日本一短い国道 ~ 国道174号線

 国道は、国道1号線(東京ー大阪)や国道2号線(大阪ー北九州)のように、日本の幹線道路網を構成するものもあれば、重要な港湾施設と国道とをつなぐ役割を担う国道もあります。

 神戸市内には国道2号線が東西を貫通し、その浜側には国際港である神戸港があり、その間を結ぶのが国道174号線です。かつては国道2号線の「三宮駅前」と神戸税関前の「神戸港」までの、神戸のメインストリート「フラワーロード」940メートルの国道だったのが、国道2号線が神戸の市街地を迂回するような現在のコースに切り替わった為に、「税関前」から「税関本庁前」までの187メートルの国道となり、現在は「日本一短い国道」です。

 国道2号線を東側(大阪側)から神戸の市街地に向かうと、フラワーロードの南端にある「税関前」の交差点の陸橋には、次のような標識が並んでいます。左折(浜側)すれば国道174号線です。

 税関前の交差点、国道と併行して、その浜側には阪神高速神戸線の高架があります。国道174号線の始点です。

 高架の向こうは神戸港、その入口に神戸税関があり、其処までの区間が国道174号線です。

 国道174号線の標識です。見渡すと…この道路標識はこの1つだけのようです。

 そして特別な道路標識「日本で一番短い国道です」の文字とL=187.1mの全長距離が明記されています。税関の建物が背後に…

 歩いて2~3分ほどで「税関本庁前」の交差点です。国道174号線の終点です。

 重厚な神戸税関の本庁舎の建物です。神戸港のシンボルです。

 税関の西側に京町筋があり、その南にある橋…こ京町の橋なので京橋と名付けられたようです。京橋は、阪神高速神戸線の京橋ランプとして朝夕のラジオの道路情報では渋滞箇所として耳にすることが多いです。

 これが現在の京橋です。神戸港の基ともいえる勝海舟の神戸海軍操練所があった場所です。

 神戸に生まれ育ち長年住んでいますが,初めて日本一短い国道を歩きました。京橋を歩いて渡ったのも初めてだと思います。

進路講演会

 午前中の授業を終えて、勤務校の食堂で食事を済ませてから、中学校の進路説明会です。今日は神戸市北区の大原中学校です。神戸北町という鈴蘭台の北側に広がる住宅地です。神戸北町のショッピング街や住宅地をスルーする道路を走ったことはありますが、神戸北町の住宅地の中に入るのは初めでです。

 神戸北町の最寄駅は神戸電鉄の箕谷駅や山の街駅になりますが、どちらかといえば谷間を走る神戸電鉄の駅と、高台に造成され神戸の市街地と道路のアクセスが良い神戸北町の住宅地とは、駅から徒歩ではかなり不便のようです。

 三ノ宮駅から神戸北町行の急行バスが、六甲山系を南北に縦断する山麓バイパス経由で、昼間は10分間隔、朝夕は5分間隔で運行されています。トンネルの全長が8キロ以上あり、遠くに旅行に行くように感じました。

 このバスに乗ると、三ノ宮駅構内のバス停から乗車してトンネルを潜って乗り換えなしで大原1丁目のバス停・中学校の目の前まで行けます。

 校門を入ると…市街地の中学校では考えられないような広い駐車スペースがありました。

 職員室前の廊下…勤務校と比べると狭く感じます。

 生徒数が二百人ほど、それに保護者の方々と教員の方々を前にして、体育館での進路講演会です。プロジェクターとパソコンの接続がうまくいかないと伝えられて、プレゼンテーション資料をスクリーンに映しながらの説明が出来ず、口頭だけの説明だとわかりにくいだろうなあ~と思っていると、一緒に講演をする夢野台高校の先生がノートパソコン持参で、それをつなぐとスクリーンに画面が映し出されました。お願いして、使わせて貰うことが出来ました。感謝です。

 約20分の講演時間で、どれだけ中学校の生徒に伝わったかはわかりませんが、熱心に聞いている生徒は多かったです。私の次に夢野台高校の先生の話でした。毎年、大原中学校から、かなりの生徒が進学するとのことで、保護者も生徒も熱心に聞いていました。内容は教育課程と特色選抜の話、それに卒業後の進路先といったオーソドックスな内容でしたが、生徒や保護者が求めているニーズにぴったりあっていたようです。

進路講演会_神戸北町

 今日は、2回目の進路講演会で、行先は鵯台中学校です。神戸電鉄に鵯越駅があるのですが、鵯台は鵯越駅から離れており、神戸駅前のバスターミナルから出ている「ひよどり台」や「しあわせの村」行きのバスに乗ると便利で、安いです。

 神戸駅前のバスターミナル…ここからバスに乗るのは久しぶりです。新開地・湊川・東山の繁華街を通って、旧福原京だった処を巡って鵯(ひよどり)の交差点から旧西神戸有料道路を経てひよどり台へ。

 雨模様で、配布資料をリュックに詰めて背負っていたので、ひよどり台の景色や中学校の様子は写真に撮れませんでした。
ひよどり台1丁目のバス停から坂道を歩くと、鵯台中学校がありました。3年生が60人ぐらいの比較的小規模の中学校です。

 校長室で、一つ前の講演の終了を待って、エスコートされて会場の多目的ホールへ。講演時間が30分ということなので、スクリーンに映し出されたプレゼンテーション資料をレーザポインターで指し示しながら、余裕をもって説明することが出来ました。

 帰りは雨の中をバス停まで戻って、10分ほどバスを待って神戸駅へ。

梅田で会食

 今日は、大学で1年間ご一緒だった方と昨年末から半年ぶりに梅田で食事です。時間休をとって早目に梅田に到着して、貨物の梅田駅跡に新しくできたグランフロント大阪を見学

 大阪駅の北側の入口に「大阪駅」の真新しい表示を間近に見ることができました。

 食事は大丸の階上にあるレストラン街にある「馳走三昧」という店、ビュッフェ形式です。

 勤務している大阪の小学校の古い校舎を現在建て替え中とのことで、何かと大変なようです。ビュッフェ形式なので、まずはお皿を持って…

 何度も取りに行くのは大変なので、最初にたくさんとりました。

 窓の向こうには、阪神デパートの屋上にあるビアガーデンが望めました。

 3時間足らず、アレコレとおしゃべりしながら、有意義なひとときでした。

中学校進路講演会

 昨年までは、勤務校の「出口」に関わる進路指導の関係で、進路先となる大学や企業・工場を訪問することが多かったのですが、今年は「入口」に関わる中学校に出向いて進路講演会で話すことが多くなります。

 最初に訪れたのは歌敷山中学校です。垂水区の海を見下ろす高台の上にあり、目の前が明石海峡、その向こうに淡路の島影を目にすることができます。淡路の島影の東側には大阪湾が広がり、神戸空港や、その遙か向こうには大阪の町や関西新空港を望むことができます。

 校門を入ると湯川秀樹の石碑がありました。

 昭和27年に湯川秀樹が歌敷山中学校を訪問したそうで、垂水の地元の中学校なのに知りませんでした。3年生が二百数十人の規模の大きな中学校です。保護者の方と教員の方も含めておそらく三百人弱のでした。

 あらかじめ制作していたプレゼンテーション資料のファイルをDVDに収めて、用意されたパソコンに挿入してプロジェクターに映しながらの説明です。

・本校の概要
・カリキュラム(授業の中味)
・授業風景の写真(授業の雰囲気)
・各学科の特色
・本校の進路状況
・オープンハイスクールの紹介

 専門高校や工業高校の特色を普通高校と比較させての説明を20分ほど、規定の説明時間を数分オーバーしましたが、質疑応答がなかったので、与えられた時間内に終了しました。映し出されたプレゼンテーション資料をレーザーポインターで指し示しながら、アレコレと言葉を足していってしまったので、饒舌気味になって、時間オーバーしてしまったようです。

 3校の講演が終わって、生徒のお礼の言葉、そして拍手の中に退場…そのまま校門を出ました。今日の第一回目の説明の手応えを踏まえて、次の講演会用にちょっとプレゼンテーション資料に手を加える予定です。