水分かれ

 随分前から気になっている処があります.丹波市の氷上町石生にある水分かれ公園です.

 此処は本州一低い分水界だそうで,過去に一度,この付近を車に乗ったまま探したことがありますが,イマイチわからないまま,そのままになっていました.

 本州一標高の低い中央分水界は,石生交差点あたりで95.45m、そして分水点延長が約1,250mだそうです.

 最近,「川の名前を調べる地図」というサイトを見つけ,全国の河川を水系ごとにたどることが出来ます.いろいろ調べる中で氷上町石生の「水分かれ」を調べると・・・

 地図の下側が加古川水系支流の高谷川で瀬戸内海に流れ,地図の上側が由良川水系の黒井川で日本海に流れます.

 水分かれ公園に向かいました.前回は駐車場を見つけることが出来ませんでしたが,駐車場を見つけて,そこに車を停めて水分かれ公園まで・・・

高谷川沿いに歩きましたが,分岐する処が見つかりませんでした. 

 水分かれ公園の中には人工の滝がありました.

 分岐点が見つからず,案内板を見ると・・・

 川としては加古川水系支流の高谷川はありますが,由良川水系の黒井川が分岐するのではなくて,高谷川の右岸(北側)に降り注いだ雨が黒井川の流れになるということでした.

 高谷川の右岸に標識がありました.この川の水は加古川を経て瀬戸内海へ,そして右岸に降り注いだ雨は由良川を経て日本海へ流れるそうです.

 上流に向かって・・・左側が日本海,そして右側が瀬戸内海(太平洋)です.

 川の流れが分岐点で2つに分かれて,片方は日本海.もう片方は瀬戸内海に注ぐのかとイメージしていましたが,ちょっと違っていました.

 川沿いの桜並木のつぼみが大きく膨らんでいました.

 自宅に戻って調べると,水分かれ公園内に放水路の分岐点があり,この放水路が黒井川へ流れ込んで由良川を経て日本海に流れるようです.あらかじめリサーチをしっかりしていなかったので分岐点を見逃しました.

 Wikipediaには,その写真が載っていました.右に分かれるのが放水路で日本海に至り,まっすぐ流れるのが加古川水系支流の高谷川です.