ぞうさん

 今日,パソコンのニュースサイトで,ひとつの訃報に接しました。詩人の まど・みちお が本日(2月28日)にお亡くなりになったとのこと。童謡の『ぞうさん』を作詞したのは まど・みちお です。

「ぞうさん ぞうさん
おはながながいのね」

 誰かが小象に鼻が長いこと,ひょっとしたら身体的な特徴をズケズケと指摘したのかもしれません。杜の中で,或いは水辺で,たくさんの動物に囲まれて,鼻が長いという身体的な異質さを,みんなであざ笑うようにはやし立てたのかもしれません。

 それに対して小象は,

「そうよ
かあさんも ながいのよ」

 胸を張って,このように象としてのアイデンティティーを誇らしげに,そして自己主張するように応えた…

 異質であることを恥る。世間様の中で目立たないように,出る杭が打たれることがないように,そのように同質の中にで右に倣えをするのではなくて,自分のキャラクター,持って生まれた特徴を,たとえ悪口を言われても,しょげたり腹を立てたりするのではなくて,自らのアイデンティティーとして,しっかりと主張する唄・・・童謡『ぞうさん』は,まど・みちお から子ども達への,そのようなメッセージかもしれません。

 通勤の行き帰りに,タイマーで録音したラジオ番組を聴いています。今は,2年前の2012年7月から9月に放送されたNHKのカルチャーラジオという番組で,書店・童話屋の田中和夫さんの『詩のトビラ ひらけごま!』を聴いているのですが,ちょうど昨日,まど・みちお の『ぞうさん』を取り上げたばかりで,その中で,哲学者・谷川徹三の「童謡『ぞうさん』はアイデンティティーの唄」という解説を耳にしたばかりでした。

 旧約聖書の中にある「出エジプト記」の中で,神がモーセに対して

エヘイェ・アシェル・エヘイェ(ヘブル語)

と言います。これは,

I am who I am. 「わたしは、『わたしはある。』という者である。」

 神にとってのアイデンティティーは,キャラクターに依存することなく,その存在自体がアイデンティティーです。童謡『ぞうさん』においては鼻の長さ・・・。私にとってのアイデンティティーは・・・?と,訃報を目にして,考えさせられました。

 まど・みちお は,「1年生になった~ら♪」や,「ポケットの 中にはビスケットが ひとつ♪」,「白やぎさんからお手紙着いた♪」等々,耳慣れた童話の作詞も多いことも,昨日になって知ったばかりです。

 今日は2月28日,2月の晦日です。,そして旧暦でも1月の晦日・・・明日・3月1日は旧暦でも2月1日の朔日となります。

 そして今日は,地元の明石海峡沿岸で,イカナゴ漁の解禁日でした。垂水駅を降りて,商店街に近づくと,イカナゴの釘煮の独特の匂いが漂っていました。でも夕方には,すでにイカナゴは売り切れでした。