小野町

 古都・奈良の中心地に「ならまち」があります。また神戸の中心地(旧居留地)には、浪花町、江戸町、京町、明石町、播磨町という地名があります。居留地(租界)が日本に返還された時に、それぞれ著名な地名が由来です。

 小野町…福島県には小野小町に由来する小野町がありますが、小野市にある小野町駅は…小野市の中心にあるわけではなく、逆に、小野市の中心地が加古川左岸の神戸電鉄小野駅周辺にあるのに対して、加古川の右岸にある小野町駅周辺は、小野市のはずれになります。

 小野町駅の誕生は、加古川線(当時播州鉄道)が開通した大正12年(1913年)になります。その時の小野町駅は加東郡来住村となり、加東郡小野村が町制施行で小野町になるのが2年後の大正14年(1915年)、そして小野町と来住村など周辺の町村が合併して小野市となるのが昭和29年(1954年)です。小野町駅は、40年あまりの間は小野になかったことになります。似たようなことは山陽線の龍野駅にも該当します。

 小野町駅です。下りの西脇方面の列車が出た後に、上りの加古川行が数分後という時間帯で、駅には結構賑やかでした。交わされる会話を聞いていると、息子が大学に合格したので、これから下宿を探しに行くという家族連れもありました。

 西脇方面から加古川行の列車が到着

 春分の日の休日の朝で、2両の車内も結構混雑していました。

 小野町駅の近くの加古川に掛かる「おおすみはし」にはそろばんの町・小野の玄関駅へ至る橋という意味なのか、橋にそろばんが埋め込まれています。そろばんには”1986″が入っています。

 おおすみ橋から上流の眺めです。

 下り方面に一駅北に行くと粟生駅があります。粟生町の中心街近くに掛かる県道の橋の上からの上流の眺めです。

 自宅の近くに舞子墓園があり、墓園周辺の道路は大変混雑していました。かすかに線香の香りが漂ってきました。