横浜辺り

横浜行きの2日目、海岸通りから山下公園へ。朝から快晴で、鳥のさえずりが聴こえてジョギングをする姿を見ながら潮風を浴びていると…麗らかな春の朝に迷い込んだような錯覚を覚えます。

 氷川丸です。ロープに鳥がきれいにが並んでいます。

 堀川を渡って、フランス山の「港の見える丘公園」からの眺めです。

 外人墓地の辺りで写真を撮っていると、制服姿の小学生、中学生、高校生の女の子が続々と通り過ぎます。マスクをしてカメラを持っていると…なんとなく不審人物と思われるのではないかと気が引けました、横浜雙葉がすぐ近くにあって、その北にはフェリス学院もあり、ちょうど登校の時間帯でした。

 そして「海を見ていた午後」で唄われている山手のドルフィンです。

 朝の横浜、伊勢佐木町、馬車道、海岸通り、港の見える丘、外人墓地、元町、山手のドルフィンを巡って…鎌倉へ向かいました。小町通から鶴岡八幡宮へ。そして江ノ電に乗って大仏さんへ向かいました。大仏さんの境内は、とにかく賑やかでした。

 さらに江ノ電に乗って江ノ島へ。江ノ島の町に江ノ電が溶け込んでいるように感じました。

 鎌倉を後にして横須賀に向かう予定でしたが、横須賀線が新川崎付近の沿線の火事で下り電車がストップしたまま。予定を変更して、東横線の渋谷駅へ向かいました。

 東横線・渋谷駅は、頭端式の櫛形ホームのターミナル駅です。でも…1週間後に、この駅は使われなくなってしまいます。東横線が副都心線との相互直通運転に切り替わるためです。凄い人数の撮り鉄が渋谷駅にいました。私もその中に混じって…。

 日吉駅、何年間か、夏に通学していました。慶応大の日吉キャンパスに、通信制の学生としてスクーリングを受けるために…。けたたましいセミの鳴き声が窓が全開の講義室に聴こえてきて、扇風機が回る中での集中講義形式のスクーリング授業を受けるために東横線で通学していました。私にとって、めくるめくような思いで講義を受けていた遠い記憶…

 日吉駅は、すっかり変わっていました。半地上駅だったはずが、完全に地下駅になって、すっかり変わっていました。駅からの道は…?と考えて改札を出ると、目の前に、慶応大のキャンパスがありました。

 今日の活動量計は、歩数33430歩、距離が21.7km、総カロリー消費量が2807kcal、燃焼脂肪量が88.2g、一日に3万歩以上となったのは初めてです。