A MidSummer Night’s Dream

 今日は夏至、一年でもっとも昼間の時間が長い日です.

 夏至は,英語で”summer solstice”或いは”Midsummer”ですが、シェイクスピアの戯曲の翻訳で有名な坪内逍遥は、”Midsummer Night”を 「真夏の夜」と訳してしまったそうです.さらに結婚行進曲で有名なメンデルスゾーンの「A Midsummer Night’s Dream 」も「真夏の夜の夢」となったので、最近では「夏の夜の夢」という邦題もついていますが,「真夏」もそれなりに定着してしまっています.

 北欧では、夏至に妖精と出逢えるという伝説もあるそうです.

 今日の夏至は,神戸は未明から強い雨が降り続きました.

 電車の運行が心配で,朝食を摂らずにいつもより早く家を出ました.電車に遅れはなかったので,元町駅で途中下車して定食屋・やよい軒で朝食を摂りました.