大阪

 大阪の町…キタの梅田やミナミの難波・心斎橋周辺に出掛けることはありますが、それ以外の大阪の町を歩き回ったことがないので、昨日と今日の2日で大阪観光をしました。

 阪神梅田駅です。ちょうど春の選抜・高校野球の時期で、甲子園往復チケット専用券売機が稼働していました。

 難波宮跡です。大阪城の南側にあります。古代の宮殿跡です。孝徳天皇の時代と天武天皇の時代に都となった場所とされています。結構広い難波宮史跡公園として整備されていました。

 大阪は、縄文時代の縄文海進の時代には、上町台地だけが陸地で、それ以外は河内湾、その後は河内湖となり、葦の繁っげる湿地帯だったようです。

 上町台地は、概ね谷町筋から東側に広がり、北端が大阪城の辺りになります。現在の谷町筋と松屋町筋の間に上町台地の西の端となり、多くの坂があります。天王寺七坂と呼ばれる坂を巡りました。

 生國魂神社の北にある真言坂(しんごんざか)から巡りはじめて、源聖寺坂(げんしょうじざか)、口縄坂(くちなわざか)、愛染坂(あいぜんざか)、清水坂(きよみずざか)、天神坂(てんじんざか)、そして南の端が一心寺の前にある大きな逢坂(おうさか)です。

 写真は、源聖寺坂です。この辺りはお寺が多く下寺(しもでら)という地名です。

 落語の舞台にもなっている高津宮(高津さん)や生國魂神社(いくだまさん)も、上町台地にあり、初めて訪れました。生國魂の境内には、上方落語の始祖とも言われている米沢彦八の記念碑があります。

 上町台地の西の端からの眺めです。この辺りには、夕陽丘という地名もあり、仁徳天皇が上町台地の高津宮から、町の家々のかまどから煙が出ていないのを憂い3年間免税にした逸話が残っています。

 そして天王寺七坂の南端の逢坂です。

 新世界のジャンジャン横丁です。往時の賑わいはものすごかったようですが、今も賑やかです。

大阪天満宮に隣接する寄席の繁盛亭です。大阪天満宮も初めて訪れました。

 浪花三大橋も巡りました。大川に架かる橋で上流から、天満橋、天神橋、難波橋です。

 天満橋の近くには、京との水路を結ぶ三十石の船着き場である八軒家の船着き場があります。

 浪曲の石松金比羅代参・石松三十石船での名フレーズ「江戸っ子だってねぇ」「神田の生まれよ」「寿司を食いねぇ」が有名です。上方落語にも「三十石」という演目があります。

 この写真は天神橋です。

鶴見緑地公園も訪れました。ここも初めてです。

園内は花盛りでした。

そして赤川鉄橋です。貨物の単線と歩道の珍しい鉄橋です、この秋には供用が終わるそうです。

千林…千林の商店街です。新世界のジャンジャン横丁とは違った雰囲気の賑やかさです。

久し振りにニュートラムにも乗りました。

神戸から大阪の街は近いですが、京都や奈良と違って、観光で訪れるというよりも買い物や用事で出掛けることはあっても、観光で大阪の街を巡ることはあまりなく、今回初めて訪れた処も多かったです。