集中講義

 昨日と今日、県立大工学部での教職課程の集中講義がありました。

 早目に到着して、キャンパス内を散策しました。

 現在、県立大工学部のキャンパスは建て替え工事中で、昨年は本部棟が正門脇に、そして今年は図書館の東隣に電気系の建屋が新しく完成していました。

 書写山の山麓にある平屋の実験棟群は、まだ健在でした。

 書写会館がある、キャンパス内の小高い丘へ・・・虫の音とともに、ツクツクボウシの鳴き声が聴こえ、夏の名残を感じました。

 建て替えが進むと、書写山の麓のこの光景も、大きく変わることと思います。

 今朝、第二神明から高砂バイパス、姫路バイパスと晴天でしたが、姫路の市街地を超えてトンネルを抜けると青山辺りは霧で包まれていました。姫路西ランプにある姫路SAです。

 履修者は3名、「職業指導」の授業の中で、「キャリア」についていろいろなケースや例を取り上げ、今年は公開求人の求人票から情報の読み取りをするワークショップを実施しました。最後にKJ法を用いて、少ない履修者でしたが、相互の意見を交換させて、最後はプレゼンテーションとしました。