大原、平福

 昨日は大原と平福の古い町並みを訪れました。

 元々は平福の町を久し振りに訪れるのが目的だったのですが、地図では1週間前に全線開通した鳥取道に佐用平福インターチェンジがあるのを目にして、鳥取道経由で…

 ただ、走れども平福ICが出てきません。そのうち岡山県に入って大原IC…どうも見落としたのか通り過ぎてしまったようですが、天気も良く、そのまま鳥取道のドライブを続けて、鳥取県に入って、鳥取市の用瀬PAで一息。ここでUターンして、平福に向かいましたが、せっかくなので古い宿場町が残る大原に立ち寄ることにしました。

 駐車場のある大原公民館に来て、古い記憶が甦ってきました。初めて訪れる町だと思っていましたが、かなり前に、ここに車を停めて観光したことを思い出しました。光景を目にして、忘れていた記憶を思い出しました。

 古町の町並みです。

 宮本武蔵の生誕地のも立ち寄りました。此処は、大河ドラマ「武蔵」が放映されていた頃に来ています。特設の会場があり、ものすごい人出だった記憶があります。どうもその折に大原にも立ち寄ったようです。

 智頭急行の宮本武蔵駅です。

 平福ICは、中国道から鳥取方面へ向かった場合には降りることが出来なかったようで、私が見落としたわけではなかったようです。リサーチ不足でした。そのお陰で、鳥取までのドライブと、大原の古い町並みを散策することができました。

 平福駅です。

 そして平福の町並み…

 平福の宿場町を見下ろす山の頂に、山城の利神城(りかんじょう)址がありました。播磨の豪族・赤松氏一族の別所氏が築城したそうです。

 昨日は鳥取市の用瀬PAまでの往復で310キロのドライブでした。広島市まで片道で約300キロなので、鳥取って結構近いなあ~と実感した1日でもありました。