スタート

 今朝の神戸は・・・小雨が降り続いて,そして花冷えの寒い朝でした。朝6時頃に車で30分程の日帰り温泉「華の湯」に向かいました。ゆったりと温泉に浸かって一日のスタートを切りました。

 華の湯に向かう道では,濃い霧に包まれてヘッドライトが必要な区間がありました。温泉を出ても,まだ霧が残って,遠くの山は霧に包まれて見えません。

 帰路,妙法寺のスーパーに立ち寄りました。店の外からガラス越しに店内一面の天井の照明が,色温度の低い蛍光灯の光が独特で,デジカメを取り出して・・・

 午後,今シーズン初めてのサイクリング。まず自転車のチェック,油を注したりタイヤに空気を入れたり,ブレーキのチェックをしたり・・・。

 明石海峡沿いを走る国道2号線まで出て,只管西へ・・・。まず旧・山田村(現・舞子)の港である舞子漁港へ。現在は釣り船を含めて数隻の小さな船が停泊するだけです。

山田川の右岸にある,プライベートビーチのような砂浜の一角があります。私のお気に入りの場所,そして此処からの海峡の風景は大好きで,見惚れてしまいます。

 更に西に向かって,明石・大蔵海岸を通って,明石の街の中にある明石漁港です。

 そして明石川を渡って・・・明石川の右岸には海岸線沿いに自転車専用の県道が続いて走りやすいです。浜風を浴びて,海峡の風景を横目で見ながらのサイクリングが出来ます。

 林崎漁港を越えて,林崎海岸です。此処は夏には海の家が建って,海水浴場としてにぎわいます。この時期は・・・まだ静かです。海面に午後の陽光が照り輝いてキラキラ光る様子を見ていると,もう夏がすぐ其処まで来ているような錯覚に陥ります。

 これが兵庫県道554号姫路明石自転車道線・・・浜のサイクリングロードです。

 行きは通り過ぎた林崎漁港に,帰りは立ち寄って・・・この辺りでもっとも大きな漁港です。羽柴秀吉が天正13年(1585年)にキリシタン大名・高山右近に播磨国明石郡を領地にとして与え,明石は,キリシタン大名が治める地であったことがあります。この林崎漁港に,かつては堺の港へ向かう大きな南蛮船が寄港していたそうです。

 サイクリングのスタートの今日は往復21キロ,久し振りの自転車に太ももが痛くなりました。帰宅して汗をシャワーで流した後に飲んだ麦茶が美味しかったです。