夕方のサイクリング

 今日の神戸は朝から快晴・・・早引けをして遅い午後の期間帯にサイクリングを楽しみました.

 3時半頃に自宅に戻って,すぐ着替えて自転車で西へ・・・舞子海岸から山田川を渡って大蔵海岸,明石の町を通り過ぎて,明石浦漁港を通り抜けて明石川を渡って・・・そして林崎漁港を走り抜けて,播磨灘沿いの海岸線に沿って県道554号姫路明石自転車道線へ,いつもは早朝に,背に朝日を浴びながら走るのですが,久し振りに南西の太陽に向かって走りました.

 明石の江井ヶ島海岸まで片道約15キロ,1時間弱です.朝だと逆光気味で,また霞がかかって江井島から明石海峡大橋をクッキリと眺めることはないのですが,夕方は架け橋に西日があたって江井島海岸からもクッキリと見ることが見ることが出来ました.

 帰路,日が西に傾き・・・海峡越しに見る淡路が黄色く霞んで見えるのは黄砂の影響だと思います. 

 林崎海岸の西側・・・砂浜の一面のハマヒルガオの淡い花に西日があたって綺麗でした.写真の向こうに見える山影は淡路の島影になります.

今日は江井ヶ島海岸までの往復・31キロでした.

  脂肪燃焼  43分
 有酸素運動 59分
 無酸素運動 35分
 最大強度  01分
 
 歩数換算 11914歩
 消費カロリー2144キロカロリー

明日は小満

今日は朝から快晴,旧・西国街道を三ノ宮駅から東に向かって・・・

左手には,住宅地まで迫っている六甲山系を眺めることが出来ます.ちょうど阪急春日野道駅に電車が停まっていました.

 建替え中のビル・・・

 東向きに歩いていると,歩道に反射した陽光が眩しく反射して光り輝いているように見えました.

旧西国街道

 朝,本務校の最寄り駅であるJR神戸線・灘駅の一駅手前の三ノ宮駅で降りて,一駅分を約30分で歩いています.5月中旬となって,勤務校に辿り着く頃には汗ばむようになりました.

 JR三ノ宮駅東口のスクランブル交差点を渡ってすぐの処・・・早朝に時々窓拭きをしている光景を見掛けます.

 新生田川を渡って,アーケード商店街の大安亭の南口を横目で見て...少し歩くと浜側に大きなガスタンクがあります.阪神春日野道の駅前,数年前まで川崎重工の西山記念館も近くにありました.戦後は川重の製鉄所がこの浜側にあって住宅や店舗が混在した地区で賑やかだったようです.

 更に歩くと・・・住友ゴムの技術センターです.震災で工場が倒壊して,今は工場はありません.その住友ゴムの建物を右手に,南北の路地に向こうに六甲山系の山並が迫っています.道の正面は蒲鉾屋さんです. 

 大阪湾の海と,六甲山系の山並に挟まれた神戸の市街地を歩いて,本務校に辿り着く頃には汗ばむようになりました,あと1週間で二十四節気小満,万物が次第に成長して一定の大きさに達して来る季節であり,麦畑が緑黄色に色付き始める季節です.

そして今日・5月15日は,45年前に沖縄が日本に返還された日です.ドルから円,そして車は右側通行から左側通行へ・・・

桜の絨毯

 昨夜の神戸は春の嵐が通り過ぎました.未明まで警報が出ていましたが,朝になると時折雲の切れ間から陽射しを見ることができました.

 桜の木は,風と雨でほとんどの花が落ちていました.新生田川沿いの桜並木を探すと,まだ花開いている桜もありますが,背景に写り込むのは葉桜ばかりです. 

 花びら(花弁)が落ちて,がく、花冠、おしべ、めしべが付いた花床が,朝日に輝いています.

 桜並木の下は,昨晩の春の嵐で落ちた桜の花びらが,桜の絨毯のように広がっていました. 
  

 これからは躑躅(つつじ)の花が春の陽光に輝く季節となります.

 夜,ニュースを見ていると速報が画面に表示されました.

「英メイ首相 議会の解散・総選挙を表明「国民にEU離脱方針の信を問う」

 マレーシアでの金正男の殺害,シリア軍の化学兵器使用疑惑,米軍によるシリアへのミサイル攻撃,北朝鮮のミサイル発射と国際情勢が安定しているとは言えない情勢の中で,英国のEU離脱に関して動きがありました.

満開の桜の木の下で・・・

今朝のニュースで,神戸は今日が染井吉野の満開とのこと,薄曇りでしたが,今日の夕方から明日は雨とのことで,三ノ宮駅で降りて,一駅分を歩きながら桜の花を撮ることにしました.

 三ノ宮駅東口のスクランブル交差点から,まっすぐ東に旧西国街道の道筋が続いています.

 新生田川沿いの桜並木は満開でした.ちょうど雲の切れ目から朝日が射し込んで,桜の花びらをやさしく輝かせていました.

 更に東に歩いて,旧臨港線跡の遊歩道沿いの桜並木も見事でした.

 薄曇りだったのが,朝日が射し込んで,パッとあたりが輝いたように華やかになりました.

 どこまでも続く満開の桜の木に下で,何枚も写真を撮りました.

 しばらくすると朝日が雲に隠れてしまいました.此処に臨港線の線路があり,東海道本線から分かれて神戸港との間を貨物列車が行き来したのは,もう昔話です.線路がはがされてから10年近くの歳月が流れます.
 

霧・靄・霞

 霧(きり),靄(もや),霞(かすみ)・・・なんとなく同じような情景をイメージしますが,それぞれの言葉の指し示す意味・内容には違いがあるようです.

 霧(きり)と靄(もや)は,大気中の水蒸気が微小な水滴がとなって浮遊しして視界が悪くなる現象のことだそうで,厳密には視程1km未満の状態を霧(きり),視程1km以上10km未満が靄(もや)だそうです.更に霧(きり)に関しては,視程が陸上で100m以下、海上で500m以下だと濃霧と言うそうです.

 それに対して霞(かすみ)は,空気中の水滴やその他の粒子によって視界が悪い状態だそうで,霧(きり)と靄(もや)は気象用語なのに対して霞(かすみ)は気象用語ではないそうです.

 俳句の季語では,春は霞(かすみ),秋は霧(きり)なので,今の季節は霞です.

 今朝,神戸は濃い霞に包まれました.海に近い垂水の住宅地では早朝から視界が極端に悪い濃霧状態でした.

 霞に包まれた明石海峡大橋の写真を撮ろうと大蔵海岸に向かいました.海上は更に濃い霞に包まれて,海岸近くの海面以外は霞だらけでした.この先に明石海峡大橋を正面に見ることが出来るのですが・・・

 釣りを楽しむ人も今朝は少なく,10mほど離れると,もう霞に包まれたような感じです.

 こちらの方向には明石海峡を挟んで淡路島の島影が横たわっているのが目の前に広がっているのですが,霞で見えません.

 朝霧川の河口,川幅が20~30mありますが,霞で川の対岸が霞んでいます.国道28号線沿いのマンションの高層階が霞で隠れています.

朝の街の貌

 今朝は快晴,ちょっと冷え込みましたが,本務校の最寄り駅・JR神戸線灘駅の2駅手前の元町駅で降りて,カメラを片手に朝の神戸の街を散策しました.

 元町駅の東には,南北に鯉川筋という道路があります.もともとは鯉川という川が流れていたそうですが,明治初期に外国人居留地をつくるときに暗渠となって,川筋に沿って南北の道路が出来たようです.

 JRの高架沿いに東に進むと,トアロードを超えていくたロード,此処は生田神社の参道になります.望遠でいくたロードの向こうに見える生田神社をクローズアップ

 三ノ宮駅の東口にはバスターミナルが2つありますが,関西国際空港と伊丹空港(大阪空港)へ向かうエアポートバスは三ノ宮駅の西口に独立したバス乗り場があります.関西国際空港向けのバスが停まって,伊丹空港行のバスを待っている人が行列をつくっていました,

 JR三ノ宮駅の中央改札口近くのセブンイレブンです.ここは24時間営業ではなくて朝6時半オープンです.ちょうど開店のためにシャッターがオープンしている途中でした.

 三ノ宮駅東口の近くにある格安チケットの自動販売機,2台並んでいます.ヴァラエティーに富んだ品揃えで便利です.

 新生田川を渡って大安亭市場,早朝から開いている八百屋さんがありました.

大安亭市場の中に業務スーパーがあるのですが,店先の自動販売機は50円・80円の格安販売機でした.

 大安亭市場を北に,JRと阪急の高架を超えて,朝の住宅地に入りました.此処に「国体道路」が東西に走っています.王子陸上競技場をメイン会場に国体兵庫大会があった時につくられた道路だそうです.

 筒井八幡神社の横に公園があり,やっと一部の桜の花が咲き始めていました.朝日を浴びて輝いていました.

 国体道路沿いの洋食屋さん「なんじゃろ」,以前は時々ランチをしに来ていましたが,職場からちょっと距離があり,また坂を上るので,最近はご無沙汰しています.

 彼方此方立ち寄りながら朝の1時間,神戸の街を散策すると・・・汗ばみました.

就業情報ターミナル

 学生から最初の社会人になった時は,出退勤の管理は,オーソドックスなタイムカードでした.社員通用口に警備会社の担当者が常駐して,そこにタイムカードがあって出退勤時に打刻していました.

 その後,何度か転退職をして・・・今の職場は,旧態依然とした出勤簿への押印でした.過去形で表現したのは昨年度末,3月31日までが出勤簿への押印で,今日4月3日から出退勤の管理が変わりました.

 出勤簿への3月31日の箇所への最後の押印・・・

 そして今朝は職員証のFelicaカードを入り口でかざしてピッ!という音で確認です. 職場に導入されたのはアマノ(株)の就業情報ターミナルSX-100です.

 帰宅時も職員証をかざして帰路へ・・・