中学校進路説明会

 今日は中学校訪問,神戸市内の垂水区にある塩屋中学校へ向かいました。

 塩屋は,垂水区でもっとも東に位置し,須磨浦公園にある鉢伏山の西側の麓を南北に流れる塩屋川沿いの町です。塩屋川の河口には塩屋漁港がありますが,中世以前には,この浜で塩を焼いていたと言われており,それが「塩屋」の地名の由来だそうです。

 塩屋小学校は,塩屋川沿いにあり,塩屋の町の中にありますが,塩屋中学校は,塩屋の町の西側の丘・ジェームス山の東の端に位置しています。塩屋中学校からは塩屋川沿いの塩屋の町を見下ろすことができ,また須磨浦公園の鉢伏山を間近に望むことができます。

 この鉢伏山の向こうは須磨になります。鉢伏山が摂津国と播磨国の国境となり,この山の向こう側が摂津国八部(やたべ)郡であった処で,須磨(スマ)の地名の由来は,五畿内の西の端であった摂津国の西の端のに位置し,鉢伏山と海に囲まれたスミ(スミ)が転じたとも言われています。中世期には,貴族は五畿内(山城国・大和国・河内国・和泉国・摂津国)の外に出るには朝廷の許可が必要という律令の定めがありました。

 摂津国と播磨国の国境は,五畿内と西国との境界でもありました。中世・古代の感覚では,須磨から塩屋に向かうことは,五畿内を超えて辺境の地である西国に入ることを意味し,その最初の集落が塩屋だったようです。大化元年(645年)の乙巳の変で蘇我氏を倒して即位した孝徳天皇の「改新の詔」には五畿内の西の端として「赤石(明石)の櫛淵」とあり,これが現在の塩屋と言われています。播磨国明石郡垂水郷の東の端・・・

 現在は,塩屋中学校があるジェームス山に住宅が立ち並び,近郊型の大きなショッピングモールを中心としてホームセンターや大型電器店がある賑やかな場所です。

 兵庫県は,来年度から高校の学区が大きく変わります。現在は神戸市内には高校の学区が3つありますが,現在の中学3年生が高校を受験する時には,神戸市と芦屋市,それと淡路島がひとつの学区となります。進路説明会の冒頭で,校長は生徒に向けて,受験の制度が大きく変わることにも触れていました。

 生徒は会場となった体育館に集まると,着席して目を瞑っていました。

 昨年も幾つかの中学校で見掛けました。

 午後からの2時間に6校の高校が説明します。冒頭の校長の話に続いて私が最初でした。20分の時間を守って欲しいと言われていたので,時間を気にしながら,あらかじめ用意したプレゼンテーション資料をプロジェクターに映しながらの説明を・・・

 時間をうっかり間違えて,15分を経過した時に,制限時間の20分を超えてしまったと勘違いしてしまって,結局18分ぐらいで説明を終えてしまいました。時間オーバーをしたわけではないので,簡素に説明できて,かえって良かったのかもしれません。