朝の通勤で目にする光景

 朝,勤務校の最寄駅であるJR神戸線・灘駅の一つ手前の駅である三ノ宮駅で降りて,一駅分を約25分かけて歩いています。5月も下旬となると,ちょっと汗ばみます。昨日も,三ノ宮駅から一駅分歩きました。

 JR三ノ宮駅の東口のスクランブル交差点から,真っ直ぐ東に「旧・西国街道」が続いています。三ノ宮駅周辺は飲食店が多いです。その中の一角が空き地になっていました。此処にどんな店があったのか・・・思い出せません。

 更に歩くと,新幹線の新神戸駅の真南辺りで,北側に延びる路地の向こうに,新神戸駅前の高層ビルが聳えているのを目にすることが出来ます。

 新生田川です。江戸期までは,今のフラワーロードが川筋でした。現在は,この新生田川を挟んで神戸市の「中央区」ですが,以前は,この川の右岸(西側)が「生田区」で,この川の左岸(東側)が「葺合区」でした。北側には六甲山系が見渡せます。

 この新生田川沿いに,山麓バイパスと新神戸トンネルの出入り口があります。この南側には阪神高速道路の生田ランプがあり,更にその南には,人工島・ポートアイランドへのトンネルの入り口があり,神戸の交通の要所です。この道路を渡る横断歩道は・・・かなり信号待ちで待たされます。

 東西に延びる「旧・西国街道」を只管東に歩いていると,北に向かう路地の向こうの六甲山系の山並みの光景が,路地毎に異なります。

 東海道本線(JR神戸線)と神戸港とを結ぶ旧・臨港線跡が遊歩道になっています。ゆったりとしたカーブが続いて,灘駅前まで続いています。

 時折デジカメで撮影をしていると,30分以上掛かります。この時期には,もう汗ばんでしまいます。もうしばらくすると,勤務校に着く頃には汗だくになることと思います。