涼風

二十四節気の立秋は、8月の中旬頃で、その中で七十二候では、立秋(初候)として「涼風至(すずかぜいたる)」が最初の5日間です。ただ真夏の時期で、上空の雲や早朝や深夜に秋の「気配」を感じても、まだまだ暑い時節で、朝夕に涼風が吹き抜けるのは「暑さ寒さも彼岸まで」と云われる彼岸頃・・・でも温暖化の影響なのか、その後も残暑が続きました。そしてようやく今日は朝から「涼風」が吹いて、早朝に半袖では寒さを感じました。

 静岡を自転車で走ったのが8月の下旬、その後は自転車はカバーが掛ったままでした。今朝、久し振りにカバーをとってメンテナンス、そして久し振りに休日の朝のサイクリングを愉しみました。

 朝7時過ぎに自宅を出て、舞子海岸まで住宅地の中をゆったりと走りました。

 舞子公園から眺めた、朝日に輝く明石海峡大橋です。

 明石海峡を左手に眺めながら、海沿いの国道2号線を西へ、大蔵海岸を経て明石の市街地を走り抜けて、大観橋を渡ると、大観橋の西詰から県道554号姫路明石自転車道線です。明石市の東側は、砂浜沿いを走る「明石・浜の散歩道」です。

 久し振りのサイクリングですので、いつもよりゆったり目に走って、自宅から約15キロの江井ヶ島海岸まで約1時間でした。椰子の木がすっかり手入れされてサッパリしていました。

 江井ヶ島には、日本酒「神鷹」の江井ヶ島酒造があります。ここではウィスキーも醸造しています。

 山陽電車の西江井ヶ島駅の西側・・・線路沿いに細い道があり「線路づたいの細い道」の光景、なんだか落ち着く風景です。

 江井ヶ島の住宅の一角に田んぼがあり、稲刈り後の田んぼにヒコバエがすくすくと育っていました。

 再び海岸線沿いの自転車道・・・淡路島と播磨灘の上空に雲の帯が横たわっていました。

 大蔵海岸まで戻ると、明石海峡の向こう、大阪湾の上空は低い雲で覆われていました。

 10時頃に自宅に戻って、約3時間で40キロほど走りました。すぐにシャワーを浴びて汗を流して、まだまだ昼間は暑く麦茶が美味しかったです。