理性からの逃走

夏目漱石は、小説「草枕」の冒頭で次のように書いています。

山路を登りながら、こう考えた。
智に働けば角が立つ。
情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。
とかくに人の世は住みにくい。
住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。
どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。

 小説のタイトル「草枕」を”The Grass Pillow”と訳さずに”The Three-Cornerd Word”と訳したのがAlan Turneyです。

「四角な世界から常識と名のつく、一角を磨滅して、三角のうちに住むのを芸術家と呼んでもよかろう。」から「三角のうちに住む」・・・三角の世間・・・The Three-Cornerd Wordを英訳「草枕」のタイトルにしています。

“An artist is a person who lives in the triangle which remains after the angle which we may call common sense has been removed from this four-cornered world.”

そのAlan Turneyが冒頭の「智に働けば角が立つ。」を

Approach everything rationally, and you become harsh.

と訳しています。”rationally”は、一般に「合理的」と訳されますが、Alan Turneyは「智」の訳語として”rationally”という単語を充てています。一般に「智」の訳語としては”wisdom”や”intellect”, “intelligence”という単語が充てられ、他の「草枕」の英訳では、

Relying on your intellect makes you harsh and rigid.

「知性に頼ることで、頑固で厳しくなる」(私訳)というようなニュアンスなのですが、Alan Turneyの訳だと「ものごとを合理的に捉えようとすると、頑なになる」(私訳)というようなニュアンスとなって、小説の冒頭の有名なフレーズの捉え方が異なってしまうように思います。

 漱石が草枕の冒頭で「智に働けば角が立つ。」というフレーズに込めた思いは、その後の「~詩が生れて、画が出来る。」につながることを考えると、”intellect”(知恵、知性)よりも、”rationally”(合理的、理性)という単語の方が、コンテキストを考えると、より「漱石の智」に近いニュアンスのように感じます。

「智」の対極として「情」ではなくて「芸術」(詩や画」が、この後の草枕の中ではスポットライトがあたることを考えると、合理的な考え方や理性的な捉え方から脱して、詩画の世界(Three-Cornerd Word)を目指すのが、小説「草枕」のテーマとも言えます。まさに小説の冒頭の「智に働けば角が立つ。」は、『理性からの逃走』の序章です。

“Escape from Reason”

 漱石の小説「草枕」テーマそのものをタイトルとした本があります。邦訳は「理性からの逃走」です。Francis A. Schaeffer というアメリカの牧師であり神学者の著作です。

F.A.Schaefferは、近代的な神学(いわゆるリベラル主義)に対抗して、伝統的な信仰(いわゆる福音主義)への回帰の立場をとっています。

リベラル主義とは、伝統的な宗教・信仰を、個々の信仰者の理性の光で照らして、歴史的で保守的な教理体系から自由になることです。「信仰よりも理性」を優先するような立場です。

F.A.Schaefferは、その理性から逃げ出して、伝統的な信仰への復興を目指して、それを著作「理性からの逃走」で言い表しています。

 漱石は、理性から逃走して、詩画の世界へ・・・

 F.A.Schaefferは、理性から逃走して、伝統的な信仰への回帰を・・・

 漱石とF.A.Schaefferの、近代的で合理的な捉え方の窮屈さを脱したいという思いに、アナロジーを感じました。

「四角な世界から常識と名のつく、一角を磨滅して、三角のうちに住むのを芸術家と呼んでもよかろう。」、常識で縛られた合理主義を脱するのは、芸術家だけではなくて、信仰者も同じかもしれません。

The Prayer of The Frog

手許に’The Prayer of The Frog’「蛙の祈り」という本があります。アントニオ・デ・メロというインド生まれのイエスズ会のカトリック司祭の著作で、vol.1が日本語版、vol.2が英語版です。日本語版は裏辻洋二神父の翻訳によりものです。

 この中で好きな名言が「活字にならなかった経文」という邦題がついた文章です。

Tetsugen, a student of Zen, resolved on a mighty undertaking: the printing of seven thousand copies of the sutras which till then were available only in Chinese.

He travelled the length and breath of Japan to collect funds for this project. Some wealthy people offered him as much as a hundred pieces of gold but mostly he received small coins from peasants. Tetsugen expressed equal gratitude to each donor regardless of the sum of money given.

After ten long years of travel he finally collected the funds necessary for the task. Just then the river Uji overflowed and thousands were left without food and shelter. Tetsugen spent all the money he had collected for his cherished project on these poor people.

Then he began the work of raising funds again. Again it was several years before he got the money he needed. Then an epidemic spread all over the country, so Tetsugen gave away all he had collected to help the suffering.

Once again he set out on his travel and, twenty years later, his dream of having the scriptures in the Japanese language finally came true.

The printing block that produced this first edition of the sutras is on display at the Obaku Monastery in Kyoto. The Japanese tell their children that Tetsugen got out three editions of the sutras in all; and that the first two are invisible and far superior to the third.

裏辻洋二神父の日本語訳では、

 鉄眼は禅の僧侶であった。彼は一念発起、一大事業を思い立った。それまでは中国語でしか手に入らなかった経文を日本語で七千部印刷しようという壮大な計画であった。

 彼は日本国中を駆けめぐり、資金を集めた。富裕な人々が大金をポンと寄付してくれることもまれではなかったが、寄付の大半は農夫、庶民からの小銭だった。鉄眼は大金にも小銭にも額にかかわりなく、寄進者には同様に感謝を表わした。

 十年後、事業遂行に十分なお金が集まった。ちょうどそのころ、宇治川が氾濫し、数千人が家を失い、食べるにも事欠くありさまとなった。鉄眼は長年温めてきた事業のための資金を困窮する人々のために投げ出した。

 そしてまた一から資金集めを始めた。必要な金額に達するまで、また数年を要した。こんどは全国に伝染病がまんえんした。鉄眼は災難に苦しむ人を救済するため、このお金を投入した。

 三度目の募金活動が二十年を迎え、日本人が日本語の経文を手にするという夢が現実となった。

 経文の邦訳第一版を印刷した台木は、京都の黄檗宗の寺院に保存されている。日本では、子々孫々つぎのように言い伝えられている。鉄眼は経文を計三回出版した。はじめの二版は幻の出版となったが、その出来具合は、三度目のより、はるかに優れていたと。

 このデメロ神父の言葉に触れると宗教にとって大切なものって、宗教って、信仰って・・・と考えさせられます。

 祈ること、信仰、ご本尊様、教義、布教・宣教・・・と、実際の宗教においては、ほんとうに大切なものが最優先になっているのかなあ~と、ふと考えてしまいます。ほんとうに大切なものとは・・・

 教育も同じかもしれません。学習指導要領、安全、キャリア教育・・・と学校や教育現場に求められものが、どんどん膨れ上がっているように感じますが、ほんとうにたいせつなものが最優先になっているのかなあ~と。

 学校や教育にとって、ほんとうに大切なものとは・・・

 今年の課題として、考えたいと思います。

集中講義

県立大工学部の教職課程の集中講義が昨日今日の2日間,朝から夕方まで連続8コマが終わりました.

 3月末にキャンパスを訪れた時は,管理棟が正門前に引っ越しの真っ最中でした.正門からのキャンパスの光景が・・・変わりました.

新しいホームページを作成しました.

夏の集中講義~県立大工学部教職課程
http://itsumi.citykobe.jp/20170820/

教育工学委員会

 今日は,本務校の期末考査2日目,試験監督の後に教育工学委員会の今年度第一回の会場の準備,研究会の講師のひとりは本務校の教員ですが,もう一人は大阪の教員で早目に来られたので,準備をしている間待ってもらって,食堂でお昼をご一緒しました.

 午後から研究会,一つ目はキャリア教育に関して,自己効力感をキーにして卒業生へのエスノメソドロジー的な研究手法を用いた追跡調査に関するものでした.

 尺度をつくる理論的な話から,卒業生に対するエスノメソドロジー的な実践的なアプローチまで,熱く語っていただきました.

 2つ目は,Unpluggedな情報教育に関してのワークショップです.垂直・水平パリティーから始まって,ペアになって「犯人を捜せ」をゲーム感覚で情報処理を考えるものです.

 アンプラグド・・・コンセントを抜いて,「情報」を考えるワークショップ,私の場合はC&T・・・チョーク&トークで,座学形式で受講者にイメージを伝えることにチャレンジしていますが,受講者にとってはコンピュータ・サイエンス・アンプラグドの方が,楽しく学べるだろうなあ~と思いました.

 情報教育とキャリア教育,どちらも本質的なものが忘れられて,形だけの情報教育とキャリア教育が幅を利かせているように感じます.そんな風潮の中で,お二人の講師の方から,情報教育とキャリア教育の本質に関して学ぶことが出来たと感じました.

日本産業技術教育学会 高校委員会

日本産業技術教育学会 高校委員会の,第2回研究会が滋賀大学の大津サテライトプラザで開催されました.

 滋賀大学の大津サテライトプラザは,JR湖西線の大津駅の目の前,横断歩道を渡ったすぐの日本生命ビルの4階にあります.

 今回の研究会のテーマは「STEM教育とキャリア教育」です.

 オーラルの発表が3つ用意されていました.北海道から鹿児島まで,結構遠方からの参加者もいました.

 最初は,STEMとは何か?愛媛県の理科の教諭からの発表です.

 次にSTEMとキャリア教育に関する意識調査,滋賀県の中学校の技術の教諭からの発表です.

 最後が,教員養成におけるSTEMに関する実践報告,滋賀大学教育学部の学生の発表でした.

発表を聞いてのメモ

・Think Pair Share 意見交換だけで終わらせるのではなくて共同して仮説をつくる

・QUILT Quality Indicators for Learning and Teaching~学びと教えの為の品質指標

・「クッキングスクールのレシピ」と「考え抜く」ということとの対比 Self Learning

・STS  科学(Science)・技術(Technology)・社会(Society)の略で、科学技術の持つ社会的な諸問題をさまざまな角度から研究する、新しい形の科学技術論の研究や教育

・「考え抜く」とは?簡単のできない課題?それとも「できない」を耐えられる耐性,教師のアシストの下に課題が変化?

*

午後からの大津での研究会に,早目に自宅を出て京都の街を散策しました.

 京都から大津まで,JRではなくて,地下鉄東西線から京阪京津線の直通電車に乗りました.地下鉄から峠越えの山岳電車のような車窓,そして大津市内では路面電車のような併用軌道の区間と,車窓の景色が面白かったです.

 京~大津(梅雨の晴れ間の寄り道)というページを作成しました.
http://itsumi.citykobe.jp/20170624/

教育実習

 先週の月曜から今日の金曜までの2週間,教育実習生の指導担当となりました.先週は授業見学で,今週は授業実践,そして最後の授業が研究授業でした.

 3年生の選択科目「電気基礎」と1年生の必修科目「情報技術基礎」の2科目,計6時間で授業実践してもらいました.

 電気基礎は履修登録が23名で,数学の授業で学習していない加法定理と積分の説明が必要となります.むつかしい箇所の担当となって,1回目の授業では最初は良かったのですが授業半ばで失速してしまって,板書のレイアウトも良くなかったです.

2回目の授業では,しっかりと悪い箇所を克服して,板書も見易くなっていました.
 

 積分は2学期に扱う予定でしたが,例を出して,短い時間で図を使って端的に説明していました.

 情報技術基礎は2クラスあるので4回の授業実践,1回目は2クラスとも授業の流れも悪く,時間配分も良くなくて,チャイムが鳴ってからも終われませんでした.

 2回目は,しっかりと悪い箇所を克服して,短い短縮時授業の中で教師の側の「教え」を約10分にまとめて,生徒の「学び」となる実習時間を20分確保,良い意味でザワザワ感があり,生徒同士で互いに「学び合い」が生まれ,さらに次の課題へ挑戦しようとするチャレンジの雰囲気をありました.タイマーを使いこなして余韻を持って実習を終わることができて,生徒の「学びの場」がしっかりと担保できた良い授業となりました.

 最後の研究授業は,もう一つのクラスで,その同じことの繰り返しでしたが,「アレもコレも」教えようとして教師の側の「教え」に時間が20分近く掛かって,その分生徒の実習時間・生徒の「学び」が10分程度となってしまいました.

 教師の「教え」が支配的となって,結果的に生徒の実習時間を食い潰すことになってしまい,良い意味でのザワザワ感を醸し出すことが残念ながらできませんでした.

 私自身も,つい丁寧に説明してしまって,「生徒の考える時間」「演習時間」を食い潰してしまうことがあります.

 教育実習生の指導を通して「教え」と「学び」について考えさせられました.

マグナ・カルタ

今朝はJRの高架沿いを歩きました.イースター島のモアイ像を思わせるJR高架の補強のコンクリートの出っ張り,その向こうにJR神戸線・灘駅前の高層マンションが朝日を浴びて輝いています.なんとなくアンバランスな光景です.

 今日6月15日はマグナ・カルタが制定された日です.

マグナ・カルタはラテン語で,英語ではthe Great Charter of the Liberties(自由の大憲章)です.法の支配の第一歩という漠然とした記念塔のようなイメージがありましたが,実際には悪王と呼ばれているイングランドのジョン王が,大陸のフランス内の領地を戦で失ったにもかかわらず,ふたたび戦を仕掛けて敗れたためにジョン王は国民全体から信頼を失ったそうです.ジョン王は退位するか処刑されるか・・・結局ジョン王は,王の権限を制限する文書に承諾することによって事態を収拾したそうです,それがマグナ・カルタです.

 悪王の王権を制限することによる制裁のような感じですが,でもマグナカルトには「法の支配」や「民主主義」の原型というイメージがあるように思います.

 かなり以前,大英博物館展のような特別展で買った「マグナ・カルタ」です.

 この中にマグナ・カルタの謄本の写真があるのですが,小さな字でしっかり目にしたことがありませんでした.職場の先輩が調べてくれて英語ではなくてラテン語で書かれていることを教えてくれました.

 英語訳の聖書として有名なジェームス王訳(欽定訳)聖書が1611年です.マルティン・ルターのドイツ語訳聖書が1534年です.中世における公式な言語はラテン語であった時代なんだなあ~と気づきました.

 考えると日本でも,平安時代は漢文・・・言ってみれば中国語です.言文一致で書き表された二葉亭四迷の「浮雲」が明治20年頃,聖書はまだ文語訳で口語訳聖書が出るのが戦後です.話し言葉で書かれものとして落語の速記本が当時は売れたようです.

今日,6月15日は兵庫県知事の公示日です.テレビや新聞では東京都議選に関するニュースに触れることが多く,兵庫県知事よりも東京都知事をテレビで見ることの方がずっと多いです.選挙の争点もマスコミを通して伝わってくることなく,はるか彼方の東京の豊洲市場問題やオリンピックに関するニュースはどんどん入ってくること違和感を感じます.