夏の朝の海辺

 久し振りに出勤前のサイクリング,朝5時半に自宅を出て,舞子の海岸に出ると,明石海峡大橋の主塔が朝日を浴びて輝いていました。

 明石海峡沿いに走る国道2号線を西に向かて,舞子漁港です。この辺りは,江戸期までは明石郡山田村だった処で,村の中心を通る西国街道沿いに神社と港があり山田川沿いに集落があったようです。

 垂水郷の村々が合併して,現在の神戸市垂水区の原形となる明石郡垂水町が出来た時に,最初の町役場があったのが現在の舞子六神社の近辺だったようです。舞子六神社に隣接して山田小学校があったそうです。

 現在の西舞子の駅前が当時の山田村の面影を残していますが,山田村の中心部は,国道2号線,JR山陽本線,山陽電車の線路で寸断されてしまっています。

山田川右岸の砂浜から明石海峡と,その向こうの淡路の島影,そして架け橋を望んだ景色です。波は…静かでした。

 大蔵海岸を経て,明石の街を通り抜けて,明石川の河口です。

 セミが鳴きはじめ,浜風に潮の匂いが混じり,強烈な夏の陽射しが照りつけてきました。夏4日目で,朝から厳しい暑さと真夏の太陽です。

大蔵海岸の,私のお気に入りのベンチです。ウォーキングやジョギング,犬の散歩を愉しむ人で,早朝から結構賑やかでした。
 

 大蔵海岸のデスカウントスーパのラ・ムーに立ち寄りました。店内の冷房で,汗だくだった身体が,少しはクールダウンできました。

 シャワーを浴びて,朝食を摂って…今日は出勤前に1時間の有給休暇・時間休をとっているので,これから照りつける太陽,猛暑の中を出勤です。せっかくひいた汗が,また噴き出すあもしれません。