confuse(混沌・混乱・混雑)

 非常勤講師を勤めている県立大が、5月からの前期授業の再開に向けて、すぐには通常の授業が出来ない状況なので、オンライン授業を基本とするようです。今週1週間がオンライン授業のリハーサルだったのですが、初日の月曜の時点でネット回線の不具合で失敗して、結局リハーサルは見合わせることになりました。

 同じ日に東北大でもオンライン授業の試行初日で、アクセス集中でシステム障害が発生して、授業を受けることが出来なかった学生がいたそうです。3500人の受講に対して、一斉アクセスの対応がシステムとして出来なかったようです。

 昨日は、社会人となって最初に勤めた会社・シャープが、三重の工場の液晶パネルをつくるクリーンルームの一角でマスクの生産を開始していたのですが、ネットを通して昨日から販売を開始したのが・・・想定をはるかに越えるアクセスが集中して、結局、販売を停止しているようです。

テレワークや在宅勤務、それに休業・休校に加えて自宅待機と、街中や電車の混雑度は低下しているようですが、ネット上はアクセスが増大して、かなり混雑しているようです。今までテレワークをしていなかった中小企業等が在宅勤務の対応をしたり、もし休校が長引けば、大学・専門学校、小中高の学校の学生・生徒が一斉にオンライン授業の動画にアクセスして、回線の大混雑とともに、大学や学校のサーバーにシステム障害が起きる可能性も少なくないです。

入念に準備して、生徒全員にタブレットを配布して、お金と時間を掛けても、オンライン授業やICT教育が上手くいかないことが多いですが、今回は、何の準備もなく、オンライン授業やICT教育の為のサーバ等のシステムの増強も行なっていません。

生徒や学生も、パソコンで受講するとは限らず、タブレットや、小さなスマホ画面というケースも想定する必要があります。通信の容量制限がある場合には、経済的な負担も問題になるかもしれません。また資料等をプリントアウトする環境が家庭にない場合には、コンビニでお金を払ってプリントする必要があります。

 街中の混雑は低減されていますが、ネット回線上では、混雑や混乱が問題化して、混沌状態の様相を呈し始めているように思います。なんでもかんでもオンライン・・・とネットに押し付ける風潮を感じますが、キャパシティーを越えたニーズを捌ききれない状況に近づいているような気がします。