偲ぶ会

8月31日に他界した父の葬儀は、9月2日に身内だけの家内葬でした。父の好きだった音楽をかけた音楽葬・・・

葬儀からちょうど2ヶ月となる今日・11月2日に、父を偲ぶ会を持ちました。場所は舞子ヴィラ、旧・有栖川宮の別邸跡です。さらに遡れば嘉吉の乱の戦場となった赤松氏の烏崎城のあった場所です。最上階の会場からは、明石海峡を挟んで淡路の島影を展望できます。

四十数名の方が出席するので、会場は、ちょっと手狭な感じがします

 父の思い出の品や、アルバムを展示しました。

秋も深まりましたが、ガラス越しの陽光は眩しく感じます。

 いろいろな方々が、それぞれの方法で父を偲んでいただきました。懐メロが好きだった父に、アコーデオンの演奏をしていただいた方もいらっしました。

 料理が運ばれて・・・創作フランス料理です。

 アコーデオンを伴奏にして、ご夫婦で唄を披露していただきました。これは母のリクエストです。

 父への思いを言葉で語ってくれた方もいらっしました。

 父は碁が好きで四段の腕前、碁の相手をしていただいて方は、ハーモニカの演奏を披露してくれました。父の好きだった曲・・・

 メインディッシュ、柔らかいお肉でした。

 ギターの演奏と共に、父の思い出話をしていただきました。

デザートが運ばれて・・・

 ウクレレの演奏で、父の思い出話を語っていただいた方も・・・

 お昼が過ぎて、海峡の海面に秋の日射しが照り輝いて・・・綺麗でした。

 偲ぶ会も終わりに近づいて、ワイワイザワザワ、互いの近況や父との思い出話で盛り上がっていました。