩くことは多いですが,この駅を利用するのは稀です.

自転車専用県道

 今朝も・・・快晴です.朝食前に自転車で海沿いを大阪湾,そして明石海峡,最後に播磨灘沿いを走りました.

 山田川の西側,わずかに残る砂浜からの明石海峡と架け橋,そして淡路の島影の光景です.

 明石の市街地,淡路との高速艇の乗り場近く・・・町の中に漁船がひしめき合って停留しています.

海沿いの県道554号姫路明石自転車道線・・・この道は自転車の県道です.海峡越しに淡路の島影を眺めながら,そして潮風を浴びながら,この道を走り抜けると気持ちいいです!

自宅から約15キロ走ると江井ヶ島海岸,椰子の木が並んでいます.今朝は往復31キロ,朝は気温が上がっていなかったので,とめどなく汗が流れることもなく,爽やかに自転車を楽しめました!

 帰路,舞子公園からの架け橋と海峡と淡路の島影の光景です.

今日の活動量は,

  脂肪燃焼  47分
 有酸素運動 38分
 無酸素運動 26分
 最大強度  01分
 
 歩数換算 11149歩
 消費カロリー1246キロカロリー

朝の神戸

今朝の神戸も晴れ,入梅の時に雨が降って以来,快晴の毎日が続いています.今朝の通勤途上で目にした朝日に照り輝く歩道です.さりげない風景の一コマです.

ポートライナーは日本初の実用的な新交通システムで,世界初の自動無人運転方式として開業した三宮と人工島ポートアイランド・神戸空港をつないでいます.独特の線路(?)を目にすると,今でも新鮮に感じます.

マグナ・カルタ

今朝はJRの高架沿いを歩きました.イースター島のモアイ像を思わせるJR高架の補強のコンクリートの出っ張り,その向こうにJR神戸線・灘駅前の高層マンションが朝日を浴びて輝いています.なんとなくアンバランスな光景です.

 今日6月15日はマグナ・カルタが制定された日です.

マグナ・カルタはラテン語で,英語ではthe Great Charter of the Liberties(自由の大憲章)です.法の支配の第一歩という漠然とした記念塔のようなイメージがありましたが,実際には悪王と呼ばれているイングランドのジョン王が,大陸のフランス内の領地を戦で失ったにもかかわらず,ふたたび戦を仕掛けて敗れたためにジョン王は国民全体から信頼を失ったそうです.ジョン王は退位するか処刑されるか・・・結局ジョン王は,王の権限を制限する文書に承諾することによって事態を収拾したそうです,それがマグナ・カルタです.

 悪王の王権を制限することによる制裁のような感じですが,でもマグナカルトには「法の支配」や「民主主義」の原型というイメージがあるように思います.

 かなり以前,大英博物館展のような特別展で買った「マグナ・カルタ」です.

 この中にマグナ・カルタの謄本の写真があるのですが,小さな字でしっかり目にしたことがありませんでした.職場の先輩が調べてくれて英語ではなくてラテン語で書かれていることを教えてくれました.

 英語訳の聖書として有名なジェームス王訳(欽定訳)聖書が1611年です.マルティン・ルターのドイツ語訳聖書が1534年です.中世における公式な言語はラテン語であった時代なんだなあ~と気づきました.

 考えると日本でも,平安時代は漢文・・・言ってみれば中国語です.言文一致で書き表された二葉亭四迷の「浮雲」が明治20年頃,聖書はまだ文語訳で口語訳聖書が出るのが戦後です.話し言葉で書かれものとして落語の速記本が当時は売れたようです.

今日,6月15日は兵庫県知事の公示日です.テレビや新聞では東京都議選に関するニュースに触れることが多く,兵庫県知事よりも東京都知事をテレビで見ることの方がずっと多いです.選挙の争点もマスコミを通して伝わってくることなく,はるか彼方の東京の豊洲市場問題やオリンピックに関するニュースはどんどん入ってくること違和感を感じます.

 

春日野道

 朝の通勤で,一駅手前の三ノ宮駅で降りて,約30分歩いて職場に向かっています.旧西国街道を歩くことが多いですが,JRの高架沿いを歩いたり,或いは今朝のように国道2号線沿いを歩いたりしています.

今朝も早朝から快晴で,国道2号線沿いに歩いていると春日野道辺りに大きなガスタンクがあり,朝日を浴びて輝いています.片側5車線の区間ですが,早朝の通行量はまばらです.平日でも夕方は渋滞する区間です.(

仕事帰りにスーパに立ち寄りと,もやしの特売.1つ14円・・・もやしを買いにスーパーに行ったわけではなかったのですが,思わず手にしました.スプラウトの発育の手間や輸送・販売のコストをも考えると,こんなに安くて良いのかなあ~と思いつつ,安いとつい買ってしまいます.