神戸神社

 今朝は西播磨をドライブ、元旦から昨日までは穏やかな日和が続いていましたが、今朝は冬型の気圧配置で曇りがちです。

 坂越、目の前の海に浮かぶ生島(いくしま)は、「生島樹林」として国の天然記念物に指定されています。この島には歌舞芸能の神として信仰されている秦 河勝(はた の かわかつ)の墓があるそうです。そして河勝を祭神とする大避神社も坂越にあります。

その坂越の古い街並みを散策しました。

 坂越から御崎へ・・・御崎から眺めた室津方面です。

 御崎の目の前には播磨灘越しに家島が浮かんでいます。まだ堅い芽の枯れ枝越しに家島の山並み・・・

 御崎のレストラン脇で、炭を熾(おこ)していました。

 赤穂の町を通過することはあっても、赤穂城を訪れるのは久し振りです。二の丸庭園の復元工事をしていました。

 赤穂城内にある大石神社、参道の脇にずらりと四十七士石像が並んでいます。

幾つもの少年野球チームが拝殿で順番に祈祷してもらっているようで、保護者も含めてちょっと賑やかでした。

 神社の脇には、古いお守りや絵馬などが、お焚き上げを待って、山のようになっていました。

 赤穂から日生を経て備前伊里、岡山県です。海の駅「備前」は朝から賑わっていました。

 海の幸がずらっと並んでいます。

此処迄、国道250号線でしたが、北上して帰路は国道2号線で船坂トンネルを超えて兵庫県へ、

 神戸神社・・・神戸市に戻ったのではなくて、旧揖保郡揖保川町の神戸山(かんべやま)にある神社です。

 竜野駅のすぐ北、国道2号線沿いに、神戸神社前という交差点があり、気になっていました。初めて立ち寄りました。

 祭神は大己貴命(オオクニヌシノミコト)と少彦名命(スクナビコナ)です、古事記ではカンムスビの子で数多くの山々や丘々の造物者です。

 神戸神社の祭神は応仁2年(1468年)に播磨国の一の宮である伊和神社より御分霊を招いたそうです。神社自体の歴史は古く、それまでは古来から神の宿る聖地・神山として神戸山を崇める神社だったようです。