啓蟄

 この数日、寒い日が続きました。北日本では、記録的な積雪になったそうで、神戸も時折小雪が舞ったり、冷たい風が吹き抜けたり…

 今週になって寒さも緩んで、そして今日は二十四節気の啓蟄です。地面が温まって、冬眠をしていた虫たちが穴から出てくる頃という意味です。「蟄」は、蟄居の「蟄」です。「蟄」が「啓く」…。寒さで、この2ヶ月ほどはあまり活動的ではありませんでしたが、今日は啓蟄らしい、春のような陽射しが、少し暖かく感じました。

 冬眠していた虫が穴から出て蠢き始めるように、私も、春に向かって、歩み始めるタイミングなのかなあ~と感じるような一日でした。