朝焼け

 朝、自宅を出て、駅に向かって東向きの坂道の上の東の空が、朝焼けで綺麗でした。

 駅前に辿り着くと、東の空がオレンジ色に染まっていました。

 朝、自宅から出ると灼熱の夏の太陽に照りつけられて、駅まででたっぷり汗をかいていた今年の夏・・・でも今朝は、曇り空で、まだ街灯が点いていました。日毎に日の出の時刻が遅くなっていくのを実感する時節です。

昨日の大雨警報をもたらした秋雨前線の名残なのか、低い雲に、朝の空が覆われていました。

そして夕方、すじ雲が秋の空を感じます。

加古川渡河

今日は半日休暇をとって、午前中はサイクリング・・・高砂に行きました。

 午後から出勤なので、夜明け前に自宅を出て、大蔵海岸で、東の空に陽が昇る光景に遭遇しました。朝日が海面を金色に輝かせていました。

 今日は、ケンコーの換算15mmの超広角単焦点コンパクトデジカメを持って行きました。魚住の明石瓦工場跡の、瓦の壁です。

 そして加古川を渡る播州大橋から眺めた下流方向・・・

 加古川を渡ると、右岸は高砂市です。

 高砂市の自転車レーンです。

 また加古川を渡って、浜の宮公園の松林

 南二見の人口島に渡る橋から眺めた明石海峡方向です・

 二見の漁村の面影が残る町並みを、超広角のカメラで・・・

 魚住から、南二見の人工島の上空にポッカリと夏の白い雲が浮かぶ光景

 江井ヶ島海岸、彼方に明石海峡が望めます。

 林崎漁港、明石海峡の上空に、夏の白い雲の列が並んでいました。

 そして大蔵海岸です。

  今朝の自転車のサイクロメータ
走行距離 72.13km
走行時間 3時間36分
平均時速 19.9km/h
総走行距離 2314km

  活動量計のワークアウトでは、
時間 5時間07分
脂肪燃焼 1時間54分
有酸素運動 1時間13分
無酸素運動 32分
最大強度 5分
平均脈拍数 129rpm
最高脈拍数 165rpm
運動消費カロリー 1336kcal

今日の活動量計は、
・脂肪燃焼 2時間58分
・有酸素運動 1時間16分
・無酸素運動 33分
・最大強度 5分
・活動カロリー 1999kcal
・総カロリー 3789kcal
・歩数    10738歩

旅の拾遺

8月1日から8月6日まで、出張・研修で、足利と東京を訪れました。撮影した写真が2813枚、録音した音源が359分、パソコンに保存して整理する作業をする中で、幾つかの写真を拾い上げました。

 8月1日、東京経由で足利市へ、最初の目的地は「足利学校」です。「学校」と名乗った最初の教育施設であり、江戸期には、足利学校と、岡山の閑谷学校、それと江戸幕府の昌平坂学問所の3箇所だけが「学校」」を名乗れたそうです。

 8月2日と3日は、足利大学への出張、朝早めにホテルを出て、足利の市街地へ。劇場通り・・・かつては映画館を中核に賑わっていたことと思いますが、蔦のからまる映画館の古い建物があって、今はひっそりとした一角のようです。

8月4日~8月6日は東京、浜離宮を訪れました。築地の東に位置する庭園、将軍の船着き場も残っていました。

銀座の教文館では潜伏キリシタン関連遺産が世界遺産登録となった、関連書籍が棚一面を飾っていました。

 秋葉原・・・サブカルチャーの発信地となっていますが、昔ながらの電気街の側面も残って、ジャンク屋さんも健在でした。

 深川の、小名木川が隅田川に注ぐ万年橋の右詰近くに、芭蕉庵跡があり、芭蕉稲荷となっていました。

 宿泊したのが岩槻で、岩槻藩の藩校・遷喬館(せんきょうかん)が復元されていました。明治2年まで藩校として機能していたようです。

 浅草六区近くの「ホッピー通り」です。店先の路上で、モツ煮とホッピーを売りにした店が並んでいます。

 8月6日には文京区の教育センターでの「標本の世界・鳥」展が開催されていました。前日に訪れた東京大学総合研究博物館での「珠玉の昆虫標本 」展と併せて、博物学から学ぶことが多かったです。

 人形町で、富士そばに立ち寄りました。残念ながら神戸では富士そばを味わうことが出来ません。

 6日間、出張・研修がメインでしたが、できるだけウォーキングをしました。

朝の街

 梅雨の合間の晴れた朝、JR神戸線の元町駅で降りて、神戸の街を歩いての通勤で目にした朝の光景・・・

 元町商店街と大丸神戸店の間の鯉川通り、此処には江戸期までは鯉川が流れていましたが、神戸港開港の時に暗渠となって、その上が鯉川通りとなっています。此処に大きなスクランブル交差点があります。私のスクランブル交差点のイメージは、此処の光景です。

 街のビルの上に貌を出した朝日の輝きが、街路樹の影を長く歩道に堕としています。

 ショーウインドウに反射した朝日が、影と交差して歩道の上にモノクロームのイメージが描かれています。

 街頭の影・・・微妙に影の長さや角度が異なって見えます。朝日と影とが歩道の上に強烈なコントラストを描いていました。

 三宮センター街、ローアングルの光景・・・

 三宮のフラワーロードの下に広がる地下街 ”さんちか”のローアングルの光景

 阪神三宮駅のシンボリックな光景です。

 早朝の、東の空の端から水平に近い朝日の輝きが、ビルの非常階段を真横から照らして、ビルの壁面に大きな影が浮かんでいました。

 二宮辺りは、山と海に南北を挟まれた神戸の市街地が、もっとも狭い処で、ビルの向こうに六甲山系の山々が迫って見えます。

 JR元町駅から2駅分を約50分かけて歩いて本務校へ・・・少し汗ばみました。

広角レンズを通したシーン

 広角レンズを通して見た光景が面白く、今朝も通勤途上に目にした光景を広角端19mmで撮影しました。

 JR神戸線垂水駅、朝の駅前バスターミナル越しの垂水駅周辺の眺めです。

JR神戸線の元町駅で降りて、元町商店街と南京町とをつなぐ細い路地のひとつの路地裏の光景がお気に入りで、ついデジカメのレンズを向けてしまいます。

 三宮のセンター街の南側にある「センターサウス」の裏通りを、ローアングルで・・・

そしてセンター街をローアングルで・・・

 三宮駅の東側にあるショッピングモールの入り口、自転車の駐輪禁止のために、入り口部分の広いスペースが迷路のようになっています。

 かつて神戸臨港線が走っていた低い高架、レンガが積んでいます。今は廃線跡が遊歩道になっています。

 本務校の建物と建物の間から見上げた青空

教室の前の廊下から、ちょうど摩耶山の掬星台(きくせいだい)を真正面に眺めることが出来ます。

梅雨の光景

 朝、本務校の2駅手前のJR神戸線元町駅で降りて、50分ほど朝のウォーキングをして職場に入っています。梅雨に入って、どんよりした空模様が続いています。新生田川から眺めた、神戸の市街地の北側に連なる六甲山系の稜線が、低く垂れ込めた雲に覆われています。

今、摩耶山の頂上辺りは、霧に包まれた世界が広がっていることと思います。

 阪神電車の変電所は、三宮駅と岩屋駅との間の、国道2号線沿いに独立の建屋があり、その下の地下を阪神電車が走っています。阪急電車の高架沿いを歩いていると、高架下の一角が「阪急電車三宮変電所」となっていました。ここが阪急神戸線の西端部分の電力供給を担っているようです。

超広角デジカメ

世界初のデジカメは、CASIOから発売されています。そのCASIOがデジカメ事業から撤退するそうです。

CASIOのデジカメで広角端が19mmから始まる超広角コンパクトタイプのデジカメが出ています。他メーカーにはない製品で、ニコンから数年前に超広角のコンパクトデジカメのアナウンスがあって発売日も決まっており、少々高かったのですが購入予定でした。しかしスマホの普及で販売的に無理があると、発売直前で中止となったことがありました。

CASIOがデジカメから撤退すると、この広角端が19mmの超広角コンパクトデジカメは二度と入手できないかもしれません。しばらく迷いましたが・・・購入しました。

 今朝の通勤で目にしたさりげない光景を、超広角デジカメで撮影しました。どんよりした曇天・・・

 JR神戸線の元町駅で降りて、元町駅の東側の高架下です。阪急電車神戸線が、地下の花隈駅から高架の三宮駅まで勾配がある区間で、阪急電車の高架下は低くなっています。

 新神戸駅から三宮駅を通って、市役所前・東遊園地、神戸税関前まで続く、神戸のメインストリートであるフラワーロード・三宮駅の北側から三宮駅集権を眺めた構図

 そして三宮駅の東側の、高架下の通路部分を見上げるような構図で・・・

 広角の写真は、メリハリをつけたり、構図を考えないと、平べったい写真になってしまうのでむつかしいです。