早朝の通勤風景

 今朝はJR神戸線の神戸駅で降りて、3駅分を歩いて本務校に向かって徒歩で通勤しました。

 神戸駅は東海道本線の終点であり山陽本線の始点となります。駅の西口は、楠公さんで親しまれている湊川神社の正面となります。

 湊川神社の東側を北上して大倉山へ。そして東に向かうと、宇治川となります。この山手幹線を境に、宇治川は暗渠となります。そのダムのような壁

 山手幹線の下から暗渠となって、このトンネルの下を流れています、トンネルの向こうに見えるのが、旧宇治川に出来た宇治川商店街になります。

 山手幹線沿いを歩くと、東の空が群青色を帯びて、住宅の暖色系の照明とのコントラストが綺麗でした。

 しばらく道沿いに歩くと、プロテスタントの日本基督教団・神戸教会の建物がシルエットのように浮かび上がっていました。

 少し進むと、アングリカンの聖ミカエル教会・・・かなり空が明るくなってきました。

 相楽園とこうべ小学校の間を山手に向かって・・・古い私学の神港学園です。珠算教室に通っていた子供時代、ここ迄検定試験を受けに一人で来たことを思い出しました。

 北野周辺は異人館が多いですが江戸期までは、田んぼが続いており、その頃の水路と畔道がそのまま住宅地の裏路地のように残っています。

 神戸ムスリムモスク・・・昭和10年に建てられた日本で最初のモスク(イスラーム教寺院)です。戦災を逃れて焼け跡に立っていた写真を見たことがあります。

 カトリックの神戸中央教会です。神戸の震災で倒壊した中山手カトリック教会・下山手カトリック教会と灘教会が統合してできた教会です。

 旧生田川のフラワーロードを南下して、JRの高架沿いを東に向かって本務校まで、約1時間20分ぐらいの朝の散策・運動も兼ねての通勤でした。