京都大仏

 8月に京都の国立博物館を訪れた時に、隣接する方広寺を翌週にも訪れようと思いながら・・・遅くなってしまいました。週末の「歴史秘話ヒストリア」で京都大仏を取り上げていたので、今日、京都に向かいました。

 阪急河原町で降りて、高瀬川沿いを南に下って・・・賀茂川に架かる「正面橋」です。正面とは、大仏さんの正面という意味だそうです。この橋を渡って、正面通りを東に向かいと方広寺と豊国神社となります。

豊国神社には秀吉の千成瓢箪がありました。

 豊国神社に隣接する方広寺、そして巨大な鐘「国家安康の梵鐘」です。

 梵鐘の銘文には「国家安康」「君臣豊楽」の句があり、徳川家康の「家」と「康」を分断し「豊臣を君主」とし、家康及び徳川家を冒瀆するものと捉えられて、これがトリガーとなって大坂の陣による豊臣家滅亡を招いた・・・あの鐘です(方広寺鐘銘事件)。

 方広寺の裏には、秀吉が建立した大仏が納められた大仏殿の跡地が公園となっています。

 この囲いの中に大仏が鎮座していたそうです。

 正面通りに「甘春堂」という京菓子の店があり、ここに昔からの製法で作られた「大仏餅」が販売されています。

 お土産に買って帰りました。

 秀吉のお墓、豊国廟に向かいました。東山七条の交差点を東へ、知積院と妙法院の間の坂を上って京都女子大の横を通って・・・

 参殿料の100円を払って、313段の階段を・・・

門の奥の172段の階段の上が阿弥陀ヶ峰(標高196m)の山頂となり秀吉のお墓があります。

総合計523段の階段を上ってたどり着きました。

阿弥陀ヶ峰は清水寺の南に位置します。木立の隙間から清水さんの舞台が見えました。 

 階段を下りると、これから階段を登ろうとするグループとすれ違いました。階段を見上げて・・・全員足が止まって、なかなか上ろうとしませんでした。

 五条坂を上って、産念坂と二年坂を下って、八坂神社へ。ちょうど結婚式が終わって、花婿と花嫁が出てきました。

 知恩院の三門の階段を上って、神宮道を北へ、白川の流れに近い「明智光秀の塚」に立ち寄って、仁王門通りを東へ向かって南禅寺。そして哲学の道

 今日は、先週買ったコンパクトな標準ズームを一眼レフに付けて写真を撮っているので、コンパクトカメラでは撮れないような写真を・・・

 このボケ具合もコンパクトカメラではむつかしいです。

 銀閣前から今出川通りを西へ、百万遍を経由して出町柳へ。京阪で祇園四条まで、河原町から阪急に乗って神戸に戻りました。

 帰りに数年ぶりに、フルボディーの赤ワインを買いました。スペインのワインで売れているそうです。以前は数千円のワインを惜しげもなく買っていたこともありましたが、一本1500円は、最近買うワインの値段としては高目です。

今日の活動量計・・・

・最大強度運動 4分
・無酸素運動 8分
・有酸素運動 38分
・脂肪燃焼5時間9分
(エクササイズ時間 6時間8分)

歩数計では・・・

・歩数 38094歩 (階段1090歩、早歩き 288341歩)
・歩行距離 28.2km
・活動エネルギー 1834kcal
・総消費カロリー 3309kcal
・燃焼脂肪量 113.9g

帰宅後の体脂肪計・・・

・体重 62.7kg
・体脂肪率 13.8%
・内臓脂肪スコア 7.5