初サイクリングと夕照

 春から秋にかけてサイクリングを楽しんでいますが、冬場は寒いので11月~3月はカバーを被ったままで自転車は越冬していました。昨年新しい自転車を買って、元日に妹夫婦から別々に自転車に乗ってるか尋ねられて・・・正月2日の日が穏やかだったので自転車のカバーをとって油を差したりタイヤに空気を入れたりしたのですが、風が冷たく整備だけで終わっていました。明日が二十四節季の「小寒」で寒の入りとなって、天気も崩れるとのことで、今年の「初サイクリング」を楽しむことにしました。

 風もなく、自宅からゆっくりと住宅地の中を走って国道2号線まで。此処からは明石海峡沿いを西に進みます。

 舞子公園に入って、明石海峡大橋をバックに記念写真

 自転車に乗っていると、こんな感じて海峡と、架け橋と、その向こうの淡路の島影を望むことができます。

 西舞子から朝霧までは、左手に海岸の堤防を横目で見ながら国道2号線を走ります。浜風が冷たく、手足の指先がかじかんできますが、でも着込んでいるので身体は汗ばんできました。

 大蔵海岸、ここままで約5キロです。

 5キロ走るとウェアの中は汗まみれになりましたが、手足の指先は、かなりかじかんでいます。無理せずに大蔵海岸で引き返しました。今日の往復の走行距離は11.2kmでした。

 自宅に戻ると、ウェアの中は汗まみれ、このまま垂水温泉・太平の湯へ直行しました。

 身体を動かして汗ばんだ後に、ゆったりと温泉につかって・・・年末に65キロ近くまで体重が増えていたのが、湯上がりに測ると62.95キロ、久し振りに62キロ台でした。湯上りに汗がひかず、冷たいものを飲むと、また全身から汗が・・・しばらく新聞を読んだりして休憩しました。

 ちょうど夕刻、夕陽が眩しかったので夕景の写真を撮りに舞子墓園へ向かいました。

 明石海峡を見下ろす高台から、沈もうとする夕陽が播磨灘をオレンジ色に染めて・・・左には海峡に架かる橋が夕陽を浴びて輝いていました。しばらく美しい夕照を眺めていました。

 オレンジ色に輝く海面の夕陽の帯の上を船が静かに行き過ぎました。 

中原中也の「山羊の歌」という詩集に収められている「夕照」という美しい詩・・・

丘々は、胸に手を当て
退けり。
落陽は、慈愛の色の
金のいろ。

原に草、
鄙唄(ひなうた)うたひ
山に樹々、
老いてつましき心ばせ。

かゝる折しも我ありぬ
小児に踏まれし
貝の肉。

かゝるをりしも剛直の、
さあれゆかしきあきらめよ
腕拱(く)みながら歩み去る。

 夕照、中原中也「山羊の歌」より

葉が落ちた木々が、墓園を囲んでいました。

1000キロ

 処暑が過ぎて白露,朝は涼しくなって早朝に虫の音を耳にすると涼しげですが,昼間は真夏のような陽射しを浴びると,汗が流れてきます.

 7月下旬に新しい自転車MARIN Agentaを買って一ヶ月半,今日で総走行距離が千キロを超えました.

新しいホームページを作成しました.

中秋の播磨灘沿い
http://itsumi.citykobe.jp/20170910/

稲美町

 9月に入って,日の出の時刻が日々遅くなっています.

 夏至の頃には4時46分,7月の下旬には5時5分ぐらいでしたが,今朝の日の出の時刻は5時38分です.

 朝6時過ぎに自転車で自宅を出て,明石・江井ヶ島には7時過ぎ,椰子の木の影が長く砂浜に落ちていました.

 明石・魚住の茨木酒造の田んぼは稲刈りが終わっていました.茨木酒造の「来楽」の純米生原酒は自社田で栽培した夢錦を使っているそうですが,この田んぼで夢錦を栽培しているのかもしれません. 

 刈り取られた稲株から蘖(ひこばえ)が芽吹いていました.

 今朝は,播磨町から北に向かって加古川・平岡を通って稲美町に向かいました.

 播磨町と稲美町は加古郡になります.加古川河口付近の左岸から二見までと,加古川右岸の高砂町と荒井村が加古郡でしたが,阿閇村が播磨町となり,加古新村.母里村,天満村が稲美町となりました.それ以外は加古川市,高砂市,明石市となって加古郡を離脱して,現在の加古郡は,播磨町と稲美町だけです.2つの町は,加古川市となった平岡町を挟んで離れています.

 播磨町から,加古川市平岡を通って・・・稲美町に入りました.

 稲美町では刈り入れが終わった田んぼもありましたが,ほとんどの田んぼでは,稲穂がずっしりと重く垂れ下がり,陽光を受けて黄金色に輝いていました.

黄金色に輝く垂れ下がった稲穂が続く景色を目にすると「豊穣」という言葉が頭に浮かびます.
 

 帰路は,弁天池,寺田池を通って,東加古川を経由して西二見へ,二見の漁村の面影が残る町並みを通って,瀬戸川から県道554号姫路明石自転車道へ.

 播磨灘越しに,明石海峡を望むと,お昼前の真夏のような陽射しに海面が煌めく中に小舟のシルエットが浮かんで・・・レンズを向けました.

自転車のサイクロメータでは,

・走行距離 64.28km
・実効走行時間 3時間34分
・平均時速 17.9km/h
・最高速度 32.2km/h
・購入からの総走行距離 945km

活動量計は・・・

脂肪燃焼   2時間34分
有酸素運動  1時間12分
無酸素運動  0時間44分
最大強度   6分
消費カロリー 3446kcal

加古川右岸自転車道

今朝は播磨サイクリングロード,国道250選を走って,加古川右岸の河川敷を貫いている県道569号加古川右岸自転車道の一部区間を愉しんできました.

 坂道で時速40キロを超えたことはありますが,平地で38.7キロを出しました.

 帰路には,別府鉄道の廃線跡の遊歩道を野口駅まで・・・

新しいホームページを作成しました.

加古川
http://itsumi.citykobe.jp/20170903/

久し振りに潮風を浴びて・・・

 集中講義や,軽井沢行きで・・・久し振りに播磨灘の潮風を浴びてのサイクリングです.

 信濃路の,周囲を見渡すと山に囲まれた高原を自転車で走るのも快適でしたが,潮風を浴びながら海岸線を汗だくになって走るのも,また格別です.

 日毎に夜明けが遅くなって・・・今朝は6時過ぎに自宅を出ました.明石海峡大橋が,ちょうど真横のオレンジ色の朝日に輝くひととき・・・

 播磨灘沿いのサイクリングロードを走って・・・二見の住吉神社の境内です.1週間前は,まだ早朝のセミ時雨と波音を耳にしながら自転車で走っていましたが,今朝は,波音に併せて,虫の音が聴こえてきました.もう秋が忍び寄っているようです.トンボの姿も目立ちます.

 住吉神社の境内の草叢で,虫の音を録音しました.

 更に西へ・・・南二見の人工島の南岸壁まで来ました.晴れて,遠く家島諸島までスッキリと見えます.釣りを愉しむ舟でしょうか?海の偏在しているのは,魚群の分布と一致しているのかもしれません.

田んぼの稲穂が深く垂れて,朝日に黄金色に輝いているのを目にすると「豊穣」という言葉が浮かびます.

 明石海峡の一角に舟が集結しているようで,魚が良く獲れるのか?それとも海難事故でもあったのか?ちょっと岸辺からはわかりませんでした.

 朝も9時を過ぎると,快晴の空にギラギラと真夏のような太陽が照りつけて,海峡の海面を眩しく輝かせています.真夏のようなシーン・・・

自転車のサイクロメータでは,

・走行距離 54.77km
・実効走行時間 2時間52分
・平均時速 19.0km/h
・最高速度 40.1km/h
・購入からの総走行距離 729km

活動量計は・・・

脂肪燃焼   3時間19分
有酸素運動  1時間01分
無酸素運動  0時間26分
最大強度   2分
消費カロリー 3054kcal

浜の散歩道

 夏の早朝,明石海峡から播磨灘沿いの海岸線を,浜風を浴びながら自転車で走り抜けるのも・・・秋が近づいて,そろそろピリオドです.過ぎ行く夏を惜しむように,今朝も午前5時半頃に自転車で自宅を出ました.

 舞子海岸・・・朝が日毎に遅くなって,まだ朝日が海峡に届いていません.

 明石川の,もっとも河口側に架かる大観橋の西詰から「明石・浜の散歩道」が始まります.そして播磨サイクリングロード・県道554号姫路明石自転車道線のスタートラインでもあります.

 ウミガメが産卵する砂浜沿いの海岸線を浜の散歩道が続きます.

 砂浜がほどんない箇所も幾つかあります.
 

 江井ヶ島海岸でUターン,大蔵海岸まで戻ってきました.

海峡越しの淡路の島影の上に,ポッカリと夏の雲が浮かんでいました.

今日の走行距離は約35キロでした.

 活動量計は,

脂肪燃焼   2時間14分
有酸素運動 1時間00分
無酸素運動  17分
最大強度   3分
 
消費カロリー 2772キロカロリー

姫路城まで・・・

 今朝は朝6時頃に自宅を出て,自転車で姫路城まで・・・姫路城に着いたのが9時半頃で,約3時間半で自宅からの距離はちょうど50キロでした.

 帰路は,過負荷にならないように休憩を多くとって,自宅に戻ったのが午後3時前.今日の走行距離は103キロでした.

新しいホームページを作成しました.

姫路城まで 103km ~ 自転車で姫路城まで
http://itsumi.citykobe.jp/20170813/