キャッシュレス還元

 消費税が昨年10月に消費税が10%(軽減税率は8%)に引き上げられときに,キャッシュレス・ポイント還元事業 (キャッシュレス・消費者還元事業)がスタートしました.今年6月までの事業ですが,現金以外のクレジットカードや電子マネー(SuicaやWAONなど)QRコード等で支払いをすると5%もしくは2%のポイント還元が受けられる制度です.

 実際にコンビニで100円のパンを買うと,軽減税率の8%が適応なので108円となるのですが,2%のポイント還元で還元額が2円となって106円になります.ポイント還元で,実質的な消費税が6%となって,昨年10月に消費税が引き上げられたにもかかわらず,軽減税率の適応とポイント還元で,実質的に消費税の負担が低くなったことになります.

現金とは,日本銀行券(日本銀行が発行する紙幣)と硬貨(政府が発行する貨幣)の2種類の通貨を指し示します.これらの通貨は「強制通用力」が法的に認められている「法定通貨」というそうです.一般に「お金」といわれるものです.

キャッシュレスとは,強制通用力のある「お金」を使わずに,Suicaのような電子マネーやクレジットカードなどを利用して支払いをすることです. モノとしての「お金」をなくすことで,「お金」を手元に置くこともなく,また「お釣り」の手間も省けますし,「お金」を数えるという作業もなくなります.情報化社会の中で,「お金の価値」が情報化されて,「電子的な情報」のやり取りだけで,「モノとしてのお金」を扱うことから解放されるので,さまざまなコストや手間などが低減されることになります.ただ災害等でインフラに障害が発生したときにキャッシュレスだと電子機器が使えないので決済ができない状況に陥る可能性があります.

 手元にSuicaとWAONカードがあり,最近は電子カード決済での買い物が増えました.通勤ではICOCCAを使って,多少の乗り越しには自動改札機でのICCOCA決済で済むようにしています.

カードをかざすだけで,財布からお札やコインを数えながら取り出して,場合によってはお釣りをもらって財布にしまう,という手間暇が省略できます.日頃の買い物は,ほぼキャッシュレスになりました.