beer

 帰りに時々ご一緒する職場のグルメ派の先輩は,美味しいものに関する話題では,ほんとうに美味しそうに話をするので,つい食べたくなってしまいます。今日の帰りには,電車の中でビールの話題になりました。缶ビールと瓶ビールでは味が違うという話を,実感を込めて話すので,聞いていると飲みたくなってしまいました。

 缶ビールや発泡酒を自宅で飲むことはあっても,瓶ビールは店での外食や結婚式等の慶弔以外に自宅で口にした記憶が数年以上さかのぼってもありません。駅前の酒屋さんに立ち寄って,久し振りに瓶ビールを買いました。

 一本500円ぐらいするのかと思ったら,缶ビールと同じ値段,考えれば当たり前です。瓶は回収して,洗浄後にそのままリユースできますから,持続可能な社会を考えれば,缶ビールよりもリーズナブルです。

 夕食時に美味しく召し上がりました。

朝焼けへの道

今朝,自宅を出て最寄駅のJR神戸線・垂水駅へ向かう途中に,東へ向かう坂で目にした朝焼けです。

東の空全体が曙光の色温度の低い陽光で真っ赤に染まり,息を飲むような光景に立ち停まって見惚れてしまい,デジカメで写真を撮っていると・・・電車一本乗り遅れてしまいました。 素晴らしい光景を早朝に目にすると,素敵な一日が訪れるような予感がします。

4月7日

 4月7日は,手塚治虫の鉄腕アトムの誕生日です。21世紀に入って3年目の2003年生まれですので,今日が11歳の誕生日ということになります。実際には鉄腕アトムが掲載された月刊漫画誌『少年』の1952年(昭和27年)4月7日発売から連載がはじまったそうです。20世紀の半ば,今から62年前です。

また4月7日は,コンピュータメーカ・IBMがSystem/360を発表した日です。汎用コンピュータを世に出し,圧倒的な巨大メーカの地位を不動のものにし,一世を風靡したコンピュータシステムの誕生日でもあります。

 地元神戸では,神戸高速鉄道が開業して,神戸市内に乗り入れていた阪急,阪神,山陽,そして神戸電鉄が,神戸高速鉄道を介して4社が結ばれるようになった日です。当時は山陽電車の須磨浦公園駅まで行って,ホームで待っていると阪急と阪神の特急電車が折り返し大阪梅田まで運転する形式で,平日の朝夕は閑散としていた須磨浦公園駅のホームが阪急・阪神の乗り換えで大変混雑していた記憶があります。

 今朝は・・・自転車をリニューアルしたので,まだ薄暗い中,早朝のサイクリングをしました。今年初めての出勤前のサイクリングです。明石海峡沿いを大蔵海岸まで往復10キロの予定が,真冬並みの冷え込みで,指がみるみるかじかんでしまって,舞子公園でひと休みしました。

 今朝の神戸の日の出の時刻が5時39分,舞子の海岸から,ちょうど日の出前後の東の空の様子です。舞子ビラ方面・・・ 
 

 明石海峡大橋も,朝焼けの赤味に照らされて,架け橋が鈍く輝いていました。 

 そして海峡を隔てた淡路の島影は,朝日に輝き始めました。

 風が冷たく,自転車で走っていると身体がどんどん冷えるようなので,大蔵海岸行きは諦めて,自宅に戻りました。熱いシャワーを浴びて,身体を暖めました。

 もう,桜は満開を過ぎてしまったようです。お昼にデジカメを持って出掛けて・・・

 明日は始業式,そして午後からは入学式,いよいよ新学期です。

タイヤ交換

 今日は寒波が襲って,北日本では吹雪,首都圏でも降雪があり,関西も荒れ模様の天候ということでしたが,朝,比較的穏やかです。せっかく昨日自転車の修理をしたので,1時間ほどサイクリングをしようと自転車を出そうとしたのですが,またタイヤの空気が抜けています。

 虫ゴムの装着が悪かったのかと,アレコレ試したのですが,どうも空気が抜けてしまいます。空気を入れた後にタイヤに耳を近づけると,シューという空気漏れの音がします。パンクではなくて,バルブを固定しているネジの部分から空気が漏れているようです。昨日,SPORTS DEPOの前で空気入れの作業をする時に自転車を倒してしまって,その時に金具がゆがんだのかもしれません。

 ペンチで曲がりを直そうと力を入れると・・・金具が欠けてしまいました。もう手に負えません。自転車屋さんに行かなければどうしようもないので,結局タイヤとチューブ交換をしてもらうことにしました。でも,舞子駅前のアサヒまで,2キロ近くあって,自転車を押して行くのは,ちょっとゾッとします。

 車に載らないか・・・軽のワンボックスですが,後部座席と助手席を倒すと,結構広いスペースが出来るはずです。今まで試したこともなかったのですが,試してみました。軽の割には大きな空間に,でも27インチのクロスバイクが入るかどうか・・・

 入りました。運転席に自転車のハンドルがちょっと掛かりますが,運転に支障は在りません。アラレが降ってくるあいにくの天気でしたが,アサヒに向かいました。

 30分あまりでタイヤとチューブの交換が出来るとのことで,その間,買い物をして時間を潰して,自転車屋さんに戻って,新しいタイヤを履いた愛機・ジャイアントのクロスバイクを受け取りました。

 こんなことならば,昨日,変速ワイヤーの交換と一緒にタイヤ交換をしてもらえば良かったと後悔。

 自宅に戻って,しばらくすると,天候も回復したので,せっかくの新しいタイヤの愛機で,舞子公園まで。

 乗り心地は大きく変わりませんが,でも,ブレーキの効きにちょっと不安があったのが,タイヤ交換で解消されました。ブレーキではなくて,タイヤがすり減って,ブレーキをかけた時にすべっていたのかもしれません。もっと早く交換すれば良かったとまた後悔しました。

 夕方の舞子公園は,西方の播磨灘の中天の太陽が播磨灘の海面を輝かせて綺麗でした。

開通16年目

 今日・4月5日は,神戸・舞子と淡路・岩屋を結ぶ明石海峡大橋が開通した日です。もう16年になります。

 先日,自転車に乗ろうと,久し振りにカバーをとってタイヤの空気圧をチェックしたり,各所に油を注いだりしていたのですが,変速レバーを回すと,変速用のワイヤーの被覆が駄目になって,変速できない状態になってしまいました。2005年に購入して,今年で9年になり,カバーを被せてはいますが,屋外に置いていますので,温度差や太陽の紫外線で劣化したようです。このままでは変速が効きませんので,いつか修理に出さなければ・・・と思っていました。

 今朝,自転車屋に行きました。9年間で4000キロあまり走行して,タイヤもだいぶすり減っています。場合によっては新車に買い替えることも視野に入れて,購入した舞子のサイクルショップ・アサヒに向かいました。

 変速機のワイヤーは工賃込みで2000円ほどだそうで,とりあえず変速機のワイヤー交換のみお願いしました。タイヤ交換は,前後併せてタイヤとチューブと工賃込みで8000円とのことでした。

 30分程掛かるとのことで,近くを散策することにしました。明石海峡大橋のある舞子公園は大型バスがズラッと並んで朝早くから観光客でたくさん・・・ここは全国区の観光地なんだなあ~と改めて実感しました。

 明石海峡大橋の開通記念のイベントは,特にありませんでした。

 自転車屋さんに戻って,せっかくなので明石の大蔵海岸まで海岸線沿いを往復することにしました。途中に,旧・山田村(昔の舞子があった村の名前で西舞子一帯)の舞子漁港の近くにある舞子六神社に立ち寄りました。此処の境内には,日本一大きな石造りの大黒像があります。
 

 西へ向かって,山田川を渡って,砂浜に立ち寄りました。打ち寄せる明石海峡の穏やかな波,海峡の向こうに淡路の島影,そして架け橋・・・落ち着く光景です。

 大蔵海岸,真冬並みの寒波の影響で,風は冷たかったです。望遠で,淡路の島影を背景に,海峡の漁船を撮りました。長閑な春の光景です。

 Uターンして帰路に向おうと自転車に乗ると違和感,タイヤの空気が抜けています。この状態で自転車に乗るわけにいかず,押して海岸線を東へ・・・さっき,変速用のワイヤーとと共にタイヤ交換もしておけばよかったと後悔です。舞子までは3キロ以上あります。どうしようかと,考えながら自転車を押していると,大蔵海岸にあるSPORTS DEPOの建物が目に入りました。早速,店に向かって店内に入って,サイクリング売り場で「空気入れ」を探しました。500円の安い空気入れがあったので,購入して店の前で空気を入れました。

 これで一件落着・・・と思って,荷台に空気入れをくくって自転車に乗ると・・・もう空気が抜けています。自宅から大蔵海岸まで5キロあまり空気が抜けなかったので,大蔵海岸で空気を入れると自宅までは持つかなあ~と思ったのですが,豈図らんや・・・の心境です。

 ちょっと考えて,虫ゴムを昨年から取り替えていないことを思い出し,また店に戻って虫ゴムを買って,店の前で虫ゴムを交換して空気を入れると・・・今度は大丈夫でした。自宅まで無事に帰ることができました。

 今日は,11キロの走行,久し振りの自転車で,ジムではあまり使わない筋肉を使ったためか,軽い筋肉痛を覚えました。

狐の嫁入り

 朝,本務校の最寄駅であるJR神戸線の灘駅を降りると,北口の駅前広場の満開の桜が,まだ赤味を帯びた朝日に照らされて,眩く輝いていました。

 写真を撮っていると・・・雲がかかって,桜の表情がさっと変わりました。赤味が消えて,淡い桜の花が其処にあります。陽の光に輝く桜も綺麗ですが,薄曇りの色温度の高い雰囲気での,淡い桜の花の色も,また格別です。

 桜の木の幹から,細い枝が芽吹いて,其処から花開いていました。これも引き締まった感じがして・・・

 午後から薄曇りになったり,雲の隙間から薄日が射し込んだりして,そして小雨がパラパラと断続的に降ってきました。狐の嫁入り・・・天気雨でした。真冬並みの寒波が近づいているそうで,週末は,残念ながら荒れ模様の天気となるようです

 新年度も,早いもので今日で3日目です。桜が綺麗なのですが,今年は桜を撮りに出掛けていません。今日のお昼休みに,近くの商店街まで昼食を摂りに行く時にデジカメを持って職場を出ました。

 商店街への道からちょっと入った処にある住宅地の中の小さな公園の桜が満開でした。回り道をして,その公園に向かいました。

 春休み中で,近所の小学生らしい子供たちの姿が公園にありました。満開の桜・・・

 食事を終えて,職場への帰路は,もっと大回りをしてJRの高架沿いを歩きました。この辺りは,高架下に住宅や商店,そして工場が軒を連ねています。向こうに見えるビルは,灘駅前の高層マンションです。

4月1日

 毎年,4月1日には,初めて社会人となって,入社式に臨んだ日のことが思い出されます。

 3月に新潟・長岡の大学を卒業して下宿を引き払い,そして神戸の実家に戻って,3月31日に,就職する会社の大阪の本社近くにある寮に入って・・・。2人部屋に3人で,本社研修の3週間ほどを過ごしました。

 500人余りの新入社員が,本社の講堂のような大きな場所で入社式,社長の話はもう忘れてしまいましたが,役員の一人が,O・ヘンリーの「最後の一葉」(The Last Leaf)を引用した話をしたことが記憶に残っています。それまでO・ヘンリーを読んだことがなく,研修期間中にO・ヘンリーの短編集を買って,そして今では愛読書になっています。研修中なので残業はなく,5時に終わってから時間を持て余しました。近くの銭湯に行ったり,造幣局の通り抜けに行ったり・・・。

 4月下旬には技術系の80人ほどに絞られた研修が,奈良の研修所であり,併設する工場の寮に1週間ほど入寮。その後配属が決まって,千葉の柏にあった研究所に配属されることになって,連休中は神戸の実家に戻って,そして5月の連休明けには柏の寮から研究所に徒歩で通勤する毎日となりました。映像関係の研究室に配属になったので,一か月程して,栃木にある映像関係の工場で持たれる研修に参加するように言われて,一か月あまり栃木の工場内にある寮から研修所に通って,テレビやビデオの実技研修を受けました。

 3月から6月までの3か月ほどの間,新潟→神戸→大阪→奈良→神戸→千葉→栃木→千葉と,寝る処が点々としていたので,朝目が覚めて,天井を見ながら,「此処は何処?」というようなことを最初に考えていた記憶が今も残っています。

 新しい年度を迎える4月1日になると,だんだん遠くなる「社会人1年目」の記憶が蘇ってきます。