戦略~大局観

将棋の名人・羽生善治の著作に『大局観 自分と闘って負けない心』があります.

 大局観とは,局所的な読にとどまらず、盤面全体を見通す、さらには勝負の大きな流れを見通すことのできる,鳥瞰・俯瞰する能力のことです.「知識」を”自分の頭で考える”ことを通して「知恵」に昇華させることの積み重ねが「大局観」とも言えます.

 一般的な言葉としては,戦略的(strategy)という言葉が用いられることがあります.戦術的(tactics)に対する言葉で,

戦術的(tactics)・・・戦闘実行上の方略で,ある目的を達成するための方法であり,ある戦闘における戦闘力の使用方法のことを指し示す言葉です.(広辞苑より)

それに対して,戦略的(strategy)という言葉は,

戦略的(strategy)・・・各種の戦闘を総合して,戦争を全局的に運用する方法であり,戦術よりも広範な作戦計画のことを指し示す言葉です.(広辞苑より)

 羽生善治は,5月に15歳で将棋の7段となった藤井颯太に関して「安全策をとるか?勝負に出るか?」という局面において,一般的に安全策をとる王道の手ではなくて,無謀とも言える勝負の一手を果敢に挑戦して,結果的に勝ちとなっているという分析をしているのを聞きました.これもしっかりとした大局観を持っている故なのかもしれません.

10日ほど前に,アメリカ男子プロゴルフツアーでの出来事が大きくクローズアップされました,全米オープンにおいて,ミケルソンが、「2罰打を知りながら故意にグリーン上で動いているボールを打つ」というルールを『戦略的』に使った行為が問題になりました.

 動いているボールを打つという「ゴルファーにとって“あるまじき”行為を行った」ことに対する非難の声が大きかったのですが,本人の弁は,

「あえて2打罰を受けた。このルールを“活用”した」

「動いているボールを打った場合は2打罰を受ける」というペナルティを受け入れる前提で、「ボールが止まったところからやり直す」というメリットを選んだと話したそうです.

いわゆる「故意の反則」を選択したことになります.結局,世界中のファンからの批判を受けたミケルソンは「自分の行動を恥じ失望している。」という謝罪コメントを出すことになりました.

 サッカーにおいては,得点に絡むような場面で敢えてファウルをしてボールを止める“プロフェッショナル・ファウル”が存在しますし,バスケットボールにおいては,試合終了間際に戦略的にファウルをすることによって時計をとめる“ファウル・ゲーム”も行われています.

 ミケルソンは「戦略」として選択したのですが,動いているボールを打つという「故意の反則」に対しては,厳しい意見が大勢だったようで,ゴルフの世界では「戦略」としては認められないようです.

 決勝進出をかけたFIFAワールドカップでの6月28日のポーランド戦において,特に英BBCは「茶番」という表現で,強く日本代表チームを非難するコメントを出しています.

The match finished in farcical fashion, with both sides happy to play the ball around at the back for much of the final quarter.

 試合は,両チームとも最後のクウォータのほとんどを,ボールを回して喜ぶという,「茶番劇の様相」で幕切れとなった

https://www.bbc.com/sport/football/44439298

Japan go through but final group game ends in ‘mind-boggling farce’

 日本は予選を通過しましたが,最後のゲームは「唖然とする茶番」だった.
 
https://www.bbc.com/sport/football/44649668

 日本代表チームの西野監督は,

「チームとすれば本意ではないですけど、勝ち上がる中での戦略。こういう形も成長していく中での一つの選択だと思います」

 積極的に攻めずに,消極的な意味で「得点を取られない,イエローカードを増やさない」という,「目の前の試合に負けて,決勝進出という大きな目標を優先」という戦略という見解でした.

 将棋の藤井聡太7段は,安全策ではなくて負けるリスクを覚悟で果敢に攻める「大局観」を羽生善治名人が評価していますが,西野監督の「戦略」は,まさに安全策そのもので,「小事を捨てて,大事を取った」ようなものです.

 サッカーのゲームとしての「美しさ」を感じられないゲームでしたが,自ら果敢に攻めて勝ち取ったという「実質原理」ではなくて、「形式原理として決勝進出」を手に入れました.

 日本のお城は,守りの砦です,籠城して守り抜くことが城の大きな役目です.ただ果敢なゲームプレーの中で,相手の攻撃に対して華麗に守るというわけでもなく,「ただただ後方でボールを廻して喜んでいる茶番」が,ほんとうにスポーツマンとして「守り抜く」ことになるのか・・・厳しい目で世間から見られた結果となってしまいました.

 結局,今朝のベルギーとの試合で,後半すぐに2点リードした後に,3点を許して敗北してしまいました.

大事の前の小事・・・これも戦略と戦術の関係を言い得て妙なフレーズです.

赤穂浪士の神崎与五郎の逸話として・・・

与五郎が江戸に向かう道中,箱根の辺りで,丑五郎というヤクザ者の馬子に「馬に乗れ」と絡まれたが、与五郎の断る様子を見て腰抜け侍と調子に乗って悪態をついた上に丑五郎が「詫び証文を書け」と凄んできた。大事の前に騒動になること恐れた与五郎は、おとなしく詫び証文を書いたとのこと,これを見た丑五郎は笑って立ち去ったということです.その後、赤穂浪士の討ち入りがあり、その中に神崎与五郎がいたことを知った丑五郎は己を恥じて出家の上、神崎を弔ったという話.

 大事をなすには小事にも気をつけ油断してはならない,と感じるときに,この忠臣蔵のエピソードを思い浮かべます.