minerals

 今年は久し振りに3年生で開講している「課題研究」を担当することになりました.週1回で3時間連続の授業です.

 「課題研究」のタイトルは工業技術英語です.「Basic Circuit Analysis」という英文の電気の入門書を輪講形式で進めようと計画を立てました.

 それにイントロダクションとして,工業技術英語検定の演習問題を用いることにしました.実際に生徒の反応を見ていると「Basic Circuit Analysis」の輪講は生徒には負荷が大きいようで,今日は前ふりの教材として用意した工業技術英語検定の演習問題に3分の2ぐらいの時間が掛かってしまいました.

 工業技術英語検定の演習問題で答に窮した問題文です,

A diverse group of organic molecules that are required for metabolic reactions and generally cannot be synthesized in the body.

 対応する単語として「minerals」と「vitamins」のどちらかで正解は「vitamins」なのですが,この文が当たった生徒は「minerals」と答えていました.

 問題文は「新陳代謝に必要とされ、一般に体内で合成することができない有機分子の多様なグループ」というような意味ですが,確かにミネラルも人間の体内では生成できないはずです.生徒にしっかりと説明できず最後は「正解がvitaminsだから・・・」という曖昧な説明で次の設問に進みました.

 ちょっと気になったので電子辞書でアレコレと調べると,「minerals」に対応する日本語はミネラルというカタカナで「わかったようなつもり」になっていましたが,ミネラルをカタカナではなくて日本語で表すと無機質や鉱物という言葉となることがわかりました.「organic molecules 」有機分子ですので無機質のミネラルは答えではないです. ミネラルが無機質・鉱物という単純な理科の知識が欠如していたことに気付きました.

平田オリザをめぐって・・・

 職場の先輩と,あれこれと四方山話をする中で,進路指導の話題になって「生徒にとってのキャリアって?」という話になりました.

 普通科の進学校ならば,大学受験に必要な教科・科目を中心に,基礎的な学力に加えて,しっかり応用できる学力が求められます.大学が求めてる学力を問う「入試という敷居」を超えるために鍛錬が「キャリア」とも言えます.

 それに対して就職の比率の高い専門高校における「キャリア」は,様相がかなり異なるのかもしれません.就職先の職場で仕事をこなせるか?それを見極めるために面接では部活動に関する質問が比較的多いです.その生徒の個性というよりも,集団生活に馴染んでいるか?集団行動がとれるか?というような質問の背景には,企業が求める専門高校の生徒に求める「キャリア」が,大学が普通科の進学校に求める「キャリア」とは異なる為ではないかと思います.

 専門高校において会社が求める生徒の「キャリア」は,会社という組織の中で「歯車」としての素質を問われているのかもしれず,生徒自身も,自分の個性や能力以上に,会社という「組織における親和性」のようなものをアピールする傾向を感じます.それはもちろん指導する教師の思惑や,求められている生徒像にあわせようとしている部分も大きいと思います.

 学校では生徒の個性を育むことが求められていますが,実際には「個性の豊かさ」よりも「規律の正しさ」や「高校生らしさ」のような,一律のベクトルを基にした「ものさし」で生徒を測って,貌のない生徒を生み出している部分もあるかもしれません。

 いろいろな話をする中で,その先輩が最近読んだ文章から「今,話していて思い出しんたんだが・・・」と前置きをされて平田オリザの講演会録から面白い話をお聞きできました。

 2008年に起きた秋葉原通り連続殺傷事件の被告が,事件を起こす直前にネットに書き込んだ言葉「良い子を演じさせられるのに疲れた」という記述に平田オリザが注目したそうです.これまでは「良い子を演じるのに疲れた」というケースはありましたが,この事件の被告は「良い子を演じさせられるのに疲れた」とかなり大きな強迫概念にとらわれて追い込まれていたのかもしれない,誰かに操られ,自分を自分だと思えなくなったような感覚を持ってしまったのかもしれません.

 平田オリザは「良い子を演じるのに疲れた」という子どもに対して「もう良い子を演じなくて良いよ」と言うことは,表面的で偽善でに過ぎないのではないかと疑問を投げかけています.むしろ教育者としては「良い子を演じるのに疲れないタフな子ども育てる」ということが教育のほんとうの目的ではないかと提唱しているそうです.

 劇作家の平田オリザらしい表現にも感心しましたし,四方山話の中で,話を広げて平田オリザの講演録と関連づける先輩の「豊かさ」にも驚きを覚えました.アナロジーを持っていろいろな視点や視野で捉えることが教育にとって大切だと思うのですが,まさに豊穣で柔軟な姿勢を,その先輩から学び,自分自身が未だ未だだなあ~と感じました.

 後でいろいろ考えると,漱石は小説「三四郎」の中で,「偽善」と「露悪」という言葉を用いて同じようなことを言っていたなあ~と思い出しました.また,心の奥底を映し出す「能面」と,心を隠す西洋の「仮面」との対比にもアナロジーがあるのかもしれません.

 
 「ピエロ」と「クラウン」,涙マークのメイクがあるのがピエロで,ないのがクラウン・・・馬鹿にされながらも観客を笑わせている,でもピエロの笑いの陰には,馬鹿にされた悲しみを持つ,と耳学問で聴いたことがあります.

 平田オリザの提唱する「良い子を演じることを楽しむぐらいのしたたかな子ども」,まさにメタ認知ができて自分を操り自分を演じる子ども・・・いろいろイメージする中で思い出したのが藤山寛美です.寛美は涙を流して演じるのではなくて,むしろ涙して道化を演じる自分を真剣に見つめていたのかもしれません.

感覚をつないでひらく芸術教育を考える会

感覚をつないでひらく芸術教育を考える会の第11回研究発表会が兵庫教育大学 神戸ハーバーランドキャンパスの兵教ホールで午後から開催されました.

 今回は3つのワークショップ,そして研究発表が1つ,そして兵庫教育大学の大学院生によるパフォーマンスが4つでした.

感覚をつないでひらく芸術教育を考える会第11回研究発表会のページを作成しました.
http://itsumi.citykobe.jp/20170320/ 

 研究会後の懇親会が神戸駅近くの居酒屋で3時間あまり,関西と首都圏の言葉や文化の違いの話題から話に華が咲いて,関西の祭りのスピード感の違いの話となり,「コンコンチキチン,コンチキチン」が今も耳に残っています.

世界図絵

17世紀のチェコの教育者であったコメニウス(Johannes Amos Comenius)の世界図絵(Orbis Pictus)は,一般に「世界最初の子供向けの絵本」と言われています.
 

 言葉(言語)だけでものごとの概念を指し示そうとしていた本と違って,絵(非言語,視覚)を使って,いろいろなものごとの概念を指し示そうとしている点では,画期的な本とも言えます.現在の視聴覚教育やICTの源流とも言えます.

 コメニウスは,現在の学校教育の礎を構想した教育者と言われています.「同一年齢・同時入学・同一学年・同一内容・同時卒業」は現在の学校に骨格であり,人びとがすべての知識を共有することを目指した教育者でした.

 手元にある追手門大学の井ノ口淳三先生の日本語の冒頭,「読者への序言」の中で,

『無知にとっての薬は学識です.それは学校で若人にもたらされるべきものです.』

 原著では,各ページの上に絵(イラスト)があり,下に説明の言葉があるレイアウトになっており,現代のネットでよくみられるホームページやブログの形式が,これを継承しているとも言えます.手許の文庫本版では,右に言葉,左にイラストという構成です.

 表紙は,最初の項目「入門」です.

教師:こちらへおいで,かしこくなるのは勉強しなければらなないよ!
生徒:かしこくなるとはどんなことですか?
教師:必要なすべてのことを正しく理解し,正しく行い,正しく語ることだよ.

 ・・・このようなやりとりで始まります.

 「感覚」の項目では外部感覚として五感の眼,耳,鼻,舌,手を挙げており,内部感覚として,共通感覚,想像力,記憶力を挙げています.イラストは5つの感覚器官と,その中心に脳を配置しています.

「学校」の項目,説明文は,

学校は若人の心が徳へと形成される仕事場です.そしてクラスに分けられています.

 11と12は,不真面目な生徒に対して鞭打っているイラストです.

抽象的な「文辞」の項目もあります.

左端0から言葉,修辞,詩や歌,そして右端が音楽です.当時の教養(liberal arts)は現在とは違っているようです.

 現在の日本だと,国語,英語,数学,理科,社会となって,文芸や音楽は入らないのかもしれません.

生徒に力をつける授業デザインの研究

公開教育研究会に参加しました.

チャレンジ!アクティヴラーニング~真のアクティヴラーニングとは何か~というサブタイトルを持つ研究推進をしていました.

公開教育研究会のページを作成しました.

生徒に力をつける授業デザインの研究
http://itsumi.citykobe.jp/20170202/

SGH「学術研究」発表会

 午後からの啓明学院でのSGH「学術研究」発表会に参加しました.

 啓明学院は神戸栄光教会を母体とするメソジストの流れを汲むミッションスクールで,関西学院と同じく宣教師ランバスの「パルモア学院」をルーツにしています.

 SGH「学術研究」発表会のページを作成しました.

SGH「学術研究」発表会
http://itsumi.citykobe.jp/20170201/

学力

 昨日の日本経済新聞に,それほど大きな扱いではありませんでしたが「学力」に関する記事が掲載されていました.

 大阪府の公立中学校の1,2年生を対象に「チャレンジテスト」という大阪府独自の学力テストを実施しているそうです.このテスト結果は高校入試の合否に関わる内申点の「補正」に活用されているそうで,その後,他の新聞等の情報も収集すると,どうも中学校の校長が「テストの点数が悪ければ内申点は下がる」と言ったようで,更に「当日もし体調が悪ければ、先生がつけた内申点の評定そのままになる」というようなニュアンスのことを話したようです.

 公立高校の入試においては,入試当日の試験と共に「内申点」と呼ばれる中学校の成績も合否に影響を及ぼします,その時の「内申点」というのは,日々の授業や定期試験から評価された「中学校における学習の総合評価」が妥当ではないかと思います.「内申点」の根拠となる中学校の学習記録は,受検する高校に正式なデータとして提出されるわけで,「学校としての生徒の学習に関する評価」という「真っ当なデータ」なわけです.

 大阪府独自の学力テストは,業者テストとは一線を画していると思いますが,学力テストは学力テストであり,「中学校の学習記録」とは違うように感じます.

 「工業高校生の学力とは?」に関して,この1年ほど考察を重ねています.一般入試の大学受験だけを考えれば,英・国・数等の教科の「学力テスト」をモノサシにすれが客観的に数値化できます.ただ,それでは工業高校生の学力と言えるのか・・・実習で頑張ったり,専門科目を夢中になって勉強するという側面を考慮して「工業高校生の学力」を追い求めると,普通高校と同じモノサシでは,大切なものがこぼれてしまうように思います.そして,そのこぼれたものに,専門高校としての特色となるコアとなるようなものが混じっているように感じます.

 専門教育と教養教育,工業高校という専門高校の特色を踏まえて,工業高校生の学力を考える時に,客観的に数値化するモノサシは一体何か?

年末年始の特番

 年末年始に放送された幾つかのテレビの特別番組を正月休み中に見ることが出来ず、この3連休にやっと見た番組もあります。

NHKドキュメンタリー ザ・プレミアム 英雄たちの選択新春スペシャル
“ニッポン”のあけぼの 古代人のこころと文明に迫る”

 縄文人と弥生人に関して案内人が磯田道史で、結構マニアックな内容でした。前方後円墳発祥の地、邪馬台国の女王・卑弥呼の出身地等々、古代史のトピックスを楽しめる番組でした。

NHKスペシャル ”腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー”

腸の中に住む細菌たちの生態系を、最新の遺伝子解析技術によって、腸内細菌がもつ知られざるパワーのことを開設する番組、腸の中には実に100兆個以上で種類として数百以上の細菌が住んでいるそうで、その細菌の出す物質が、健康に様々な影響を及ぼしているそうで、がんや糖尿病などの病気にも関係するそうです。

NHKスペシャル ”巨龍中国14億人の消費革命”
~爆発的拡大!ネット通販~

 海外への輸出が低迷する中で、中国内陸部の消費拡大を狙って国家プロジェクトとしてネット通販を推し進めているそうです。実際に大学を出ても就職できずにネット販売の会社を立ち上げて頑張る様子を追いかけたドキュメンタリー番組で、日夜奮闘する中で「ネット販売の世界は、生き馬の目を抜くようだ。」とつぶやく場面もあり、日本以上に資本主義の側面を持っているように感じました。

NHKドキュメンタリー – コズミック フロント
”地球という星をつかめ 伊能忠敬”

 伊能忠敬は、地図を作るのが目的ではなくて、天文に興味があって「地球一周の長さ」を測るのが本来の目的で、そのために測量をしたというのは知っていましたが、実際の測量の復元、そして実際の測量機器について具体的なストーリーを交えた番組でした。

100分de名著スペシャル「100分de手塚治虫」、以前手塚の作品に凝って、かなり買い集めたことがあります。残念ながら神戸に引っ越しする時にすべての手塚の本を手放してしまって、今手元には一冊もありません。

 まだ半分しか見ていません。