diploma mill

十年あまり前に、ディプロマミル(diploma mill)が問題になったことがありました。ディプロマミルというのは、金銭と引き換えに高等教育の「学位」を授与すると称する「自称大学」のことです。

 特に問題になったのが、ディプロマミルと疑われる博士号を取得して、その学位で大学教員として採用されるケースです。実際に文部科学省が徴した結果、数十人が、出所が疑わしい学位を元に採用されていた結果が得られていました。文部科学省は、各教員が有する「研究業績」および「取得学位」という教育情報の公表を各大学に要請していました。「取得学位」に関しては、学位の名称を使用する際に専攻分野のみならず、授与機関名をも併せて付記することになっています。

 そして今朝の毎日新聞の一面に「ハゲタカジャーナル」の記事が載っていました。「ディプロマミル」が「取得学位」に関する問題とすれば、「ハゲタカジャーナル」は「研究業績」に関する問題です。

 日本では「何処の学会、どの論文誌」に掲載されたかが論文の「質の担保」になるケースが多いですが、留学生が国内の大学の教員に、いわゆる「ハゲタカジャーナル」への投稿を希望することがあるそうです。

担保されない論文が「研究業績」となって得た「学位」は、ディプロマミルではなくて、どちらかと言えばディグリーミル(degree mill)になるのかもしれません。