祭り

 垂水は、神戸の市街地である畿内・摂津国と違って、国境の山である鉢伏山を挟んで西国・播磨国でした。垂水郷は、播磨国明石郡に属していました。江戸中期以降は、明石城の城主が領主だった地域です。

 現在の垂水区は、1889年(明治22年)の町村制に施行によって、明石郡にあった東垂水村・山田村・西垂水村・多聞村・塩屋村・下畑村・名谷村の各村が合併して明石郡垂水村となって、その後、明石郡垂水町。そして神戸市に編入して神戸市須磨区垂水町、戦後に須磨区垂水町から、垂水区が発足しました。

 元々の垂水の街は、海神社を境に、東垂水村と西垂水村に分かれており、秋には、それぞれの村が神輿を担ぎます。

 街角の彼方此方に、祭りのポスターと幟を目にするようになりました。