流泉書房

 垂水のセンター街に、昨年末頃から、新しい本屋さんがオープンしました。

 何度か前を通っていたのですが、今日前を通った時に書店の名前が「流泉書房」とあるのに目がとまりました。すぐには気が付きませんでしたが、三ノ宮にあった書店と同じ名前です。

 調べると、三宮にあった流泉書房は須磨にも店があったそうで、更に調べると須磨パティオで営業を続けていたそうです。昨年11月末に須磨店を閉店して垂水に移転したようです。

 以前、元町・三ノ宮にはたくさんの本屋さんがありました。流泉書房、漢口堂、さんちかには確か神戸ブックセンター・・・

そして元町には、日東館、丸善、海文堂・・・すべて閉店してしまいました。そして後からオープンしたジュンク堂は大きくなって、今は本店は神戸から離れて丸善ジュンク堂書店となっています。

 日東館は垂水のたるせんにも店があって、元町は閉店してからも営業を続けていましたが、これも閉店しました。

 そして垂水には、文進堂、広文堂、そして日東館の3つの本屋さんがありましたが、一昨年広文館が閉店して、文進堂は昨年閉店、昔からの書店が閉じてしまいました。

 垂水駅には、イオンの2階にアミーゴ書店、プリコ垂水に知恵蔵書店、そしてセンター街に流泉書房が出来たことになります。また垂水は3書店体制です。