東京アラカルト1日目

2日間の都内の出張に有給休暇を使って・・・日曜の早朝に家を出て、東京駅に着いたのは9時半過ぎでした。

E席を予約して富士山を見ようとしたのですが、霞のような薄曇りで、裾野だけで高嶺を目にすることはできませんでした。その代り・・静岡の茶畑を写真に撮ることができました。

最初に向かったのは・・・新宿です。東口で降りて、久し振りに靖国通り沿いの花園神社へ。学生時代の正月に、此処を訪れた時には、見世物小屋が出ていたことに驚いた記憶があります。

東京で務めていた頃の同僚のご贔屓の中華屋さん、新宿2丁目にあり、水餃子が美味しかったです。開店前で、ここでランチを食べることはできませんでした。

新宿御苑の「大木戸門」、昔、此処に甲州街道の宿場「内藤新宿」があり、街道の関所である四谷大木戸門が此処にあった謂れです。

そして内藤新宿跡の石碑です。この東は四谷になります。現在の新宿・・・「新宿駅」からは遠く離れていますが、元々は、ここが新宿であり、現在も新宿1丁目で、新宿の「基」です。

新宿駅西口地下広場・・・70年安保闘争の折には、フォークゲリラがこの広場を占拠して機動隊と衝突したこともあり、そしてホームレスの段ボールハウスが並んでいたのを排除したのは・・・神戸の震災の直後だった記憶があります。今はイベントスペースとなって、もう広場ではなくなっていました。

西新宿・・・ほんとうに久し振りに西新宿を訪れました。東京都の教員採用試験の結果を都庁に見に行って、自分の受験番号がなくて・・・呆然として・・・新宿駅へ向かわずに西新宿を彷徨って、旧浄水場の跡地のような処に迷い込んだ遠い記憶があります。それ以降、西新宿には足が向かず、ほんとうに久し振りの構想ビルが林立する光景を見上げました。

都庁の展望台から武蔵野を見渡した光景・・・

よく訪れた新宿NSビルにも久し振りに・・・知人とよく食事をした京風ラーメンの店は、もうありませんでした。時の流れを感じます。

区立新宿中央公園、此処を訪れるのも、ほんとうに久し振りです。此処は、明治35年に 小西本店(後の小西六写真工業・現コニカミノルタ)が写真フィルムの国産化に成功した地です

角筈(つのはず)・・・・現在は、西新宿、歌舞伎町、新宿の町名となって、角筈の地名は消滅しています。都バスのバス停の名前と、この角筈橋等、角筈の地名の痕跡は幾つか残っています。

新宿駅に戻って、中央線快速でお茶の水駅まで。其処から湯島聖堂を経て本郷3丁目の「かねやす」へ。「本郷も かねやすまでは 江戸の内」の、あの「かねやす」です。残念ながらお休みで、シャッターが下りていました。

東大の本郷キャンパス・・・安田講堂

漱石の小説「三四郎」において、三四郎が美禰子と出会った場所で、加賀藩上屋敷の心字池が、そのまま残っているようです。真夏の日差しの中で、蝉時雨が響いていました。

東大の附属病院・・・マスコミの関係者が溜まっていました。ホテルに入ってテレビをつけると、今日、皇后陛下が日帰りの精密検査を受けたそうで、夕方には天皇陛下が訪れたそうです。

アメ横・・・今、再放送しているNHKの朝ドラ「あまちゃん」の舞台となっている場所です。

中近東のケバブの店がたくさんあって結構繁盛しているのには驚きました。日曜の午後、真夏ですが、凄い人出でした。

ホテルは、昔の職場の近くで、池袋サンシャインビルの近くです。窓からサンシャインビルを見上げることができます。

今日の活動計の数値は・・・

歩数   ・・・38343 歩
活動   ・・・1595 Kcal
総消費  ・・・3147 Kcal
燃焼脂肪 ・・・93.3 g
歩行距離 ・・・28.3 kM
階段   ・・・900 歩
早歩き  ・・・22410 歩