バロック

ドイツ語でチェンバロ、英語でハープシコード、フランス語でクラブッサン・・・ピアノが主流になるまでのルネッサンス音楽やバロック音楽の鍵盤楽器として演奏されていた古楽器です。学生の頃から好きだったチェンバロは、NHK-FMの朝の番組『バロック音楽のたのしみ』で出逢いました。

『バロック音楽のたのしみ』で解説をしていたのが皆川達夫です。今日、皆川達夫の訃報に接しました。皆川達夫は、隠れキリシタンが歌い継いだ宗教音楽「オラショ」の研究者でもあり、皆川達夫の「オラショ」の本が手元にあります。本棚から久し振りに取り出しました。

 数年前に、平戸・長崎を訪れて、キリシタンの足跡を辿った時にも久し振りに本棚から取り出しました。

 女流指揮者の西本智実が、7年前にサン・ピエトロ大聖堂での枢機卿ミサで「オラショ」の原曲であるグレゴリオ聖歌を、長い時の流れを越えて復元演奏した時の映像を先日見たばかりです。

バッハのチェンバロ曲はウォークマンにも入れて、通勤の電車の中でよく聴いています。学生時代、皆川達夫の解説に、中世に思いを馳せてチェンバロやパイプオルガン、モノフォニーの合唱曲を聴いていた頃を思い出しました。

いつの頃からか,日曜の朝8時のニュースが終わってから流れてくるシューベルトの楽興の時のピアノの調べが流れて宮川達夫の低くてソフトな口跡で語り始まる「音楽の泉」というラジオ番組を聴くひとときを、時々愉しんでいました。ここ数年は日曜の朝にラジオを聴くことがなく、この3月で音楽の泉の解説を辞めておられたそうです。