照明

 寝室に使っている2階の部屋の蛍光灯が暗くなって、年末に蛍光灯を取り替えようと、インバータ点灯の専用の細管タイプの34W/27Wのサークランを探すと、なかなか見つかりません。昼光色の蛍光灯を置いている店はありましたが電球色の蛍光灯はありませんでした。

 その後も気になって年明けにも、ホームセンターや電器店を巡ってチェックして気付いたことですが、そもそもインバーター点灯専用の細管の蛍光灯自体がかなり少なく、昔ながらの30Wのサークラインは品数も種類も豊富で値段も安いです。インバーター点灯専用の細管自体が、LED照明に移行してしまっているようです。

 結局、34W/27Wのサークランの蛍光灯を買うよりも、LEDタイプの照明器具を買った方が良いことに気付いて、ホームセンターで購入しました。6畳ですが12畳タイプのシーリングタイプです。光束が5500lm(ルーメン)で、明るさは10段階の階調でコントロールが出来ます。そして調色も可能で色温度(色合い)も五段階でコントロールが出来ます。

もっとも暖色系、色温度が2700K°で、もっとも明るさが低い状態・・・「リラックスモード」です。

 色温度を4100K°の「くつろきモード」です。

 そして色温度が6500K°の「アクティヴモード」です。

色温度が同じ6500K°で、明るさを最小から、数段階明るくすると、このような感じです。 

 部屋の雰囲気を照明で演出することが可能です。

 昨年末の2018年12月の照明学会誌の特集が「ロービジョンの照明・視覚環境の配慮」でした。

 自宅の照明に関しても「明るさ」だけではなくて、住環境としての照明の在り方を視覚環境に配慮することも視野に入れることの大切さを、照明器具の購入と実際に取り付けて、改めて考えさせられました。