理性からの逃走

夏目漱石は、小説「草枕」の冒頭で次のように書いています。

山路を登りながら、こう考えた。
智に働けば角が立つ。
情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。
とかくに人の世は住みにくい。
住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。
どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。

 小説のタイトル「草枕」を”The Grass Pillow”と訳さずに”The Three-Cornerd Word”と訳したのがAlan Turneyです。

「四角な世界から常識と名のつく、一角を磨滅して、三角のうちに住むのを芸術家と呼んでもよかろう。」から「三角のうちに住む」・・・三角の世間・・・The Three-Cornerd Wordを英訳「草枕」のタイトルにしています。

“An artist is a person who lives in the triangle which remains after the angle which we may call common sense has been removed from this four-cornered world.”

そのAlan Turneyが冒頭の「智に働けば角が立つ。」を

Approach everything rationally, and you become harsh.

と訳しています。”rationally”は、一般に「合理的」と訳されますが、Alan Turneyは「智」の訳語として”rationally”という単語を充てています。一般に「智」の訳語としては”wisdom”や”intellect”, “intelligence”という単語が充てられ、他の「草枕」の英訳では、

Relying on your intellect makes you harsh and rigid.

「知性に頼ることで、頑固で厳しくなる」(私訳)というようなニュアンスなのですが、Alan Turneyの訳だと「ものごとを合理的に捉えようとすると、頑なになる」(私訳)というようなニュアンスとなって、小説の冒頭の有名なフレーズの捉え方が異なってしまうように思います。

 漱石が草枕の冒頭で「智に働けば角が立つ。」というフレーズに込めた思いは、その後の「~詩が生れて、画が出来る。」につながることを考えると、”intellect”(知恵、知性)よりも、”rationally”(合理的、理性)という単語の方が、コンテキストを考えると、より「漱石の智」に近いニュアンスのように感じます。

「智」の対極として「情」ではなくて「芸術」(詩や画」が、この後の草枕の中ではスポットライトがあたることを考えると、合理的な考え方や理性的な捉え方から脱して、詩画の世界(Three-Cornerd Word)を目指すのが、小説「草枕」のテーマとも言えます。まさに小説の冒頭の「智に働けば角が立つ。」は、『理性からの逃走』の序章です。

“Escape from Reason”

 漱石の小説「草枕」テーマそのものをタイトルとした本があります。邦訳は「理性からの逃走」です。Francis A. Schaeffer というアメリカの牧師であり神学者の著作です。

F.A.Schaefferは、近代的な神学(いわゆるリベラル主義)に対抗して、伝統的な信仰(いわゆる福音主義)への回帰の立場をとっています。

リベラル主義とは、伝統的な宗教・信仰を、個々の信仰者の理性の光で照らして、歴史的で保守的な教理体系から自由になることです。「信仰よりも理性」を優先するような立場です。

F.A.Schaefferは、その理性から逃げ出して、伝統的な信仰への復興を目指して、それを著作「理性からの逃走」で言い表しています。

 漱石は、理性から逃走して、詩画の世界へ・・・

 F.A.Schaefferは、理性から逃走して、伝統的な信仰への回帰を・・・

 漱石とF.A.Schaefferの、近代的で合理的な捉え方の窮屈さを脱したいという思いに、アナロジーを感じました。

「四角な世界から常識と名のつく、一角を磨滅して、三角のうちに住むのを芸術家と呼んでもよかろう。」、常識で縛られた合理主義を脱するのは、芸術家だけではなくて、信仰者も同じかもしれません。

“人間の業”の肯定

故・立川談志は、「落語とは”人間の業”の肯定」という主張をしていました。あるがまま、眠たくなったら寝て、呑みたくなったら酒を呑む、時によっては、「これだけはしてはいけない」ということをやってしまうという”人間の業”をも肯定するのが落語・・・と談志は言っています。

 ”人間の業”そのものの噺家が、古今亭志ん生だったのかもしれません。酒を呑んで高座に上がって、呂律が回らなかったり、高座で眠ってしまったり・・・

 その志ん生が、”人間の業”を肯定する噺「黄金餅」を演じると、まさに落語の、ある意味での真骨頂なのかもしれません。悪いことをして、それが成功して、そして幸せになりました。という正義とは無関係な噺です。それを「芸」として演じるのが落語・・・

 松本清張原作の映画「疑惑」は、まさに桃井かおりが演じる”人間の業”そのものの悪女の話です。冤罪で殺人罪の被疑者・被告となって、反省するでもなく法廷で悪女ぶりを発揮して、でも最終的には無罪となる話。

 悪女を一環として通して、無罪後も反省することなく、無罪を勝ち取った岩下志麻演じる弁護士の白いスーツに、赤ワインをかける桃井かおり・・・

 被告の桃井かおりを同情して弁護したわけではなくて、あくまでも弁護士として、真相を究明して職務をまっとうしただけだと応酬して、桃井かおりの顔面にワイングラスのワインをかける岩下志麻・・・

 最後に、舞台となった富山を去るシーンで、裁判の報道で一躍有名になった桃井かおりをホームから奇異の目で見る人々に対して、薄笑いを浮かべて煙草をくゆらすシーンで映画は終わります。

 桃井かおりと岩下志麻という、みずからの生き方を貫く女性2人にコントラストも見ものですが、1シーンしか出番がない真野響子の演技も、岩下志麻役の弁護士のありようを浮き彫りにしてくれます。

 真野響子の朗読は、舌足らずで、なんでこんな人が朗読するんだろうと十代の頃は感じていましたが、この映画でも・・・舌足らずでした。でもそれが活かされた役回りで、岩下志麻との「差異と相似の複雑な関係」が面白かったです。 

 真野響子は、ちゅらんさんでの少しおどけた母親役の印象が強くなってしまっていますが、御宿かわせみ、更に遡れば、大河ドラマ「風と雲と虹と」と、この頃の真野響子は、まだコミカルな役回りではなかった頃です。

 悪い人間が、でも悪いことしなくても、真っ先に犯人と思われ断定されていく過程。そして好き嫌いを別として、事実と照らし合わせて客観的にバイアスを取り除いて真実を浮き彫りにする切り口。主観と客観ということを考えさせられる映画でもありました。

春の雪

 映画「疑惑」を注文した時に、ついでに、これまで見たくても見逃したままの映画を、DVDで安く中古で入手できれば一緒に注文しようとAmazonで検索しました。

泉鏡花「外科室」 1992年に映画化
三島由紀夫「春の雪」 2005年に映画化

残念ながら「外科室」のDVDは中古でも1万円を超えていたので断念、「春の雪」は中古でリーズナブルな価格でしたので注文、そして届きました。 

 三島由紀夫の「豊穣の海」は

第一部『春の雪』
第二部『奔馬』
第三部『暁の寺』
第四部『天人五衰』

第二部「奔馬」は映画化されていませんが、同じ時代背景の「ラストサムライ」を2~3年前に中古で買って・・・買ったまま観ていないことを思い出しました。

 三島の作品は、学生時代に文庫本で揃えていましたが、何度か引っ越しする中で、誰かに譲渡したのか手元になく、豊穣の海はが収録されている新潮社の三島全集13と14を10年ほど前に買っています。

 「春の雪」が収録されている三島全集13の巻頭には、三島のモノクロの写真があります。

 小説「春の雪」で、最後の部分で、春の雪が降る奈良が舞台となって、そのシーンが印象的です。映画ではどのように表現されているか?こんどの週末にでもゆっくり観ようと思います。

疑惑

夏目漱石の小説「こころ」の中で、「先生」と「私」の間で財産や親戚の話題になったときに、「先生」が「私」に言った言葉が、「こころ」の中で私にとって印象的な箇所です。

「・・・悪い人間という一種の人間が世の中にあると君は思っているんですか。そんな鋳型いかたに入れたような悪人は世の中にあるはずがありませんよ。平生はみんな善人なんです。少なくともみんな普通の人間なんです。それが、いざという間際に、急に悪人に変るんだから恐ろしいのです。・・・」

   夏目漱石「こころ」二十八より

 漱石の「悪人は世の中にあるはずがない」の対局として、悪女を扱った邦画「疑惑」があります。桃井かおり演じる悪女が、犯人と疑われる中で、岩下志麻演じる女性弁護士が「悪女だけど、悪いことはしていない」、つまり犯罪を犯しておらず無罪であることを導くストーリーです。映画館に観に行った記憶もあり、その後テレビの放映を見た記憶もありますが、随分観ていません。

 正月休みに、映画「疑惑」のことを思い出して、急に観たくなって、アマゾンで中古を買いました。

「悪人は世の中にあるはずがない」という漱石に対して、映画・疑惑では、桃井かおり演じる「恐喝・傷害などで前科四犯の悪名高い女」が被疑者となった事件において、疑われても仕方がない状態で状況証拠が揃っている中で「実際には悪いことはしていない」というコントラストが印象に残っています。

この週末に、ゆっくり観たいと思っています。

初サイクリングと夕照

 春から秋にかけてサイクリングを楽しんでいますが、冬場は寒いので11月~3月はカバーを被ったままで自転車は越冬していました。昨年新しい自転車を買って、元日に妹夫婦から別々に自転車に乗ってるか尋ねられて・・・正月2日の日が穏やかだったので自転車のカバーをとって油を差したりタイヤに空気を入れたりしたのですが、風が冷たく整備だけで終わっていました。明日が二十四節季の「小寒」で寒の入りとなって、天気も崩れるとのことで、今年の「初サイクリング」を楽しむことにしました。

 風もなく、自宅からゆっくりと住宅地の中を走って国道2号線まで。此処からは明石海峡沿いを西に進みます。

 舞子公園に入って、明石海峡大橋をバックに記念写真

 自転車に乗っていると、こんな感じて海峡と、架け橋と、その向こうの淡路の島影を望むことができます。

 西舞子から朝霧までは、左手に海岸の堤防を横目で見ながら国道2号線を走ります。浜風が冷たく、手足の指先がかじかんできますが、でも着込んでいるので身体は汗ばんできました。

 大蔵海岸、ここままで約5キロです。

 5キロ走るとウェアの中は汗まみれになりましたが、手足の指先は、かなりかじかんでいます。無理せずに大蔵海岸で引き返しました。今日の往復の走行距離は11.2kmでした。

 自宅に戻ると、ウェアの中は汗まみれ、このまま垂水温泉・太平の湯へ直行しました。

 身体を動かして汗ばんだ後に、ゆったりと温泉につかって・・・年末に65キロ近くまで体重が増えていたのが、湯上がりに測ると62.95キロ、久し振りに62キロ台でした。湯上りに汗がひかず、冷たいものを飲むと、また全身から汗が・・・しばらく新聞を読んだりして休憩しました。

 ちょうど夕刻、夕陽が眩しかったので夕景の写真を撮りに舞子墓園へ向かいました。

 明石海峡を見下ろす高台から、沈もうとする夕陽が播磨灘をオレンジ色に染めて・・・左には海峡に架かる橋が夕陽を浴びて輝いていました。しばらく美しい夕照を眺めていました。

 オレンジ色に輝く海面の夕陽の帯の上を船が静かに行き過ぎました。 

中原中也の「山羊の歌」という詩集に収められている「夕照」という美しい詩・・・

丘々は、胸に手を当て
退けり。
落陽は、慈愛の色の
金のいろ。

原に草、
鄙唄(ひなうた)うたひ
山に樹々、
老いてつましき心ばせ。

かゝる折しも我ありぬ
小児に踏まれし
貝の肉。

かゝるをりしも剛直の、
さあれゆかしきあきらめよ
腕拱(く)みながら歩み去る。

 夕照、中原中也「山羊の歌」より

葉が落ちた木々が、墓園を囲んでいました。

こころ・・・殉死ということ

 明治時代の陸軍大将だった乃木希典は,西南戦争,日清戦争,日露戦争に従軍しており,日露戦争では,水師営においてロシアの将軍ステッセリと会見したことが唱歌『水師営の会見』となっています.

 乃木大将は妻・静子と共に明治天皇の大葬があった日に殉死しています.漱石の小説「こころ」の中で,漱石が乃木大将の殉死について書いています.

「私は殉死という言葉をほとんど忘れていました。 平生使う必要のない字だから、記憶の底に沈んだまま、 腐れかけていたものと見えます。妻の笑談を聞いて 始めてそれを思い出した時、私は妻に向ってもし自分が 殉死するならば、明治の精神に殉死するつもりだと 答えました。私の答えも無論笑談に過ぎなかったの ですが、私はその時何だか古い不要な言葉に新しい 意義を盛り得たような心持がしたのです。

 それから約一カ月ほど経ちました。御大葬の夜 私はいつもの通り書斎に坐って、相図の号砲を聞き ました。私にはそれが明治が永久に去った報知のごとく聞こえました。後で考えると、それが乃木大将の永久に 去った報知にもなっていたのです。私は号外を手にして、思わず妻に殉死だ殉死だといいました。

 私は新聞で乃木大将の死ぬ前に書き残して行った ものを読みました。西南戦争の時敵に旗をられて以来、 申し訳のために死のう死のうと思って、つい今日まで 生きていたという意味の句を見た時、私は思わず指を折って、乃木さんが死ぬ覚悟をしながら生きながらえて来た年月を勘定して見ました。西南戦争は明治十年ですから、明治四十五年までには三十五年の距離があります。乃木さんはこの三十五年の間死のう死のうと思って、死ぬ機会を待っていたらしいのです。私はそういう人に取って、生きていた三十五年が苦しいか、また刀を腹へ突き立て一刹那が苦しいか、どっちが苦しいだろうと考えました。

 それから二、三日して、私はとうとう自殺する決心をしたのです。私に乃木さんの死んだ理由がよく解らないように、あなたにも私の自殺する訳が明らかに呑み込めないかも知れませんが、もしそうだとすると、それは時勢の推移から来る人間の相違だから仕方がありません。あるいは箇人のもって生れた性格の相違といった方が確かかも知れません。私は私のできる限りこの不可思議な私というものを、あなたに解らせるように、今までの叙述で己れを尽したつもりです。

 私は妻を残して行きます。私がいなくなっても妻に衣食住の心配がないのは仕合せです。私は妻に残酷な驚怖を与える事を好みません。私は妻に血の色を見せないで死ぬつもりです。妻の知らない間に、こっそりこの世からいなくなるようにします。私は死んだ後で、妻から頓死したと思われたいのです。気が狂ったと思われても満足なのです。

     「こころ」夏目漱石 より
             

ビートルズがやってくる

朝ドラの「ひよっこ」・・・ラジオ工場の倒産で,赤坂のレストランで働くようになって,そのレストランで働く主人公・みねこ宛てに電報が届きました.「ビートルズ ガ ヤッテクル」

 ビートルズのアルバム「A Hard Day’s Night」 

 このアルバムの邦題が「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」です.

 久し振りにCD棚から取り出して,ビートルズを聴いています.

マグナ・カルタ

今朝はJRの高架沿いを歩きました.イースター島のモアイ像を思わせるJR高架の補強のコンクリートの出っ張り,その向こうにJR神戸線・灘駅前の高層マンションが朝日を浴びて輝いています.なんとなくアンバランスな光景です.

 今日6月15日はマグナ・カルタが制定された日です.

マグナ・カルタはラテン語で,英語ではthe Great Charter of the Liberties(自由の大憲章)です.法の支配の第一歩という漠然とした記念塔のようなイメージがありましたが,実際には悪王と呼ばれているイングランドのジョン王が,大陸のフランス内の領地を戦で失ったにもかかわらず,ふたたび戦を仕掛けて敗れたためにジョン王は国民全体から信頼を失ったそうです.ジョン王は退位するか処刑されるか・・・結局ジョン王は,王の権限を制限する文書に承諾することによって事態を収拾したそうです,それがマグナ・カルタです.

 悪王の王権を制限することによる制裁のような感じですが,でもマグナカルトには「法の支配」や「民主主義」の原型というイメージがあるように思います.

 かなり以前,大英博物館展のような特別展で買った「マグナ・カルタ」です.

 この中にマグナ・カルタの謄本の写真があるのですが,小さな字でしっかり目にしたことがありませんでした.職場の先輩が調べてくれて英語ではなくてラテン語で書かれていることを教えてくれました.

 英語訳の聖書として有名なジェームス王訳(欽定訳)聖書が1611年です.マルティン・ルターのドイツ語訳聖書が1534年です.中世における公式な言語はラテン語であった時代なんだなあ~と気づきました.

 考えると日本でも,平安時代は漢文・・・言ってみれば中国語です.言文一致で書き表された二葉亭四迷の「浮雲」が明治20年頃,聖書はまだ文語訳で口語訳聖書が出るのが戦後です.話し言葉で書かれものとして落語の速記本が当時は売れたようです.

今日,6月15日は兵庫県知事の公示日です.テレビや新聞では東京都議選に関するニュースに触れることが多く,兵庫県知事よりも東京都知事をテレビで見ることの方がずっと多いです.選挙の争点もマスコミを通して伝わってくることなく,はるか彼方の東京の豊洲市場問題やオリンピックに関するニュースはどんどん入ってくること違和感を感じます.