桜の絨毯

 昨夜の神戸は春の嵐が通り過ぎました.未明まで警報が出ていましたが,朝になると時折雲の切れ間から陽射しを見ることができました.

 桜の木は,風と雨でほとんどの花が落ちていました.新生田川沿いの桜並木を探すと,まだ花開いている桜もありますが,背景に写り込むのは葉桜ばかりです. 

 花びら(花弁)が落ちて,がく、花冠、おしべ、めしべが付いた花床が,朝日に輝いています.

 桜並木の下は,昨晩の春の嵐で落ちた桜の花びらが,桜の絨毯のように広がっていました. 
  

 これからは躑躅(つつじ)の花が春の陽光に輝く季節となります.

 夜,ニュースを見ていると速報が画面に表示されました.

「英メイ首相 議会の解散・総選挙を表明「国民にEU離脱方針の信を問う」

 マレーシアでの金正男の殺害,シリア軍の化学兵器使用疑惑,米軍によるシリアへのミサイル攻撃,北朝鮮のミサイル発射と国際情勢が安定しているとは言えない情勢の中で,英国のEU離脱に関して動きがありました.

満開の桜の木の下で・・・

今朝のニュースで,神戸は今日が染井吉野の満開とのこと,薄曇りでしたが,今日の夕方から明日は雨とのことで,三ノ宮駅で降りて,一駅分を歩きながら桜の花を撮ることにしました.

 三ノ宮駅東口のスクランブル交差点から,まっすぐ東に旧西国街道の道筋が続いています.

 新生田川沿いの桜並木は満開でした.ちょうど雲の切れ目から朝日が射し込んで,桜の花びらをやさしく輝かせていました.

 更に東に歩いて,旧臨港線跡の遊歩道沿いの桜並木も見事でした.

 薄曇りだったのが,朝日が射し込んで,パッとあたりが輝いたように華やかになりました.

 どこまでも続く満開の桜の木に下で,何枚も写真を撮りました.

 しばらくすると朝日が雲に隠れてしまいました.此処に臨港線の線路があり,東海道本線から分かれて神戸港との間を貨物列車が行き来したのは,もう昔話です.線路がはがされてから10年近くの歳月が流れます.
 

霧・靄・霞

 霧(きり),靄(もや),霞(かすみ)・・・なんとなく同じような情景をイメージしますが,それぞれの言葉の指し示す意味・内容には違いがあるようです.

 霧(きり)と靄(もや)は,大気中の水蒸気が微小な水滴がとなって浮遊しして視界が悪くなる現象のことだそうで,厳密には視程1km未満の状態を霧(きり),視程1km以上10km未満が靄(もや)だそうです.更に霧(きり)に関しては,視程が陸上で100m以下、海上で500m以下だと濃霧と言うそうです.

 それに対して霞(かすみ)は,空気中の水滴やその他の粒子によって視界が悪い状態だそうで,霧(きり)と靄(もや)は気象用語なのに対して霞(かすみ)は気象用語ではないそうです.

 俳句の季語では,春は霞(かすみ),秋は霧(きり)なので,今の季節は霞です.

 今朝,神戸は濃い霞に包まれました.海に近い垂水の住宅地では早朝から視界が極端に悪い濃霧状態でした.

 霞に包まれた明石海峡大橋の写真を撮ろうと大蔵海岸に向かいました.海上は更に濃い霞に包まれて,海岸近くの海面以外は霞だらけでした.この先に明石海峡大橋を正面に見ることが出来るのですが・・・

 釣りを楽しむ人も今朝は少なく,10mほど離れると,もう霞に包まれたような感じです.

 こちらの方向には明石海峡を挟んで淡路島の島影が横たわっているのが目の前に広がっているのですが,霞で見えません.

 朝霧川の河口,川幅が20~30mありますが,霞で川の対岸が霞んでいます.国道28号線沿いのマンションの高層階が霞で隠れています.

朝の街の貌

 今朝は快晴,ちょっと冷え込みましたが,本務校の最寄り駅・JR神戸線灘駅の2駅手前の元町駅で降りて,カメラを片手に朝の神戸の街を散策しました.

 元町駅の東には,南北に鯉川筋という道路があります.もともとは鯉川という川が流れていたそうですが,明治初期に外国人居留地をつくるときに暗渠となって,川筋に沿って南北の道路が出来たようです.

 JRの高架沿いに東に進むと,トアロードを超えていくたロード,此処は生田神社の参道になります.望遠でいくたロードの向こうに見える生田神社をクローズアップ

 三ノ宮駅の東口にはバスターミナルが2つありますが,関西国際空港と伊丹空港(大阪空港)へ向かうエアポートバスは三ノ宮駅の西口に独立したバス乗り場があります.関西国際空港向けのバスが停まって,伊丹空港行のバスを待っている人が行列をつくっていました,

 JR三ノ宮駅の中央改札口近くのセブンイレブンです.ここは24時間営業ではなくて朝6時半オープンです.ちょうど開店のためにシャッターがオープンしている途中でした.

 三ノ宮駅東口の近くにある格安チケットの自動販売機,2台並んでいます.ヴァラエティーに富んだ品揃えで便利です.

 新生田川を渡って大安亭市場,早朝から開いている八百屋さんがありました.

大安亭市場の中に業務スーパーがあるのですが,店先の自動販売機は50円・80円の格安販売機でした.

 大安亭市場を北に,JRと阪急の高架を超えて,朝の住宅地に入りました.此処に「国体道路」が東西に走っています.王子陸上競技場をメイン会場に国体兵庫大会があった時につくられた道路だそうです.

 筒井八幡神社の横に公園があり,やっと一部の桜の花が咲き始めていました.朝日を浴びて輝いていました.

 国体道路沿いの洋食屋さん「なんじゃろ」,以前は時々ランチをしに来ていましたが,職場からちょっと距離があり,また坂を上るので,最近はご無沙汰しています.

 彼方此方立ち寄りながら朝の1時間,神戸の街を散策すると・・・汗ばみました.

就業情報ターミナル

 学生から最初の社会人になった時は,出退勤の管理は,オーソドックスなタイムカードでした.社員通用口に警備会社の担当者が常駐して,そこにタイムカードがあって出退勤時に打刻していました.

 その後,何度か転退職をして・・・今の職場は,旧態依然とした出勤簿への押印でした.過去形で表現したのは昨年度末,3月31日までが出勤簿への押印で,今日4月3日から出退勤の管理が変わりました.

 出勤簿への3月31日の箇所への最後の押印・・・

 そして今朝は職員証のFelicaカードを入り口でかざしてピッ!という音で確認です. 職場に導入されたのはアマノ(株)の就業情報ターミナルSX-100です.

 帰宅時も職員証をかざして帰路へ・・・

プレミアムフライデー

 毎月末金曜日(フライデー)に、普段よりもプレミアムな生活を推奨する個人消費喚起キャンペーンとして,先月の2月24日より実施されたプレミアムフライデーは,午後3時に仕事を終えて,夕方に買い物や旅行などに充てて消費を活性化するものです.

 先月の最初のプレミアムフライデーは堪能できませんでしたが,今日は,先月の分も併せて2回分のプレミアムフライデーを堪能できるように午後2時に職場を出ました.

 昨日,垂水駅の高架下商店街の「プリコ垂水」がリニューアルオープンしました.出勤する早朝の時間帯からリニューアルオープンのセレモニーの準備をしていました.

 昨日は残念ながら立ち寄れませんでしたので,今日プレミアムフライデーは真っ先に向かいました.結構な人混みです.

 リニューアル前は,それほど人通りがなかったように思いますが,各店がオープニングセールをしていて賑わっていました.

 一番奥にレンタルビデオの店があって,リニューアルオープンを機に,再び会員になって週末に観るDVDを借りようと思っていたのですが,リニューアル後はレンタルビデオの店はなくなって,大きな書店になっていました.ほかにも5000円程度で眼鏡をつくった店も撤退していました.

 銀行に立ち寄ってATMでお金をおろして,次に向かったのは「垂水廉売市場」です.ここを通るのは久し振りです.

 麺を売っている店があって,此処の面が美味しくてお気に入りでしたが,久し振りです.ただ今日は買いませんでした.

 「垂水廉売市場」とつながっている大きなアーケード商店街「垂水センター街」です.御影屋,ここの焼き豚は人気があります.

 散髪をしました.中途半端な時間帯でしたが,待ちました.

 垂水センター街には野菜を売る店が増えています.秋から冬にかけて台風や大雨で野菜が高騰していましたが,やっと安くなったようです. 

 最後にリカーショップに立ち寄りました.

 お昼過ぎから雨が降り続いて,近道をして住宅の狭間の私道のような道を通ると,舗装されておらず,ぬかるんでいました.

 玄関脇のスズラン水仙が,雨に濡れて輝いていました.

北区

 神戸市は現在,垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区・北区・西区の9つの区で構成されています。1956年(昭和31年)に政令指定都市となった時点では,垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・生田区・葺合区・灘区・東灘区の8区で,全部の区が海に面していました.その後,兵庫区から北区が分かれ,生田区と葺合区が合併して,そして垂水区から西区が分かれて,現在の9区となって,北区と西区が海に面していません.

 通勤で垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区は通っています.大阪や京都に出掛ける時は東灘区を通ります.またJAの直販の野菜を買いに西区にも時々向かいます.

 北区は・・・普段は通ることも稀です.今朝は西区ではなくて足を延ばして北区で野菜を買うことにしました.

 信号で停まって,ふと車窓からの眺めが気に入って,慌ててカメラを向けました.まだ西区です.伊川沿いの前開辺りです. 

 

 漠然と北区に向かいましたが,普段行き慣れないので何処に向かえば良いか?とにかく北に向かいました.

 県道65号線をフルーツフラワーパークまで,此処で右折して桜が丘・秋葉台を抜けて木幡駅南の交差点から県道22号線を神戸電鉄粟生線沿いを西へ.押部谷駅を超えて西盛口の交差点を右折して県道83号線を北へ,笠松峠を左折せず,まっすぐに・・・此処を通るのは久し振りです.

 三津田の交差点で県道85号線へ.この道は三宮から,つくはら湖畔経由で小野や庭木へ向かう神姫バスが通る道路です.吞吐ダムの下流の志染川沿いを北西に御坂の交差点.何年か前に御坂サイフォン橋を見に来て以来です.御坂の交差点から県道38号線を,こんどは東へ向かいました.

 途中に「ひょうご情報公園都市」の表示があります

 もう10年以上前からのですが,いったい「ひょうご情報公園都市」って何だろう?と立ち寄ってみました.

 広い敷地に工場が点在していました.公園を探すと・・・確かにありました.

 県道38号線に戻って加古川水系の淡河川をさかのぼるように道なりに進みました.ちょうど御坂のサイフォン橋の上流で志染川と淡河川が合流しています.

 しばらく進むと淡河の集落となって淡河本町の交差点近くにある「道の駅・淡河」に到着しました.此処に来るのは4~5年ぶり,或いは6~7年ぶりかもしれません.記憶を辿っても最近此処に来た記憶がありません.

 道の駅の中の直販所で野菜を買って・・・

 淡河まで来たのは,もう一つ目的がありました.途中で思い出したのですが,久し振りに「豊助まんじゅう」を買いたくなって満月堂に向かいました.淡河本町の東側です.
  

 残念ながらお休みでした.


 
 帰路は淡河本町を南に向かって国道428号線を南下しました.淡河は六甲山系の山並みから,更にシビレ山・丹生山・帝釈山・稚子ケ墓山・大蔵山の山並みを越えた処になるので山道を上ることになります.

 山越えの道を終えて旧山田村の集落で県道85号線を西へ,志染川沿いを下って,つくはら湖方面へ走ります.

 坂本の交差点を南下して山越えの道です.シブレ山と長坂山の間の山道を超えると北区から西区となって,神粟生線の木津駅の東側を通って,見津が丘の工場団地を向けて押部谷町木見の集落へ.

 県道22号線を超えて木見の交差点から県道52号線で峠越えの道です.峠を越えると櫨谷川沿いを走ります.右手に満福寺,この寺は端谷城趾になります.

 福谷東の交差点を左折して県道65号線に入るつもりが,うっかり直進してしまいました.そのまま櫨谷川沿いの県道52号線を南下して,途中櫨谷小学校の横,川重の向上の横を通って,高津橋の交差点を左折して県道21号線を東へ.

 第二神明道路の大蔵谷IC手前の交差点を右折して舞子・大門の交差点へ向かうつもりが信号が黄色に変わって,交差点の中で前の車がつかえていて信号が赤になってしまって,やむなく明石方面へ向かいました.大蔵谷ICの西側には交差点と信号が乱立して信号の変わり目には神経を使います.

 仕方なく朝霧川沿いを南下して「大蔵海岸中」の交差点を左折して国道28号線,そして朝霧駅南の狩口の交差点で国道2号線に入って海岸線沿いを東へ.舞子駅前の交差点を左折して県道487号線を北へ,舞子小学校の交差点を右折して,舞子墓園内を通って,ショッピングプラザ「エスパ星陵台」へ.

 ここのホームセンター・アグロで花の苗と種を買いました.
 

 自宅に戻って苗を植えて種を撒きました.

春の灘駅

 うららかな春先の一日,お昼にクリニックに行きました.昨日訪れたのですが待っている人がいっぱいだったので翌日(今日)に予約を入れていました.待っている人がいましたが予約していたので先に診察していただけました.薬局に寄って薬を貰って・・・

 JR神戸線・灘駅の近くは,風は少々冷たかったですが,春の陽射しで輝いていました.

 桜のつぼみが大きく膨らんで・・・神戸の開花予想日は3月26日だそうです.

 駅の北口広場の花壇の菜の花が,春の陽射しに輝いて,眩しいぐらいです.

 ふと見ると・・・一本の桜が開花しています.ほぼ満開です.淡い桜の花が春の陽光で柔らかく映えています.

 弁当屋さんを見つけました.朝夕の通勤時間帯には営業していないようで,今まで気付きませんでした.

 今日は弁当を持ってきていなかったので,昼食はこの店の弁当にしました.注文を受けてからつくるようで,前の一人のお客さんの分が出来てから調理がはじまりました.今日は鶏のから揚げ,目の前で揚げているのが見えます.結局10分ぐらい待ちました.

 結構ボリュームがありました.これで550円です.

明日は酢豚弁当だそうで魅せられますが,毎日この弁当を食べているとカロリーオーバーだと思うので,明日はおとなしく弁当を食べます.

 半月前の淡路行きのページを作成しました.
http://itsumi.citykobe.jp/20170309/