乃木

 昨日の9月13日は、乃木希典が妻・静子と共に明治天皇の大葬があった日に殉死して日です。乃木希典は明治時代の陸軍大将で、西南戦争,日清戦争,日露戦争に従軍しています。日露戦争では,水師営においてロシアの将軍ステッセリと会見したことが唱歌『水師営の会見』となっています.戦争に勝った日本の代表として、敵の将軍のステッセリに対して礼を重んじて扱ったことが、当時のヨーロッパで高い評価を受けていました。また、学習院の院長として、昭和天皇の幼少期の教育に携わったことでも有名です。

 今朝、黒板に「乃木」と書いて、「何を連想しますか?」と問い掛けると「乃木坂」という答えが返ってきました。確かに乃木大将の住んでいた家の前の坂が、乃木大将の死後に「乃木坂」と命名され、今は乃木神社の前の坂になっていますが、でも「乃木坂」と乃木大将とは結び付かないようです。

 当時の日本にはテレビもラジオもないので、乃木大将の殉死の報は、翌朝の新聞で知られることになりました。漱石の「こころ」でも、「先生」が新聞で乃木大将の死を知る場面が、大きな意味を持って書かれています。

「私は殉死という言葉をほとんど忘れていました。 平生使う必要のない字だから、記憶の底に沈んだまま、 腐れかけていたものと見えます。妻の笑談を聞いて 始めてそれを思い出した時、私は妻に向ってもし自分が 殉死するならば、明治の精神に殉死するつもりだと 答えました。私の答えも無論笑談に過ぎなかったの ですが、私はその時何だか古い不要な言葉に新しい 意義を盛り得たような心持がしたのです。
 それから約一カ月ほど経ちました。御大葬の夜 私はいつもの通り書斎に坐って、相図の号砲を聞き ました。私にはそれが明治が永久に去った報知のごとく聞こえました。後で考えると、それが乃木大将の永久に 去った報知にもなっていたのです。私は号外を手にして、思わず妻に殉死だ殉死だといいました。
 私は新聞で乃木大将の死ぬ前に書き残して行った ものを読みました。西南戦争の時敵に旗をられて以来、 申し訳のために死のう死のうと思って、つい今日まで 生きていたという意味の句を見た時、私は思わず指を折って、乃木さんが死ぬ覚悟をしながら生きながらえて来た年月を勘定して見ました。西南戦争は明治十年ですから、明治四十五年までには三十五年の距離があります。乃木さんはこの三十五年の間死のう死のうと思って、死ぬ機会を待っていたらしいのです。私はそういう人に取って、生きていた三十五年が苦しいか、また刀を腹へ突き立て一刹那が苦しいか、どっちが苦しいだろうと考えました。
 それから二、三日して、私はとうとう自殺する決心をしたのです。私に乃木さんの死んだ理由がよく解らないように、あなたにも私の自殺する訳が明らかに呑み込めないかも知れませんが、もしそうだとすると、それは時勢の推移から来る人間の相違だから仕方がありません。あるいは箇人のもって生れた性格の相違といった方が確かかも知れません。私は私のできる限りこの不可思議な私というものを、あなたに解らせるように、今までの叙述で己れを尽したつもりです。
 私は妻を残して行きます。私がいなくなっても妻に衣食住の心配がないのは仕合せです。私は妻に残酷な驚怖を与える事を好みません。私は妻に血の色を見せないで死ぬつもりです。妻の知らない間に、こっそりこの世からいなくなるようにします。私は死んだ後で、妻から頓死したと思われたいのです。気が狂ったと思われても満足なのです。
     「こころ」夏目漱石 より

「世界は朝から始まったの?」

 今朝のNHKのラジオの「夏休み子ども科学電話相談」のトップバッターが小学校1年生の女の子で、質問内容が「世界は朝から始まったの?」

 アナウンサーが「どうしてそう思ったの?」と聞いたのに対して、その女の子は「お空を見て思ったの」と答えたそうです。回答者の先生は「お空見てたらそういう風に思ったんだ、すごいね」と感心したとのこと、素朴な疑問って、大切だなあ~と感じました。

 朝の神戸市道夢野白川線は、大変混雑していました。

 鵯越の交差点へのトンネル付近が、半月前の豪雨で土砂崩れが起きて、まだ復旧していません。車線規制があり、鵯ICから宮川町の交差点へ向かいました。

 久し振りに上筒井通を走ると・・・週刊誌を100円で売っている店を目にして、なんとなく懐かしいなあ~と感じました。この店は車窓からしか見たことがありませんが、おそらく発売日から2~3日経った週刊誌を扱っているのだろうなあ~と思っていました。

 午後、真っ青な夏の空に、真っ白な白い雲がクッキリ・・・

 真夏の光景が広がって、台風が去った神戸は猛暑が戻りました。

ディアスポラ~シナゴーグの前にて

今朝はJR神戸線・神戸駅で降りて、これまで元町商店街(旧・西国街道)、栄町通り~旧居留地、ハーバーランド~メリケンパーク、JR高架沿い、山手幹線、回教寺院通り・・・と、いろいろなルートを歩いたので、今日は、トアロード経由で、北野異人館通りを歩きました。

山手幹線を、中山手通り3丁目の交差点まで歩いて、そこから山手に向かうトアロードの坂道を歩きました。 

 明治12年にオリーブの苗木を植えたことに始まる国立の神戸阿利襪園(オリーブ園)跡(現在は北野ホテル)を通ると、坂もかなり急になります。車だと坂の勾配をなかなか実感できませんが、昨年自転車で、此処で息が上がりました。

現在は、神戸外国倶楽部がありますが、此処にかつてトアホテル(Tor Hotel)がありました。 

北野異人館通りは東向きの一方通行の細い道です。歩道と車道の境のポールの上部に、このような模様が・・・

 真っ白い建物の壁面に「関西ユダヤ教団」というプレートがありました。 

 この建物は、ユダヤ教のシナゴーグ(synagogue・会堂)でした。東京にシナゴーグがあるのを耳にしたことはありましたが、神戸にシナゴーグがあるのを、この建物の前に立つまで、知りませんでした。

 元々ユダヤ教では、終戦40年の、当時の西独のワイツゼッカー大統領の記念演説「荒れ野の40年」にもあるように、幕屋(ミシュカーン・mishkan)と呼ばれた移動式テント神殿を持っていました。幕屋はモーセの指示によって、ベツァレルがつくったことになっています。

 モーセによってエジプトを出て、シナイ半島の荒れ野を40年間彷徨った後、ヨルダン川を渡った後はヨシュアが指導者となりますが、ヨシュアの後は、士師(Judge)がイスラエルの民の指導者として、預言者サムエルまで続き、そしてイスラエルの民は国王をいただくようになります。

 ダビデ王の子・ソロモンによって紀元前10世紀に神殿(ソロモン神殿)が建設され、その後、バビロン捕囚からの解放後の紀元前6世紀にゼルバベルによって再建された第二神殿、そしてヘロデ大王によって大拡張されたヘロデ神殿・・・ユダヤ教は神殿を中心とする宗教となった経緯があります。

 紀元70年、ユダヤ戦争においてローマ帝国軍とアグリッパ2世によって神殿を破壊され、現在残っているのは、神殿を取り巻いていた外壁の西側の部分だけで、これが「嘆きの壁」と呼ばれています。これによってユダヤ教は、神殿を中心とする信仰生活を奪われたことになります。

 ディアスポラ(Diaspora)・・・神殿を失ったイスラエルの民は、各地に散らばって、シナゴーグと呼ばれる会堂で、聖書(モーセ五書等の所謂旧約聖書)の朗読と解説を中心とするコミュニティーの信仰へと変遷して現在に至っています。

 神戸のシナゴーグの前に佇んで、荒れ野の40年における幕屋、イスラエル王国の樹立と壮大な神殿、そして嘆きの壁とディアスポラ・・・走馬灯のように歴史が頭の中で駆け巡りました。

 異人館が立ち並ぶ、観光化された北野異人館通りを歩いて・・・

 かなり大回りをしたので、加納町3丁目の交差点から、三ノ宮駅に向かって、一駅電車に乗りました。

 万歩計では
・歩数 17908歩
・歩行距離 13.2km
・階段 720歩
・早歩き 10895歩
・活動エネルギー 918kcal
・総カロリー  2579kcal
・燃焼脂肪量 49.4g

今日の活動量計は、
・脂肪燃焼 1時間38分
・有酸素運動 5分
・無酸素運動 0分
・活動カロリー 762kcal
・総カロリー 2483kcal
・歩数    17078歩

海を、はるか沖へ

海を、遙か沖へ出てみますと、海の水は、およそ美しい矢車草の花びらのように青くて、あくまで透き通ったガラスのように、澄みきっています。  
   「人魚姫」アンデルセン 楠山正雄訳 青空文庫より(一部改訳)

 今日は海の日です。15年前から7月の第3月曜日となったので3連休、3日とも猛暑が続きました。

 海・・・第2外国語が、ドイツ語とフランス語だったので、ドイツ語だと「der See」で男性名詞、フランス語だと「La Mer」で女性名詞、この印象が強いです。

 朝、オープンと同時に、垂水の海岸沿いにある「太平の湯」へ、1時間余り入浴して、1300mlの汗をかきました。途中水分補給して、持参した1500mlの麦茶を飲み干して、湯上がりに500mlのペットボトルの飲料を買って飲み干すと、その後も汗が止めどなく流れて・・・

 11時半頃から、自転車で、海岸沿いを西に向かいました。大蔵海岸では「明石・時感動アクアスロン大会」で、ランニング競技の横を自転車で走り抜けました。

 

 明石川の河口、ウミドリがテトラポットの上で間近に・・・

 今日も、松崎海岸の海水浴場は賑わっていました。

 今日は、瀬戸川、酒蔵「来楽」まで20kmあまりの地点でUターン、昨日・一昨日で約190kmを走ったので、ゆっくりとしたペースで走りました。

 昔は、海岸近くに松林が多かったようですが、今では、舞子公園と、此処・明石川右岸に松林が残っている程度になっています。

 舞子海岸まで戻ってきました。南西方向を望むと、淡路島の西に広がる播磨灘が、真夏のおびただしい光の渦を受けて、海面一面が煌めいて、いつまでも見ていても飽きない光景です。

 この、真夏の輝く静かな海の光景を目にすると・・・海は女性なのかなあ~と、ふと思いました。

 自転車のサイクロメータでは、

走行距離 43.31km
走行時間 2時間19分
平均時速 18.6km/h
総走行距離 1920km

 活動量計のワークアウトでは、

時間 3時間44分
脂肪燃焼 2時間32分
有酸素運動 25分
無酸素運動 2分
平均脈拍数 118rpm
最高脈拍数 155rpm
運動消費カロリー 906kcal

今日の活動量計は、

・脂肪燃焼 3時間18分
・有酸素運動 31分
・無酸素運動 8分
・活動カロリー 1406kcal
・総カロリー 3173kcal
・歩数    4021歩

俳優

 俳優、この言葉を耳にして思い浮かぶ俳優は・・・加藤剛です。私にとって、もっとも俳優らしい俳優は加藤剛です。

 加藤剛と言えばテレビドラマの「大岡越前」が有名のようですが、私にとっては、古い大河ドラマ「風と雲と虹と」において、平小次郎将門を演じた加藤剛が印象的です。そして灯台守の映画「新・喜びも悲しみも幾歳月」の加藤剛・・・

 手元には、朗読のLPレコードがあります。高村光太郎の「智恵子抄」の朗読です。おそらく学生時代に買ったモノで、幾度かの引っ越しで手放したレコードが多い中、手元に残っています。ただ、レコードプレーヤがないので、随分聴いていません。

 神戸に越してから購入した新潮カセット文庫の、同じく高村光太郎の「智恵子抄」の朗読テープです。 

 今日、加藤剛が先月の6月18日に亡くなったとの訃報を耳にしました。

 久し振りに、加藤剛の朗読を聴きました。

嵐の七夕

今日は7月7日、七夕(たなばた)です。

平安時代の神道資料である「古語拾遺」にある、天照大御神が天岩戸から誘い出すために、神衣和衣を織ったとされている女神が「天棚機姫神(あめたなばたひめ)」で、これが「棚機津女(たなばたつめ)」の伝説の起源のようです。何故「七夕」と表記されるようになったのか・・・ネットで検索しても、国語辞典でもわかりませんでした。

今日の七夕は、台風が過ぎ去った後の梅雨前線の停滞によって、3日連続で大雨警報が続いて、時折、嵐のような叩きつけるような激しい雨でした。

 嵐のような強い雨が降ると,川端康成の小説「山の音」をいつも思い出します。この小説の中で、嵐の夜に中、大音量で音楽を掛けて興奮気味になっている息子の嫁の描写があります。それが印象に残って、そのシーンを思い浮かべて・・・嵐のような雨が降ると、大音量で音楽を聴くようになってしまいました。

 今日は、モーツァルトの交響曲40番ト短調を聴きました。

ギタリストの訃報

ギタリストの訃報・・・グループサウンズ「ザ・スパイダース」のメンバーで、解散後は沢田研二や萩原健一らとロックグループ「PYG」を結成、その後は、「井上堯之バンド」を結成して沢田研二のバックバンドとして活躍した井上堯之の訃報に触れました。ドラマ「太陽にほえろ!」や「傷だらけの天使」のテーマ曲の演奏にも携わっていました。

 「井上堯之バンド」は、歌手が専属バンドを率いることの先駆けだったようで、沢田研二のヒット曲「危険なふたり」のイントロを演奏したのも井上堯之でした。

 井上堯之は、神戸市垂水区出身、少年時代に住んでいた滝の茶屋の「井上」という表札の家が井上堯之の実家という噂がありました。星陵高校の出身で、おそらく、ここが実家ではなかったかと思います。

昔、丸亀市場の北側の道沿いのマルイパンの斜め向かい角にあった「すしひろ」という鮨屋でアルバイトしていた・・・という噂もあります。

 井上堯之の訃報に触れて、昔の記憶が蘇ってきました。井上堯之の実家という噂の隣にあった理髪店を少年時代に利用していました。

ヴィオラとピアノの響き

 今日は、生憎の雨模様の一日でした。

 仕事帰りに、知人から招待券をいただいたヴィオラリサイタルのために西宮の県立芸術文化センターへ向かいました。久しぶりの阪急西宮ガーデンズです。

 県立芸術文化センターのエントランスの光景がお気に入りで、何枚か写真を撮りました。

 リサイタルは、小ホールの神戸女学院ホールです。このエスカレータの上です。

 雨で、直接向かったので、開演前の行列の前の方でした。

 小ホールは、全体がウッディーで、天井が高くて音が綺麗に響きます。ご招待いただいた方がピアノで、ジョージア出身のヴィオラ演奏家とのリサイタルです。

 最初はヴィオラだけで、バッハの無伴奏チェロ組曲1番、チェロの響きが素敵な曲ですが、ヴィオラの演奏も、また違った良さがあって聴き惚れました。

次がシューマンの「おとぎの絵本 ー ピアノとヴィオラのための4つの小品」です。ピアノとヴィオラとのセッションのようなやりとりを楽しく聴きました。

 休憩を挟んで、バルトークの「ヴィオラ協奏曲」は、聴いていて、うっとりとしました。その後、ゆったりとしたロマンスや、リズミカルなダンスの曲等々、後半は小品が続きました。

 新年度に入って、多忙な3週間でしたが、ゆったりと音の響くホールで、ヴィオラとピアノの響きを聴いて、疲れがとれたような感じです。

 リサイタルが終わって・・・振り返ると、雨に濡れたホールの照明の輝きが綺麗でした。