神戸~早春のひととき

 神戸の街は、桜の蕾もかなり膨らんで、開花直前の状態です。春のうららかな陽光で午後からは暖かくなりました。

 新型コロナウイルスの影響で、三ノ宮の東遊園地の芝生が解放されているとのこと、少し足を伸ばして・・・

 ハーバーランドに用事があってJR神戸駅に向かいました。普段の通勤では通過駅で気にすることはないのですが、神戸駅は、東京駅の東海道本線の終点であり、門司駅までつながる東海道本線の始点の駅です。日本の2つの大動脈となる鉄道路線のターミナル駅ですが、3本のホームで、うち一本はかつての名残のホームで稼働率は低く、通勤では途中通過する駅のひとつでしかないです。

 神戸駅のホームに、試験的に駅名標が3つ並んだ写真をネットで見掛けました。


(ネットより引用)

 先週末の金曜日に、確かに乗っていた電車の車窓越しに3つの駅名標が並んでいるのを目にしました。でも今日、神戸駅のホームに降りたって、3つ並んだ駅名標を写真に撮ろうとすると・・・既に試験的に設置されていた駅名標は撤去されて、1つだけでした。

 阪急の神戸線の高架は、王子動物園駅から西側で弧を描いたカーブが続いて、JR灘駅の少し西側でJRの高架と並行します。は、元々は阪急は今の王子動物園の辺りに「阪急神戸駅」があって、そこで神戸市電と接続していました。市営モンロー主義という東京や大阪と同じ方式を採用していました。それが市街地の三宮まで延長することになって、既存の道路を斜交するように高架が設けられました。道路と阪急の高架が斜交する部分は、独特の間口の広いアーチ状になっています、

 そのカーブを描いている部分の高架下の一角に、神戸の地ソースのひとつ「プリンセスソース」があります。神戸は幕末に横浜と共に開港した港町で、早くから洋食文化が町に浸透して、ソースメーカがたくさんあります。ばらソース、ブラザーソース、オリバーソース、そして日本で始めてウスターソースを国産した日の出ソース、現在の阪神ソースもあり、隣町の明石にはドリームソースがあります。プリンセスソースはここで直販もしています。

 、今日は、職場の年度末の小さな打ち上げです。もう少し前に予定されていたのが新型ウイルスの影響で延期となって、ささやかに・・・