乃木

 昨日の9月13日は、乃木希典が妻・静子と共に明治天皇の大葬があった日に殉死して日です。乃木希典は明治時代の陸軍大将で、西南戦争,日清戦争,日露戦争に従軍しています。日露戦争では,水師営においてロシアの将軍ステッセリと会見したことが唱歌『水師営の会見』となっています.戦争に勝った日本の代表として、敵の将軍のステッセリに対して礼を重んじて扱ったことが、当時のヨーロッパで高い評価を受けていました。また、学習院の院長として、昭和天皇の幼少期の教育に携わったことでも有名です。

 今朝、黒板に「乃木」と書いて、「何を連想しますか?」と問い掛けると「乃木坂」という答えが返ってきました。確かに乃木大将の住んでいた家の前の坂が、乃木大将の死後に「乃木坂」と命名され、今は乃木神社の前の坂になっていますが、でも「乃木坂」と乃木大将とは結び付かないようです。

 当時の日本にはテレビもラジオもないので、乃木大将の殉死の報は、翌朝の新聞で知られることになりました。漱石の「こころ」でも、「先生」が新聞で乃木大将の死を知る場面が、大きな意味を持って書かれています。

「私は殉死という言葉をほとんど忘れていました。 平生使う必要のない字だから、記憶の底に沈んだまま、 腐れかけていたものと見えます。妻の笑談を聞いて 始めてそれを思い出した時、私は妻に向ってもし自分が 殉死するならば、明治の精神に殉死するつもりだと 答えました。私の答えも無論笑談に過ぎなかったの ですが、私はその時何だか古い不要な言葉に新しい 意義を盛り得たような心持がしたのです。
 それから約一カ月ほど経ちました。御大葬の夜 私はいつもの通り書斎に坐って、相図の号砲を聞き ました。私にはそれが明治が永久に去った報知のごとく聞こえました。後で考えると、それが乃木大将の永久に 去った報知にもなっていたのです。私は号外を手にして、思わず妻に殉死だ殉死だといいました。
 私は新聞で乃木大将の死ぬ前に書き残して行った ものを読みました。西南戦争の時敵に旗をられて以来、 申し訳のために死のう死のうと思って、つい今日まで 生きていたという意味の句を見た時、私は思わず指を折って、乃木さんが死ぬ覚悟をしながら生きながらえて来た年月を勘定して見ました。西南戦争は明治十年ですから、明治四十五年までには三十五年の距離があります。乃木さんはこの三十五年の間死のう死のうと思って、死ぬ機会を待っていたらしいのです。私はそういう人に取って、生きていた三十五年が苦しいか、また刀を腹へ突き立て一刹那が苦しいか、どっちが苦しいだろうと考えました。
 それから二、三日して、私はとうとう自殺する決心をしたのです。私に乃木さんの死んだ理由がよく解らないように、あなたにも私の自殺する訳が明らかに呑み込めないかも知れませんが、もしそうだとすると、それは時勢の推移から来る人間の相違だから仕方がありません。あるいは箇人のもって生れた性格の相違といった方が確かかも知れません。私は私のできる限りこの不可思議な私というものを、あなたに解らせるように、今までの叙述で己れを尽したつもりです。
 私は妻を残して行きます。私がいなくなっても妻に衣食住の心配がないのは仕合せです。私は妻に残酷な驚怖を与える事を好みません。私は妻に血の色を見せないで死ぬつもりです。妻の知らない間に、こっそりこの世からいなくなるようにします。私は死んだ後で、妻から頓死したと思われたいのです。気が狂ったと思われても満足なのです。
     「こころ」夏目漱石 より

追憶

長野の町を訪れたのは、学生時代以来、2度目です。

今回は教育学の分野の学会発表でしたが、学生時代は工学の分野の学会発表で、新潟から日帰りで訪れています。確か研究室の先輩の車に乗せてもらって・・・

今回は、信州大のキャンパスの近くであることを地図で確認して予約したのですが、後になって、信州大の長野市のキャンパスは2つあって、教育学部と工学部とはキャンパスが異なっていました。教育学部のキャンパスは善光寺の近くで市街地の真っ只中なのに対して、工学部のキャンパスは住宅地の中で国道のバイパスの近くです。

予約したホテルは工学部キャンパスの近くで国道沿いです。今回は自転車を車に積んで、ホテルと大学の間は自転車で往復しました。

 せっかくなので、今朝、工学部のキャンパスを訪れました。自転車だと、ホテルからすぐでした。

 校舎は、おそらく建て替えられているようですが、見覚えのある木立・・・記憶がよみがえりました。はじめて学会発表をした場所です。

 もう年月も経って記憶も曖昧ですが、車で善光寺の前を通って「此処が善光寺だ!」といった光景は妙に覚えています。実際に表参道にある「善光寺」交差点が、その記憶の場所でした。

前回は車窓から通りすがりに眺めただけでしたが、今回は善光寺をゆっくり見て廻りました。

 今朝は、上信越道・長野ICに近い松代をふたたび訪れて、自転車で巡りました。昨日は急遽、戸隠を訪れたので、自転車で松代を巡れませんでした。

 松代の古い町並み、そして千曲川の川沿いの土手をサイクリングしました。

 長野ICから帰路へ・・・途中、姨捨SAから見下ろした長野市辺りの景色・・・先週の金曜日から3泊滞在した長野市の見納めです。

  帰りは、小牧から東名・名神経由ではなくて、土岐JCTから東海環状自動車道ー伊勢湾岸自動車道ー東名阪自動車道ー新名神ー京滋バイパスー新名神(神戸)区間を通りました。東海環状自動車道と東名阪自動車道、そして新名神は初めて走りました。よくわからないルートで、豊田辺りから新名神に入る亀山JCTまでは、ルートを間違えないように運転したので、かなり疲れました。

ディアスポラ~シナゴーグの前にて

今朝はJR神戸線・神戸駅で降りて、これまで元町商店街(旧・西国街道)、栄町通り~旧居留地、ハーバーランド~メリケンパーク、JR高架沿い、山手幹線、回教寺院通り・・・と、いろいろなルートを歩いたので、今日は、トアロード経由で、北野異人館通りを歩きました。

山手幹線を、中山手通り3丁目の交差点まで歩いて、そこから山手に向かうトアロードの坂道を歩きました。 

 明治12年にオリーブの苗木を植えたことに始まる国立の神戸阿利襪園(オリーブ園)跡(現在は北野ホテル)を通ると、坂もかなり急になります。車だと坂の勾配をなかなか実感できませんが、昨年自転車で、此処で息が上がりました。

現在は、神戸外国倶楽部がありますが、此処にかつてトアホテル(Tor Hotel)がありました。 

北野異人館通りは東向きの一方通行の細い道です。歩道と車道の境のポールの上部に、このような模様が・・・

 真っ白い建物の壁面に「関西ユダヤ教団」というプレートがありました。 

 この建物は、ユダヤ教のシナゴーグ(synagogue・会堂)でした。東京にシナゴーグがあるのを耳にしたことはありましたが、神戸にシナゴーグがあるのを、この建物の前に立つまで、知りませんでした。

 元々ユダヤ教では、終戦40年の、当時の西独のワイツゼッカー大統領の記念演説「荒れ野の40年」にもあるように、幕屋(ミシュカーン・mishkan)と呼ばれた移動式テント神殿を持っていました。幕屋はモーセの指示によって、ベツァレルがつくったことになっています。

 モーセによってエジプトを出て、シナイ半島の荒れ野を40年間彷徨った後、ヨルダン川を渡った後はヨシュアが指導者となりますが、ヨシュアの後は、士師(Judge)がイスラエルの民の指導者として、預言者サムエルまで続き、そしてイスラエルの民は国王をいただくようになります。

 ダビデ王の子・ソロモンによって紀元前10世紀に神殿(ソロモン神殿)が建設され、その後、バビロン捕囚からの解放後の紀元前6世紀にゼルバベルによって再建された第二神殿、そしてヘロデ大王によって大拡張されたヘロデ神殿・・・ユダヤ教は神殿を中心とする宗教となった経緯があります。

 紀元70年、ユダヤ戦争においてローマ帝国軍とアグリッパ2世によって神殿を破壊され、現在残っているのは、神殿を取り巻いていた外壁の西側の部分だけで、これが「嘆きの壁」と呼ばれています。これによってユダヤ教は、神殿を中心とする信仰生活を奪われたことになります。

 ディアスポラ(Diaspora)・・・神殿を失ったイスラエルの民は、各地に散らばって、シナゴーグと呼ばれる会堂で、聖書(モーセ五書等の所謂旧約聖書)の朗読と解説を中心とするコミュニティーの信仰へと変遷して現在に至っています。

 神戸のシナゴーグの前に佇んで、荒れ野の40年における幕屋、イスラエル王国の樹立と壮大な神殿、そして嘆きの壁とディアスポラ・・・走馬灯のように歴史が頭の中で駆け巡りました。

 異人館が立ち並ぶ、観光化された北野異人館通りを歩いて・・・

 かなり大回りをしたので、加納町3丁目の交差点から、三ノ宮駅に向かって、一駅電車に乗りました。

 万歩計では
・歩数 17908歩
・歩行距離 13.2km
・階段 720歩
・早歩き 10895歩
・活動エネルギー 918kcal
・総カロリー  2579kcal
・燃焼脂肪量 49.4g

今日の活動量計は、
・脂肪燃焼 1時間38分
・有酸素運動 5分
・無酸素運動 0分
・活動カロリー 762kcal
・総カロリー 2483kcal
・歩数    17078歩

俳優

 俳優、この言葉を耳にして思い浮かぶ俳優は・・・加藤剛です。私にとって、もっとも俳優らしい俳優は加藤剛です。

 加藤剛と言えばテレビドラマの「大岡越前」が有名のようですが、私にとっては、古い大河ドラマ「風と雲と虹と」において、平小次郎将門を演じた加藤剛が印象的です。そして灯台守の映画「新・喜びも悲しみも幾歳月」の加藤剛・・・

 手元には、朗読のLPレコードがあります。高村光太郎の「智恵子抄」の朗読です。おそらく学生時代に買ったモノで、幾度かの引っ越しで手放したレコードが多い中、手元に残っています。ただ、レコードプレーヤがないので、随分聴いていません。

 神戸に越してから購入した新潮カセット文庫の、同じく高村光太郎の「智恵子抄」の朗読テープです。 

 今日、加藤剛が先月の6月18日に亡くなったとの訃報を耳にしました。

 久し振りに、加藤剛の朗読を聴きました。

嵐の七夕

今日は7月7日、七夕(たなばた)です。

平安時代の神道資料である「古語拾遺」にある、天照大御神が天岩戸から誘い出すために、神衣和衣を織ったとされている女神が「天棚機姫神(あめたなばたひめ)」で、これが「棚機津女(たなばたつめ)」の伝説の起源のようです。何故「七夕」と表記されるようになったのか・・・ネットで検索しても、国語辞典でもわかりませんでした。

今日の七夕は、台風が過ぎ去った後の梅雨前線の停滞によって、3日連続で大雨警報が続いて、時折、嵐のような叩きつけるような激しい雨でした。

 嵐のような強い雨が降ると,川端康成の小説「山の音」をいつも思い出します。この小説の中で、嵐の夜に中、大音量で音楽を掛けて興奮気味になっている息子の嫁の描写があります。それが印象に残って、そのシーンを思い浮かべて・・・嵐のような雨が降ると、大音量で音楽を聴くようになってしまいました。

 今日は、モーツァルトの交響曲40番ト短調を聴きました。

潜伏キリシタン

一昨日の6月30日にバーレーンで開催中の第42回世界遺産委員会において、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録されることが決定されました。

世界文化遺産となったのは、長崎・外海の3ヶ所、島原と天草がそれぞれ1ヶ所、対馬の4ヶ所、平戸の2ヶ所、佐世保・黒島の1ヶ所です。

6年前の2012年8月に長崎・平戸・島原を訪れています。

 世界遺産となった長崎市内の大浦天主堂は、禁教下の幕末に日仏修好通商条約に基づき、フランス人の礼拝堂として建設されたもので、最古の天主堂です。

 元治2年2月12日(新暦の1865年3月17日)に、天主堂を参観にきた浦上山里村の杉本ユリら潜伏キリシタン15人がプチジャン神父に、「ワタシノムネ、アナタトオナジ」(私たちもあなたと同じ信仰をもっています)「サンタマリアの御像はどこ?」とプティジャン神父に訊ねたそうです。禁教・迫害の長い歴史の中で250年以上の間、密かに信仰が受け継がれてきたことがカトリック教会に明らかになった「信徒発見」の奇跡です。

出津の海を見下ろす高台の上に「沈黙の碑」があります。作家・遠藤周作の代表作である小説「沈黙」の舞台となったトモギ村は外海町が舞台となっています。

石碑には、次の言葉が刻まれています。

 「人間が
    こんなに
  哀しいのに
    主よ
  海があまりに
    碧いのです。」

    遠藤周作

 キリスト教の禁教が解禁されてフランス出身のド・ロ神父が外海に赴任したのは明治12年(1879年)で、私費を投じて出津の天主堂を建設して、併せてマカロニやそうめんを生産する作業場・出津救助院をつくり、貧しい出津の集落に新たな産業をもたらすことになったそうです。

出津の北側にある大野の集落を見下ろす高台の上に大野教会があります。大野教会は、大野の集落に在住していた信者の中に、所属していた4キロ北の出津教会まで出向くのが困難な方々が居たことから、当時の神浦と大野の信者26戸のために明治26年(1893年)にド・ロ神父によって建てられた教会です。 

6年前には平戸に3泊して、平戸の潜伏キリシタン関連の遺産とともに、橋でつながっている生月島も訪れました。

キリシタン遺跡のひとつの「ダンジク様」は、潜伏キリシタンの聖地のひとつで、断崖の上を走る道路からはダンジク(暖竹)が生茂る林の中を潜って、ダンジクが生茂る狭い海岸の一角に「ダンジク様」が祀っています。

 キリスト教が禁教となって、弥市兵衛と妻のマリヤ、そして息子のジュアンの3人が取り締まりの緩いと言われていた五島へ渡るために、生月島南端の断崖が続く海岸沿いのダンジクの茂みの中に隠れていたとき、息子のジュアンが海岸に出て遊ぶ姿を船で捜しに来た役人に見つかり、全員が処刑されたそうです。この3人を祀る祠が「だんじく様」と呼ばれています。

 

傷跡_地震の翌朝

地震から一夜明けて・・・、今朝もJR神戸線の元町駅で降りて、煉瓦敷きの元町商店街をモップを掛けする光景を目にすると、昨日の地震が、遠い昔のことのように感じます。

 でも、昨日の爪痕・・・元町商店街から、三宮センター街を歩いていると、昨日の地震のために臨時休業を知らせる張り紙が、そのまま残っている店舗を見掛けました。

 昨日は早めに閉店する店もありましたが、朝から休業した店も多かったようです。

 昨日の地震の傷跡を物語っているのが今朝の朝刊です。

 全国紙の毎日新聞は「大阪直下M6.1」と、もっとも大きな活字で報じていました。

 同じく全国紙の朝日新聞は「京阪神 交通混乱」という見出しで報じていました。

 地元紙の神戸新聞は「大阪 1500人避難」という見出し、第一報が昨日の夕刊で大きく報じたことを受けて「震度6弱」という見出しは控えめでした。

 英字新聞のthe japan timesは、「Osaka rush hour quake kill three, injures 300」という被害状況を見出しとしていました。

 日本経済新聞は立て組みで「大阪北部で震度6弱」という見出しよりも大きく「インフラ寸断 広範に」と経済紙らしく経済活動を切り口にインフラを取り上げていました。

 業界紙の日刊工業新聞では「大阪地震 創業停止相次ぐ」という見出しで、企業活動の中で、生産への影響を取り上げていました。

 見出しの扱いから、その新聞の特徴が滲み出ているように感じました。また地震を「震度」で表現するケースと「マグニチュード」で表現するケースに分かれていました。

壁画

今日の仕事帰り、JR神戸線の垂水駅を降りると雨が降っていました。駅前のイオンに立ち寄っている間に雨は上がって・・・通り雨だったようです。雨で濡れたアスファルトに水銀灯や門灯に光が反射して綺麗でした。

夕焼けの赤が消えて、夜になる前の西の空、少し前に通り雨があったとは思えない光景です。 

 ネットニュースを見ていると、東京大学の本郷キャンパスの地下にある中央食堂がリニューアルされたのこと。リニューアルに伴って食堂の壁画がなくなったようで、壁画の行方に関してネットで炎上しているようです。2年前に東京大学を訪れた際に撮影した写真を見ると・・・たしかに壁画が写っていました。

この壁画は画家・宇佐美圭司の作品とのこと、1977年から飾られていたそうです。壁画の行方は・・・処分されたそうで、文化的な遺産が容易く処分されることに批判の声が多く集まっているようです。2年前に撮った写真とほぼ同じアングルの写真をネットで見つけました。今現在は、吸音の壁になって、壁の意匠も大きく変わっていました。


=デイリースポーツ 4/27(金) 19:05配信の写真を引用=