神戸

 神戸市の名を冠したJR神戸線の神戸駅、

、明治5年に新橋ー横浜間に、日本で初めての鉄道が開通した2年後の明治7年5月11日に大阪駅と神戸駅の間で日本で2番目の鉄道として開通した時は、神戸駅は西のターミナルでした。その後、東は京都まで伸びて、新橋と神戸を結ぶ東海道線が開通したのが、更に15年後の明治22年です。

今でも神戸駅は、東海道線の西の端の終点で、山陽線の始点、神戸駅の構内に、その標識があります。普段の通勤では、神戸駅を通過するだけですが、午後のひととき、久し振りに、その標識を撮りました。

 中途半端な時間帯で、乗り込んだ車両は、ほとんど人が乗っていませんでした。

 吊り広告に目が留まりました。宝くじの広告ですが、3年後に関西で開催されるワールドマスターズゲームズの協賛くじ、一等3000万円の宣伝です。普通なら見過ごしてしまうのですが職場の先輩がマスターズで頑張っているので、目が留まりました。買おうかなあ~とも思いましたが一等は1本だけとのことで・・・買うのは見送りました。