追憶

長野の町を訪れたのは、学生時代以来、2度目です。

今回は教育学の分野の学会発表でしたが、学生時代は工学の分野の学会発表で、新潟から日帰りで訪れています。確か研究室の先輩の車に乗せてもらって・・・

今回は、信州大のキャンパスの近くであることを地図で確認して予約したのですが、後になって、信州大の長野市のキャンパスは2つあって、教育学部と工学部とはキャンパスが異なっていました。教育学部のキャンパスは善光寺の近くで市街地の真っ只中なのに対して、工学部のキャンパスは住宅地の中で国道のバイパスの近くです。

予約したホテルは工学部キャンパスの近くで国道沿いです。今回は自転車を車に積んで、ホテルと大学の間は自転車で往復しました。

 せっかくなので、今朝、工学部のキャンパスを訪れました。自転車だと、ホテルからすぐでした。

 校舎は、おそらく建て替えられているようですが、見覚えのある木立・・・記憶がよみがえりました。はじめて学会発表をした場所です。

 もう年月も経って記憶も曖昧ですが、車で善光寺の前を通って「此処が善光寺だ!」といった光景は妙に覚えています。実際に表参道にある「善光寺」交差点が、その記憶の場所でした。

前回は車窓から通りすがりに眺めただけでしたが、今回は善光寺をゆっくり見て廻りました。

 今朝は、上信越道・長野ICに近い松代をふたたび訪れて、自転車で巡りました。昨日は急遽、戸隠を訪れたので、自転車で松代を巡れませんでした。

 松代の古い町並み、そして千曲川の川沿いの土手をサイクリングしました。

 長野ICから帰路へ・・・途中、姨捨SAから見下ろした長野市辺りの景色・・・先週の金曜日から3泊滞在した長野市の見納めです。

  帰りは、小牧から東名・名神経由ではなくて、土岐JCTから東海環状自動車道ー伊勢湾岸自動車道ー東名阪自動車道ー新名神ー京滋バイパスー新名神(神戸)区間を通りました。東海環状自動車道と東名阪自動車道、そして新名神は初めて走りました。よくわからないルートで、豊田辺りから新名神に入る亀山JCTまでは、ルートを間違えないように運転したので、かなり疲れました。