四国行き_拾遺

阿波、土佐、伊予、讃岐と巡って、これまで行ったことがなかった足摺岬や四万十辺り、それと徳島と高松の市街地を訪れました。

意識をしていなかったのですが、四国を巡った道程は、ほぼ四国八十八箇所霊場をめぐる遍路路と大まかに重なり、1番札所の霊山寺(鳴門市)から時計回りに四国を一周したことになります。遍路の総距離はコースにもよるようですが、概ね1200km~1400kmだそうですが、今回の四国行きの車の走行距離が1310kmですので、ほぼ遍路をたどったことになるようです。

 四国巡礼は、元々は空海のゆかりの地を、当時の修行僧らが空海の足跡を辿って遍歴の旅を始めたことのようです。室戸岬には空海が修行したといわれる御厨人窟(みくろど)を訪れましたが、足摺岬では「大師の爪書き石」というのがありました。この岩に空海が爪で『南無阿弥陀仏』を彫ったそうですが、薄くて判別することが出来ませんでした。

大名庭園は、徳島の「旧徳島城表御殿庭園」と高松の「栗林公園」の2箇所を訪れました。栗林公園は広大で見応えがありましたが、徳島の表御殿の庭園は、それに比べてコンパクトではありますが、逆にゆったりと庭園を愛でることができたように思います。栗林公園は広大でしたので、さっと巡っただけでした。二の丸庭園がある皇居東御苑は広大で重厚な庭園でしたが、栗林公園は自然な感じが多かったです。

その中で徳島の表御殿の庭園も、違った意味で良かったなあ~と思い起こしています。

車に自転車を積んで、室戸岬周辺を走る予定だったのが、雨が激しくて断念。四万十川の沈下橋では、佐田沈下橋だけは自転車で向かいましたが、雨が降ってきたので、それ以外の沈下橋には行くことが出来ませんでした.大洲の街は自転車で巡りましたが、讃岐平野を自転車で走る予定が、その日は雨で、これも断念しました。

当初は予定していなかった讃岐うどん巡りは、雨で讃岐路のサイクリングが出来なかったで、ふと車窓かたうどん屋さんをたくさん見たのを思い出して、近くのガイドブッグに掲載されていた店に行って美味しかったので・・・その日は結局お昼に3軒巡ってしまいました。食べ歩きをするつもりがなかったので、最初に入った長田うどんで大盛りを頼んでしまいましたが、大盛りでなければもう一軒巡って、あの日は4軒巡ることができたかもしれません。

写真は、3軒目の山越うどん、庭先でうどんを味わった店で、製麺をしている処です。

10年以上前は、学会の発表でノートパソコンをホテルに持っていっても、インターネットの接続が出来るとは限りませんでした。ネットであらかじめリサーチして、ネット接続の専用のモデムをホテルで有料で借りて部屋でネット接続をしたこともありました。

その後は、LAN接続が出来るイーサネットの接続口があるホテルが増えて、LANケーブル(有線)で接続していた時期があり、スマホの普及に伴ってWiFi接続が出来るようになって、この数年は、特に確認しなくてもWiFi接続出来るのが当たり前になってきたように思います。

今回、ホテルにUSBの充電口が100Vのコンセントと並んでベッド脇に設置されているケースがあり、充電ケーブルさえあれば就寝時に充電できるホテルがありました。更に、写真のようにいろいろな接続タイプがマルチで使える充電ケーブルが2つのホテルでありました。スマホだけ持っていると、そのままWiFi接続出来、更にケーブルがなくても充電も可能です。

今回の各日の歩数と消費カロリーは、

1日目(3月26日・木)
14525歩、2989kcal

2日目(3月27日・金)
9847歩、2701kcal

3日目(3月28日・土)
14409歩、3230kcal

4日目(3月29日・日)
12929歩、2991kcal

5日目(3月30日・月)
13016歩、3139kcal

6日目(3月31日。火)
15977歩、3230kcal

7日目(4月1日・水)
11542歩、2821歩

2日目は徳島市から室戸岬経由で高知市まで、車の運転時間も長く、雨も降っていたので、歩数も1万歩に届いていませんが、それ以外は、運転時間が長い日も結構歩いていました。

サイクリング~加古川

新型コロナウイルスが流行ってから、なんとなくサイクリングを控えていましたが、結構暖かくなって・・・今朝、久し振りに自転車をメンテナンスして、そしてゆっくりとサイクリングを楽しみました。

半袖に、薄目のウインドウブレーカを着て、自宅を出て、舞子公園辺りから海沿いの国道2号線を走りました。明石の市街地を抜ける頃には、ちょっと汗ばんできました。

林崎海岸・・・明石は全国有数のノリの生産地で、数年前のデータですが、第1位の佐賀市が4万9820トン、第2位の熊本市が2万2050トンに次いで、全国第3位となる1万7960トンだそうです。

 林崎の海岸のすぐ近くで、ノリの網にノリの胞子をつけ、そのノリ網を海上に張り込む「浮き流し漁場」の養殖の網が広がっています。

もぐり船という船で、ノリが育った網の下にもぐりこんでいるのが見えました。

 林崎から、砂浜沿いの自転車専用県道554号線をひたすら西へ、藤江から八木、江井ヶ島を走り抜けて魚住へ。魚住の港に面した小高い丘に住吉神社があり、境内では水仙が満開でした。正月に南淡路の水仙郷に行った時は早すぎましたが、身近な住吉神社で水仙を愛でることが出来ました。

 お昼前になって、朝も軽く食べただけでしたので、スタミナ不足になって・・・スーパーに立ち寄りました。ここは山電魚住駅の近くで、サイクリングの時に、飲み物や食べ物を買うのに、時々利用します。

 自転車県道554号線は、ここまでは砂浜沿いのコースでしたが、瀬戸川沿いに川上に上って、主に新幹線の高架沿いのルートとなります。

 瀬戸川の河口辺りで、軽食を摂って・・・すぐ近くに明石瓦の工場跡地だった処、そこに瓦の壁があります。

 東二見の漁港辺りに、漁村の名残を感じる古い町並みがあります、ちょっと立ち寄りました。

 その近くの民家跡、今は住んでいないようです。

 東二見の古い町から、西二見の新しい町を通って、播磨町を横断して加古川市へ入りました。

 雲行きが怪しいですし、久し振りのサイクリングですので、無理をせず、別府の手前でUターンしました。

 西二見のドラッグストアでは「マスク品切れ」と大きく張り出されていました。

 往路を逆方向に、東に向かってゆったりと・・・林崎港まで戻ってきました。

 明石川の河口です。明石海峡と架橋、そして淡路の島影を望むことが出来ます。

 舞子公園からの景色ですが、水平線うっすら黄色い帯が見えます。今日は安いコンパクトなデジカメですので、あまり鮮明ではありませんが、黄砂かもしれません。

9時半頃に自宅を出て、加古川の別府辺りまでの往復で、ゆっくり走ると4時間半ぐらいです。途中で休憩もしているので、実質の走行時間は3時間20分です。

平均脈拍数が約100[bpm]なので、身体への負荷はそれほど大きくなく、シーズン最初の身体慣しとしては良いペースでした。

運動消費カロリーが約1000[kcal]ですが、有酸素運動が思ったほどしていませんでした。

サイクロメータのデータは、
走行距離 56.56km
走行時間 3時間20分
平均速度 16.9[km/h]
最高速度 37.5[km/h]
消費カロリー 640[kcal]

今のロードバイクを買って、約2年半ですが、今日で総走行距離が4000[km]を越えて4017[km]となりました。

ひとつ写真を貼り忘れていました。往路で明石市役所の近くの薬局前に長い行列、もうトイレットペーパは出回っているので、マスクの行列だと思います。午前10時前で、開店直前だったと思います。

 

初サイクリング

 昨日の午後は、昨年秋からカバーで覆われたままだった自転車を久し振りにメンテナンスしました。

 そして今朝、今年の初サイクリング、加古川まで行っていました。往復で約53キロでした。

 夕方から、親戚の新年の夕食会、デザートのケーキをレーヴドゥ・シェフで買いました。

自転車での加古川行きのページを新しくつくりました。
http://itsumi.citykobe.jp/20200104/

涼風

二十四節気の立秋は、8月の中旬頃で、その中で七十二候では、立秋(初候)として「涼風至(すずかぜいたる)」が最初の5日間です。ただ真夏の時期で、上空の雲や早朝や深夜に秋の「気配」を感じても、まだまだ暑い時節で、朝夕に涼風が吹き抜けるのは「暑さ寒さも彼岸まで」と云われる彼岸頃・・・でも温暖化の影響なのか、その後も残暑が続きました。そしてようやく今日は朝から「涼風」が吹いて、早朝に半袖では寒さを感じました。

 静岡を自転車で走ったのが8月の下旬、その後は自転車はカバーが掛ったままでした。今朝、久し振りにカバーをとってメンテナンス、そして久し振りに休日の朝のサイクリングを愉しみました。

 朝7時過ぎに自宅を出て、舞子海岸まで住宅地の中をゆったりと走りました。

 舞子公園から眺めた、朝日に輝く明石海峡大橋です。

 明石海峡を左手に眺めながら、海沿いの国道2号線を西へ、大蔵海岸を経て明石の市街地を走り抜けて、大観橋を渡ると、大観橋の西詰から県道554号姫路明石自転車道線です。明石市の東側は、砂浜沿いを走る「明石・浜の散歩道」です。

 久し振りのサイクリングですので、いつもよりゆったり目に走って、自宅から約15キロの江井ヶ島海岸まで約1時間でした。椰子の木がすっかり手入れされてサッパリしていました。

 江井ヶ島には、日本酒「神鷹」の江井ヶ島酒造があります。ここではウィスキーも醸造しています。

 山陽電車の西江井ヶ島駅の西側・・・線路沿いに細い道があり「線路づたいの細い道」の光景、なんだか落ち着く風景です。

 江井ヶ島の住宅の一角に田んぼがあり、稲刈り後の田んぼにヒコバエがすくすくと育っていました。

 再び海岸線沿いの自転車道・・・淡路島と播磨灘の上空に雲の帯が横たわっていました。

 大蔵海岸まで戻ると、明石海峡の向こう、大阪湾の上空は低い雲で覆われていました。

 10時頃に自宅に戻って、約3時間で40キロほど走りました。すぐにシャワーを浴びて汗を流して、まだまだ昼間は暑く麦茶が美味しかったです。

梅雨明け

神戸の梅雨入りが平年よりも21日も遅い6月26日で、梅雨明けが平年より3日遅い7月24日でした。昨年の梅雨明けが7月9日だったで、昨年より半月ぐらい梅雨明けが遅れたことになります。

 今朝は6時前に自宅を出て、久し振りに自転車で海岸沿いを西へ向かいました。舞子公園から見た明石海峡大橋です。もやっと霧がかかったようで、淡路島側の主塔は霧の中に霞んでい見えます。

舞子から朝霧を経て、明石の市街地を自転車で走り抜けて、明石川右岸からサイクリングロード。まだ早朝なので、ジョギングやウォーキングを楽しむ人は少なかったです。

松崎海岸です。砂浜の東の端は海水浴場になって、海の家もあるのですが、この辺りの砂浜は静かです。

江井ヶ島を経て・・・久し振りのサイクリングなので無理をせず片道約20キロ走って。住吉辺りでUターンしました。林崎漁港です。林崎の「は」を丸で囲んだ旗印が「マルハ」です。

明石・大蔵海岸から明石海峡越しに大阪湾方面の眺めです。海峡は霞んで明石海峡大橋も霧の中に埋もれていました。

 海面が朝日に輝いて、周囲の光景は、テトラポット越しに霞んだ、ちょっと幻想的な光景です。

今朝の走行距離は40.0km,平均速度18.7km/hでした。

3時間弱走って、最高脈拍数170bpm、平均脈拍数120bpm、消費カロリーは940kcal

 有酸素運動と鵜酸素運動のバランスもまずまずでした。

インソール

今朝はJR神戸線の元町駅から2駅分歩きました。

途中で新生田川を渡ります。それまで周囲は夜のようでしたが、空の端がオレンジ色を帯びて、朝の予兆を感じます。日の出前の、一日でもっとも寒いひとときでもあります。足の指先は冷たく、手袋をしていても指が悴みます。

普段、歩くことが多いので、ホームセンターで目にしたインソールを購入してしまいました。

インソールは靴の底に敷くと足の裏を包み込むようになって、歩くときの衝撃を和らげ、そして筋肉や靭帯や関節へのストレスを少なくして、「足・腰・膝」の負担を軽減する効果が期待出来ます。高価なものではないので、大きな効果は期待出来ないと思いますが、さっそく靴底に敷いたので。明日、早速試してみます。

休日

 3連休の三日目、久し振りに自転車に乗りました。6時前に自宅を出て、舞子公園から眺めた明石海峡大橋が、ちょうど昇った朝日に薄赤く輝いていました。

播磨灘沿いを、ひたすら西へ、江井ヶ島海岸まで行きました。

 林崎にある密蔵院に立ち寄りました。境内には「油掛地蔵」があります。

 大蔵海岸から明石海峡の眺めです。上空の雲の感じが、なかなか綺麗でした。

 久し振りのサイクリングだったので、ゆったりと2時間あまり走って、平均脈拍数が118bpmで、運動消費カロリーが614kcalでした。
 

 自宅に戻ってシャワーを浴びて、久し振りに一眼レフカメラを持ち出して神戸ワイン城へ向かいました。 

一眼レフに単焦点レンズ、35mmF2をつけて、一眼レフでの撮影は、1年ぶりぐらいかもしれません。 

 薄暗い地下のワイン貯蔵庫での撮影も、明るい単焦点レンズでの開放で撮影すると・・・

 ワイン城の建物・・・

 単焦点レンズで、絞りを開放にして、背景をぼかす絵を、いろいろ撮ってみました。

 JAの直販所に立ち寄りました。

追憶

長野の町を訪れたのは、学生時代以来、2度目です。

今回は教育学の分野の学会発表でしたが、学生時代は工学の分野の学会発表で、新潟から日帰りで訪れています。確か研究室の先輩の車に乗せてもらって・・・

今回は、信州大のキャンパスの近くであることを地図で確認して予約したのですが、後になって、信州大の長野市のキャンパスは2つあって、教育学部と工学部とはキャンパスが異なっていました。教育学部のキャンパスは善光寺の近くで市街地の真っ只中なのに対して、工学部のキャンパスは住宅地の中で国道のバイパスの近くです。

予約したホテルは工学部キャンパスの近くで国道沿いです。今回は自転車を車に積んで、ホテルと大学の間は自転車で往復しました。

 せっかくなので、今朝、工学部のキャンパスを訪れました。自転車だと、ホテルからすぐでした。

 校舎は、おそらく建て替えられているようですが、見覚えのある木立・・・記憶がよみがえりました。はじめて学会発表をした場所です。

 もう年月も経って記憶も曖昧ですが、車で善光寺の前を通って「此処が善光寺だ!」といった光景は妙に覚えています。実際に表参道にある「善光寺」交差点が、その記憶の場所でした。

前回は車窓から通りすがりに眺めただけでしたが、今回は善光寺をゆっくり見て廻りました。

 今朝は、上信越道・長野ICに近い松代をふたたび訪れて、自転車で巡りました。昨日は急遽、戸隠を訪れたので、自転車で松代を巡れませんでした。

 松代の古い町並み、そして千曲川の川沿いの土手をサイクリングしました。

 長野ICから帰路へ・・・途中、姨捨SAから見下ろした長野市辺りの景色・・・先週の金曜日から3泊滞在した長野市の見納めです。

  帰りは、小牧から東名・名神経由ではなくて、土岐JCTから東海環状自動車道ー伊勢湾岸自動車道ー東名阪自動車道ー新名神ー京滋バイパスー新名神(神戸)区間を通りました。東海環状自動車道と東名阪自動車道、そして新名神は初めて走りました。よくわからないルートで、豊田辺りから新名神に入る亀山JCTまでは、ルートを間違えないように運転したので、かなり疲れました。