日本一短い国道 ~ 国道174号線

 国道は、国道1号線(東京ー大阪)や国道2号線(大阪ー北九州)のように、日本の幹線道路網を構成するものもあれば、重要な港湾施設と国道とをつなぐ役割を担う国道もあります。

 神戸市内には国道2号線が東西を貫通し、その浜側には国際港である神戸港があり、その間を結ぶのが国道174号線です。かつては国道2号線の「三宮駅前」と神戸税関前の「神戸港」までの、神戸のメインストリート「フラワーロード」940メートルの国道だったのが、国道2号線が神戸の市街地を迂回するような現在のコースに切り替わった為に、「税関前」から「税関本庁前」までの187メートルの国道となり、現在は「日本一短い国道」です。

 国道2号線を東側(大阪側)から神戸の市街地に向かうと、フラワーロードの南端にある「税関前」の交差点の陸橋には、次のような標識が並んでいます。左折(浜側)すれば国道174号線です。

 税関前の交差点、国道と併行して、その浜側には阪神高速神戸線の高架があります。国道174号線の始点です。

 高架の向こうは神戸港、その入口に神戸税関があり、其処までの区間が国道174号線です。

 国道174号線の標識です。見渡すと…この道路標識はこの1つだけのようです。

 そして特別な道路標識「日本で一番短い国道です」の文字とL=187.1mの全長距離が明記されています。税関の建物が背後に…

 歩いて2~3分ほどで「税関本庁前」の交差点です。国道174号線の終点です。

 重厚な神戸税関の本庁舎の建物です。神戸港のシンボルです。

 税関の西側に京町筋があり、その南にある橋…こ京町の橋なので京橋と名付けられたようです。京橋は、阪神高速神戸線の京橋ランプとして朝夕のラジオの道路情報では渋滞箇所として耳にすることが多いです。

 これが現在の京橋です。神戸港の基ともいえる勝海舟の神戸海軍操練所があった場所です。

 神戸に生まれ育ち長年住んでいますが,初めて日本一短い国道を歩きました。京橋を歩いて渡ったのも初めてだと思います。