涼風

二十四節気の立秋は、8月の中旬頃で、その中で七十二候では、立秋(初候)として「涼風至(すずかぜいたる)」が最初の5日間です。ただ真夏の時期で、上空の雲や早朝や深夜に秋の「気配」を感じても、まだまだ暑い時節で、朝夕に涼風が吹き抜けるのは「暑さ寒さも彼岸まで」と云われる彼岸頃・・・でも温暖化の影響なのか、その後も残暑が続きました。そしてようやく今日は朝から「涼風」が吹いて、早朝に半袖では寒さを感じました。

 静岡を自転車で走ったのが8月の下旬、その後は自転車はカバーが掛ったままでした。今朝、久し振りにカバーをとってメンテナンス、そして久し振りに休日の朝のサイクリングを愉しみました。

 朝7時過ぎに自宅を出て、舞子海岸まで住宅地の中をゆったりと走りました。

 舞子公園から眺めた、朝日に輝く明石海峡大橋です。

 明石海峡を左手に眺めながら、海沿いの国道2号線を西へ、大蔵海岸を経て明石の市街地を走り抜けて、大観橋を渡ると、大観橋の西詰から県道554号姫路明石自転車道線です。明石市の東側は、砂浜沿いを走る「明石・浜の散歩道」です。

 久し振りのサイクリングですので、いつもよりゆったり目に走って、自宅から約15キロの江井ヶ島海岸まで約1時間でした。椰子の木がすっかり手入れされてサッパリしていました。

 江井ヶ島には、日本酒「神鷹」の江井ヶ島酒造があります。ここではウィスキーも醸造しています。

 山陽電車の西江井ヶ島駅の西側・・・線路沿いに細い道があり「線路づたいの細い道」の光景、なんだか落ち着く風景です。

 江井ヶ島の住宅の一角に田んぼがあり、稲刈り後の田んぼにヒコバエがすくすくと育っていました。

 再び海岸線沿いの自転車道・・・淡路島と播磨灘の上空に雲の帯が横たわっていました。

 大蔵海岸まで戻ると、明石海峡の向こう、大阪湾の上空は低い雲で覆われていました。

 10時頃に自宅に戻って、約3時間で40キロほど走りました。すぐにシャワーを浴びて汗を流して、まだまだ昼間は暑く麦茶が美味しかったです。

梅雨明け

神戸の梅雨入りが平年よりも21日も遅い6月26日で、梅雨明けが平年より3日遅い7月24日でした。昨年の梅雨明けが7月9日だったで、昨年より半月ぐらい梅雨明けが遅れたことになります。

 今朝は6時前に自宅を出て、久し振りに自転車で海岸沿いを西へ向かいました。舞子公園から見た明石海峡大橋です。もやっと霧がかかったようで、淡路島側の主塔は霧の中に霞んでい見えます。

舞子から朝霧を経て、明石の市街地を自転車で走り抜けて、明石川右岸からサイクリングロード。まだ早朝なので、ジョギングやウォーキングを楽しむ人は少なかったです。

松崎海岸です。砂浜の東の端は海水浴場になって、海の家もあるのですが、この辺りの砂浜は静かです。

江井ヶ島を経て・・・久し振りのサイクリングなので無理をせず片道約20キロ走って。住吉辺りでUターンしました。林崎漁港です。林崎の「は」を丸で囲んだ旗印が「マルハ」です。

明石・大蔵海岸から明石海峡越しに大阪湾方面の眺めです。海峡は霞んで明石海峡大橋も霧の中に埋もれていました。

 海面が朝日に輝いて、周囲の光景は、テトラポット越しに霞んだ、ちょっと幻想的な光景です。

今朝の走行距離は40.0km,平均速度18.7km/hでした。

3時間弱走って、最高脈拍数170bpm、平均脈拍数120bpm、消費カロリーは940kcal

 有酸素運動と鵜酸素運動のバランスもまずまずでした。

週末

この週末・・・土曜日は、朝一番に垂水温泉・太平の湯へ。

 ほぼ一時間で、入浴前と入浴後の体重差が700g、温泉で汗を700mlかいたことになります。入浴前と、途中、そして入浴後に合計1リットルの麦茶を飲んで水分補給しました。

 心拍数の変化が、入浴直後から30分経過頃まで、緩やかに上昇して、その後水分補給の為にロッカールームに出た時に脈拍数が下がって、また緩やかに上昇・・・平均脈拍数が117bpmで消費カロリーが174kcalということは、小さな菓子パン一個分ぐらいです。

昨日の日曜は、朝起きると雨・・・結局、家で夕方までゆったり過ごしました。

 活動量計では、朝から夕方まで、「こころのバランス」がほぼリラックス状態で、その後就寝時刻までリラックス状態が続き、結局昨日は11時間21分もリラックスしたいたことになります。仕事をしている普段の平日では、リラックスモードの時間が皆無の時もあるので、昨日はゆっくり身体も心もリラックスできたようです。

 今朝は、JR神戸線の元町駅で降りて、本務校まで2駅分を歩きました。元町のケーニヒスクローネのホテルの前を歩いている時は、まだ辺りは真っ暗でした。

 そして三ノ宮駅を過ぎて、東の空が白んできて、夜明けを感じる光景です。国道2号線に架かる歩道橋の上からの眺めです。

 お年玉付き年賀はがきの当選番号の発表が昨日ありました。早速今日のお昼休みに郵便局に引き換えに行ってきました。

朝のひととき

未だ空いている早朝の電車に座って、JR神戸線の元町駅で降りました。

元町商店街を通って、神戸の中華街「南京町」へ・・・高圧ナトリウムランプで照らし出された朝の誰もいない南京町は幻想的です。高圧トリムランプの色温度は2050ケルビンですので、昼間とは別世界のような光景です。

神戸の街を夜には通り雨があったのか、濡れた歩道に信号機の青いランプが輝いていました。

 ケーニヒスクローネのホテルです。

平日の夕方や休日は人混みで溢れる三ノ宮センター街ですが、早朝の静かな光景は、また違った貌を見せて、雰囲気も異なります。

三ノ宮の地下にある「味ののれん街」食べ処が並んでいる通りで、普段は人通りが絶えませんが、でもシャッターが開いた直後は、静かです。

 JR神戸線の高架沿いの南側を本務校に向かって歩いていると、東の空が白み出しました。電車が通り過ぎて、これから一日が始まるんだなあ~という感じがしました。

朝焼けへの道

 今朝はJR神戸線の元町駅で降りて、2駅分を歩きました。元町駅を降りた頃は、まだまだ街全体は真夜中のようで、静かな街中を業務用のゴミ回収車が店舗からのゴミを回収していました。

 大丸神戸店近く・・・大きな電飾広告の光が、歩道を赤く染めていました。

 三ノ宮です。駅のホームは蛍光灯の光が闇の中に浮かんでいました。

そして7時少し前、この時期がもっとも日の出の時刻が遅く日の出の10分前ぐらいです。

ビルの合間から、東の空ウロコ雲が、朝焼けで綺麗でした。「一日のはじまり」を実感させられる光景です。

 仕事帰りに立ち寄ったスーパーの一角で、特設の売り場が出来ていました。チョコレート・・・バレンタイン向けの特設売り場のようです。

発芽

 西向きの玄関脇に、小さな植え込みがあります。日当たりが良くないのですが、冬の柔らかい陽光が隣近所の家々の隙間から、玄関脇の植え込みに射し込んでいました。

 水仙の芽がスクスクと芽吹いていました。年末には気付きませんでしたが、年末から正月三ケ日の穏やかな日和で、一気に芽吹いたのかもしれません。

大晦日

 大晦日の午後、丘を降りて垂水駅前へ・・・垂水センター街の大晦日の人出です。

 センター街の八百屋さん、結構安いので時々買いますが、今日は店の外にも商品を並べて人だかりがしていました。

 垂水廉売市場です。昔の年末は、此処に入れないほど混雑していました。魚屋さんやお菓子屋さんの店頭には正月向けの商品が並んで、魚屋さんには地元明石の鯛の塩焼きが並んでいました。

 垂水港に面した海神社、昔の垂水村の中心だった処だったようで、初詣には参拝客でごった返します。大晦日は屋台の準備等で、人影はまばらでした。

 賽銭箱も初詣モードです。賽銭箱はブルーシートで覆われていました。今日の大晦日に参拝した人のお賽銭はどうなるんだろうなあ~と、ふと疑問がよぎりました。

 垂水の街の老舗の蕎麦屋さんです。迎えに本屋さんがあって、この蕎麦屋さんの店の前は、子供時代からよく通っていましたが、この蕎麦屋さんに入ったことはありません。その本屋さんも、今年閉店してしまいました。

「神戸ルミナリエ」と「垂水」を掛け合わせたようなネーミングの「タルミナリエ」のイルミネーションです。

 今年も1年が終わろうとしています。

老健

 父親が本日退院。倒れて救急搬送されましたが、大事なしということで2泊で退院の予定が、退院前日に病院で転倒して骨折、結局手術となって4週間入院することになってしまいました。

 最初は救急外来の病棟で相部屋、転倒して骨折してから一人部屋に移って、手術後は整形外科の病棟の個室でした。

 昼食を食べて午後一番に退院、そのまま老健に直行となりました。

老健とは介護老人保健施設のことで、病院に入院していたことがある人が、そのまま自宅で生活することが困難な場合に、一時的に入所する介護施設であり、リハビリをしながら自宅での生活を目指す処です。

 エレベータの中に面会者向けのメッセージとして「エレベータ利用時には暗証番号が必要です」と書かれていました。入所者が、勝手に施設の外に出ないようになっています。

 エレベータのボタンの下に、暗証番号を入力する機器が取り付けられていました。