confuse(混沌・混乱・混雑)

 非常勤講師を勤めている県立大が、5月からの前期授業の再開に向けて、すぐには通常の授業が出来ない状況なので、オンライン授業を基本とするようです。今週1週間がオンライン授業のリハーサルだったのですが、初日の月曜の時点でネット回線の不具合で失敗して、結局リハーサルは見合わせることになりました。

 同じ日に東北大でもオンライン授業の試行初日で、アクセス集中でシステム障害が発生して、授業を受けることが出来なかった学生がいたそうです。3500人の受講に対して、一斉アクセスの対応がシステムとして出来なかったようです。

 昨日は、社会人となって最初に勤めた会社・シャープが、三重の工場の液晶パネルをつくるクリーンルームの一角でマスクの生産を開始していたのですが、ネットを通して昨日から販売を開始したのが・・・想定をはるかに越えるアクセスが集中して、結局、販売を停止しているようです。

テレワークや在宅勤務、それに休業・休校に加えて自宅待機と、街中や電車の混雑度は低下しているようですが、ネット上はアクセスが増大して、かなり混雑しているようです。今までテレワークをしていなかった中小企業等が在宅勤務の対応をしたり、もし休校が長引けば、大学・専門学校、小中高の学校の学生・生徒が一斉にオンライン授業の動画にアクセスして、回線の大混雑とともに、大学や学校のサーバーにシステム障害が起きる可能性も少なくないです。

入念に準備して、生徒全員にタブレットを配布して、お金と時間を掛けても、オンライン授業やICT教育が上手くいかないことが多いですが、今回は、何の準備もなく、オンライン授業やICT教育の為のサーバ等のシステムの増強も行なっていません。

生徒や学生も、パソコンで受講するとは限らず、タブレットや、小さなスマホ画面というケースも想定する必要があります。通信の容量制限がある場合には、経済的な負担も問題になるかもしれません。また資料等をプリントアウトする環境が家庭にない場合には、コンビニでお金を払ってプリントする必要があります。

 街中の混雑は低減されていますが、ネット回線上では、混雑や混乱が問題化して、混沌状態の様相を呈し始めているように思います。なんでもかんでもオンライン・・・とネットに押し付ける風潮を感じますが、キャパシティーを越えたニーズを捌ききれない状況に近づいているような気がします。

発出

最近、ニュース等で耳にすると引っかかるのが「発出」という言葉です。「 緊急事態宣言」に際して「発出」という、これまで耳にしたことがない言葉を使われています。

法治国家としての法令や省令、規則とは異なりますので、発布や公布という言葉を使うことが出来ないですし「発令」という言葉を使えば「戒厳令」のような緊迫感を伴うことを嫌って「発令」という言葉に辿り着いたのかなあ~と、勝手に想像しています。

ネットで検索すると・・・私と同じように「発出」という言葉に違和感を感じる方々が結構多いようで、「耳慣れない」や「耳障り」という表現まで検索されました。

書き言葉としての「発出」を目にすると「出発」を逆さまにした言葉で、意味としても「出発」に近いニュアンスを持っています。でも話し言葉としての「はっしゅつ」は滑舌が悪いと・・・確かに「耳障り」の悪い言葉ですし、言いにくい言葉です。

「発出」という言葉をニュースで耳にするたびに、何故、こんな言葉を敢えて使うのだろう?と単純に疑問を感じてしまいます。「お役所仕事」として無難な言葉なのかもしれませんが、センスが良い言葉とは、思えません。

シングルボード コンピュータ

アマゾンからSDDと一緒に、もう一つ荷物が届いていました。

Rasberry Pi というシングルボードコンピュータ・・・一枚の基板上にコンピュータの機能を搭載したものです。購入したのはキットで、ケースやケーブル類一式が入ったものです。

シングルボードコンピュータを購入したのは2度目です。最初は、まだワンボードマイコンと言われていた時代です。パソコンがマイコンと呼ばれて、コンピュータといえばIBM Sytem/360に代表されるように、大企業の専用のコンピュータルームに設置されて、専門のオペレータが操作するイメージがあった、メインフレーム(汎用機)の時代です。


IBM Sytem/360、 IBM社のサイトより
IBMのサイトのリンク

ワンチップコンピュータとして注目されて始めた頃に、NECより、評価用として発売されたのが、インテル社のi8080というCPUを搭載したワンボードコンピュータで88,500円でした。入力は10キーで、表示は7セグメントのLEDというシンプルなものです。


NEC TK80、 Wikipediaのサイトより
WikipediaのTK-80の項目

当時は十代で、8万8千円は高嶺の花でした。同じような製品が幾つかあって、名古屋のメーカがCPUとしてi8085を用いたワンボードコンピュータを4万円ほどで購入しました。CPUはi8085で、クロックは500KHz程度で、モニターのソフトが2KBのROMに書込まれて、RAMは512バイトだった記憶があります。

入力が10キーで、表示は7セグメントのLEDだけ、アセンブラでプログラムを組んで、それを2進数の機械語に変換して、テンキーで入力して、結果は7セグメントのLEDでの表示です。保存が出来ないので、数十行程度のプログラムで、512バイトが小さいと思ったことはありませんでした。

今回届いたシングルボードコンピュータのRasberry Piは、イギリスのラズベリーパイ財団によって、教育で利用されることを想定して開発され、8年前から発売されたものです。最初はシングルコアでクロックが700MHz、メモリーが256MBでしたが、現在はRasberry Pi4でクアッドコアでクロックが1.5GHz、メモリーが1,2,4GBのものまであります。購入したのは、4GBのものです。

キットで購入したので、 左上の箱の中には、本体の他に電源、ケース、冷却ファン、ケーブル類、OSの入ったマイクロ、SDカード、それに取説と工具まで入っています。本体の基板は、左下の赤い箱の中に入っています。

基板には、有線LAN用のイーサネット、USB2.0が2口、USB3.0が2口、それに表示用のミニHDMIが2つと電源用のUSB-Cのコネクター群が基板の周囲に取り付けられています。無線モデュールも搭載されているので、WiFiにも対応しています。

 基板は完成しており、発熱の大きいチップに3つのヒートシンクを付けるだけです。

ケースにファンを付けて、それ以外はコネクターにケーブル類をつなぐぐらいで、後はOSのインストール・・・キットを買ったので、Linux系のRaspbianというOSがマイクロSDに既に入っていました。インストールというよりもセッティングだけで、LXDEデスクトップ環境とChromiumウェブブラウザ、それにワープロ、表計算のも入って、日本語の表示と入力に対応しています。ネットにはWiFi経由で接続できました。

ソフトとして数式処理のMathmaticaが最初から入っているのも魅力です。

USBでキーボードとマウスをつないで、HDMIで液晶ディスプレイにつないで、USB-C経由で電源を供給すれば、十年程前のパソコン程度のサクサク感でネット閲覧やワープロ作業が出来ます。

最初に買ったワンボードコンピュータとは・・・雲泥の差です。物価を考えても、当時の4万円と、今回の1万3千円で、性能が飛躍的に向上しても、値段は3分の1になっています。

性能は、最初に買ったワンボードコンピュータの性能(速度)は0.2MIPS程度でしたが、今回のシングルボードコンピュータは1500MIPS程度のようです。

1970年代の汎用機が1MIPS程度
1985年発売のインテル32bitのCPUが10MIPS程度
2000年頃の64bitのCPUで3000MIPsを越えて
最近の64bitのCPUで10万MIPSをはるかに越えています。

MIPSとは1秒間の整数処理の命令を百万回単位でカウントするmillion instructions per secondのことで、現在では実数計算がメインなので、参考程度でしかないです。

蟄居

学校を出て、本社研修を終えて発表された配属先が千葉の柏、5月の連休明けに赴任して、新卒で勤めた会社に3年あまり居ました。工学部しかない単科大学で、今から思えば、あまり一般教養が身についていないままに社会人になったように思います。

 社会人になって、しばらくして知人との会話のやりとりの中で「~~今は蟄居中だから~~」と話すの耳にして・・・その時は意味がわからずに聞き流した覚えがあります。

2月下旬ぐらい、新型コロナウイルスが日本で感染者が出て、クラスターという言葉がニュースで頻繁に使われるようになった頃から、週末は蟄居のような状態が続いています。

ほんとうの蟄居は、閉門した上で一室に謹慎することであり、刑罰として処せられるものであるのに対して、現在の「外出を控えるように」というのは、あくまでも自粛であって、蟄居というよりも閉門に近い状態ですが、なんとなく社会的に蟄居を強いられているような感覚に陥っています。

 今日は、2年前に今のノートパソコンを買うまで使っていた「一代前のパソコン」がそのまま放置されていたのを、これもLinux搭載機にしました。

 今週の後半は、十数年前の古いWindowsXPのノートパソコンを、980円で512MBのメモリを増設することによって、メインメモリーが768MBになって、最軽量と言われているPuppy Linuxを動作させることが出来ました。

「一代前のパソコン」は、Windows7時代のパソコンで、購入したのは7~8年だったと思います。その後Windows8,Windows8.1、そしてWindows10にアップグレードして数年以上使っていたのですが、キーボードのよく使うキー(AやI,O,N)の表示が消えたり、いろいろなソフトを入れたり2度もアップグレードをして為か、起動だけではなくて動作自体もモッサリしたので2年前に買い替えたもので、使っていませんでした。

 今、Linuxの世界で、もっともシェアが高いのがUbuntu系で、これをインストールしました。またWindowsマシンとして使うかもしれないこともあって、HDDを取り外して、アクセスの速いSDDに入れ替えて、Ubuntuをインストールすることにしました。

 Amazonから3000円で買った120GBのSDDが届きました。

 形状やピン配置は、HDDとまったく同じです。HDDは回転するメカがあり磁気記録ですが、SDDは半導体素子の塊で、完全にスタティックです。そのまま差し換えできます。

 ノートパソコンの裏蓋を空けると、HDDが見えます。中央の円形の金属がハードディスクのディスクを回転させる為の駆動系、モータ部分です。

 このHDDを取り出して、購入したSDDを装着しました。駆動部分がないので、円形の金属部分がありません。軽量です。

 デバイスとして認識することを確認して、Ubuntuをインストールしました。WiFi経由のネット接続も問題なく、日本語表示・入力も問題なく、スムーズにLinuxマシンとなりました。

 換装前の、HDDでWindow10では操作をしてもモッサリ感がある動作でしたが、SDDに換えてUbuntuにすると、結構キビキビと動きます。

 地方公共団体では、ソフトに掛る予算を削減できるために、WindowsからLinuxへ切り替えるケースが少なくないようです。以前は科学者や専門家をユーザとしたLinuxでしたが、今のLinuxはユーザフレンドリーで、Windowsと遜色がない使い勝手のように感じます。

緊急事態宣言が、全国が対象となって、期限が5月6日まで、今後の状況で、どうなるかわかりませんが、ちょうど(暦の上での)啓蟄の頃から蟄居状態が続いているので、連休明けには、(社会的な意味での)啓蟄を迎えたいと願っています。

Linux

Linuxは、ヘルシンキ大学の学生であったリーナス・トーバルズ(Linus B Torvalds)によって、Unix互換の独自のOSカーネルを開発したことが発端で、1990年代前半に誕生した実用的でフリーなオペレーティングシステムです。

以前、PC/AT互換機でWindows3.1やWindos95の時代に興味を持って、いろいろ挑戦したことがあります。Linux自体はフリーでしたが、当時はインターネットがまだまだ黎明期の時代で、Linuxを入手しようとするとCD-ROM等のパッケージを購入する必要がありました。

その当時、7000円ほどで購入したLinuxの最初期時代のバージョンです。CD-ROMが3枚入っていました。

その後、Linuxから離れていましたが、新型コロナ・ウイルスの影響で外出を控えるようになって、古いノートパソコンの活用として、久し振りにLinuxを古いパソコンにインストールしようと試みました。

十数年前の、WindowsXPのノートパソコンです。AMDの64bit CPUが搭載されていますが、メインメモリーは256MBです。軽量といわれるLinuxのディストリビューションのインストールを試みたのですが、どうもメモリー容量がネックとなってインストールに失敗します。

仕方がないので、メモリーを増設することにしました。古いタイプなので、現在流通しているノートパソコン用のメモリーが使えません。中古を扱っているハードオフに出向いたのですが、新型コロナウイルスで前日から休業していました。その後、立ち寄った電器店の片隅で、古いタイプのメモリーが置いていました。ほんとうは1GBのメモリーが欲しかったのですが、512MBのメモリーが税込み980円で、結構お買い得でしたので購入しました。

ノートパソコンの裏蓋を空けて・・・右上が増設メモリー用のスロットです。左下がHDD(ハードディスク)となります。

 購入したメモリーをスロットに刺し込みます。

メモリーを押し込んで、カチッと固定すればメモリー増設は完了です。BIOS画面を起動して確認すると、元の256MBに512MBが加わって、768MBの程度の値となっていたので増設メモリ-はちゃんと認識していました。

 超軽量LinuxとしてPuppy Linuxをインストールしました。日本語対応の少し古いバージョンですが、メモリー増設前は失敗したインストールが、なんとかデスクトップ環境も含めて動作することが出来ました。

ネット接続は諦めていたのですが、古いPCMCIAタイプの無線LANアダプター経由でWiFi接続も出来ました。

ディストリビューションによっては、日本語表示のための操作が煩雑だったり、日本語入力するための日本語IMEの導入や設定が大変なのですが・・・日本語表示も日本語入力も最初から対応していました。

インターネットのブラウザで、Web閲覧も出来ますし、ワープロや表計算ソフトも最初から入っています。何もしなくてもLinuxのデスクトップ環境が快適に使える状態です。

舞台

教師の舞台は、教室での「授業」がメインストリームです。大学の教員の場合は、「研究」が授業と共にメインとなって研究成果や研究指導にウエイトが置かれて、教員の業績を考えると「学会」が舞台となるような傾向が強いです。

外出を控えるようになって・・・自宅でネットでのコンテンツを愉しむ機会が増えました。今までYoutubeは、それほど閲覧することがなかったのですが、昨年購入した4K液晶テレビはWiFi経由で、リモコン操作でYoutubeを大画面で鑑賞できるので、Youtubeをパソコンの液晶ではなくて、ソファーに座ってテレビ画面で鑑賞することが多くなりました。

生徒は、自己紹介の時に好きなYoutuber,お気に入りのYoutuberというのが、ひとつのコミュニケーションチャンネルのようで、テレビの視聴よりも、スマホ経由でYoutuberが発信する情報の影響の方が大きい傾向を感じます。Youtubeを舞台にして活躍しているYoutuber達が、彼らにとって大きな存在のようです。Youtuberも、自分のチャンネルで「街で声を掛けられるようになった」「この前も『いつも見てます、楽しみですと言われた』等々、身近なアイドルのような存在となっているようです。

新型コロナウイルスの関連で、小池都知事とYoutuberの ひかきん がYoutube上でコラボをしていました。Youtubeという「舞台」が一部のマニアのものではなくて、社会的に根付いて認知されているようです。

テレビの放送メディアが、いわゆる「芸能人」の「舞台」です。なかには劇場やコンサートホールを主軸に活躍している芸能人も少なくないですが、地上テレビがメインストリームで、振り返ると50年以上、「芸能界」という虚像の世界が、テレビ放送を「舞台」としている状態が続いているようです。

その前は・・・おそらく「映画」が「役者」の「舞台」だったように思います。テレビ放送の黎明期には、映画が格上で、テレビは格下という上下関係があったようです。浅草の六区や新開地に映画館が並んでいた時代・・・

落語家や講談師、漫才師などの話芸は「ラジオ」が「舞台」だったようで、ゴールデンタイムだった夜7時頃からは演芸番組がラジオの主役だったそうです。

更に遡ると、昭和初期から、更に大正期・明治期には、劇場や寄席の、まさに舞台が「役者」や「芸人」にとっての「舞台」だったようです。それぞれが「舞台」を持っていた時代。噺家は「寄席」、役者は「舞台」、力士は「土俵」・・・

Youtubeを愉しみながら、バラエティーのジャンルでは

・芸人・・・舞台
・芸人・・・映画
・芸能人・・・テレビ
・Youtuber・・・Youtube

変遷というか、時代を感じました。

Youtuber達も、自分のチャンネルで、「~~さんは・・・」と、他のYoutuberの話題を振ることが少なくないように感じます。テレビを舞台とした芸能界とは違った、Youtubeを舞台とした世界が芽生えているような気配を感じます。

マスカレード

マスカレード(masquerade)・・・一般に「仮面舞踏会」や「仮装大会」という意味で使われますが、「見せかけ」や「虚構」という意味をも持った言葉です。

IT用語としてはIPマスカレード(IP masquerade)という言葉が有名です。IPマスカレードはLinuxの用語で、ネットワークの専門用語としてはNAPT(Network Address Port Translation)となります。LANとインターネットなど2つのTCP/IPネットワークの境界にあるルータやゲートウェイが、双方のIPアドレスとトーカルアドレスやポート番号を、自動的に変換してデータを双方向で中継する仕組みのことで、内部ネットワークからインターネットへ透過的にアクセスできるようにする技術です。Linuxでは、仮面を被ってインターネットにつながっているようなイメージで、IPマスカレードという表現になっているのかもしれません。まさにネット上での「見せかけ」や「虚構」です。

夕方、スーパーに買い物に出掛けたのですが、スーパーの店内に入ってから、マスクをつけるのを忘れていたことに気付きました。

店内を見回すと・・・目に入った全員がマスクをつけています。なんとなく自分だけがセキュリティーに無頓着な人間のような感じに陥りました。急に、新型インフルエンザの感染危機にさらされているような気がしました。

レジには、ビニールの垂れ幕のようなもので、レジ係と客の間で唾などの飛沫感染が起きないようにしており、また、レジに並ぶ列も、床に1メートル間隔ぐらいでマーキングされていました。数日前に訪れた時には、ここまで徹底されていませんでした。

商品棚は、トイレットペーパやティッシュは豊富に商品がありましたが、袋入りインスタントラーメンの商品棚は、所々に検品がありました。また乾麺タイプのスパゲッティーの棚には、商品がほとんどありませんでした。

足早に買い物を済ませて自宅に向かいました。気をつけて見ていると、マスクをつけていない人を何人か見つけました。帰路、道ですれ違う人も、ほとんどすべてマスクをしています。9賄以上と言うよりも、ほぼ100%のマスク装着率です。

仮面舞踏会で、え自分だけが素顔を晒しているような感じ・・・でしょうか?周囲が感染対策をしっかりしているのに、そこに自分だけがセキュリティーホールとなっているような感じで、新型コロナウイルスが私めがけて攻撃しているような気もしてしまいました。

帰宅して、すぐに手をしっかりと洗って、うがいをして、顔を洗って・・・そのまま入浴してしまいました。

整理していると、引き出しの奥からガーゼマスクが10枚以上出てきました。新品ばかりです。

11年前のインフルエンザの時には、使い捨てマスクを使っていたので、その前・・・阪神淡路大震災の時、至る所でビルや家屋が崩壊して、その後撤去等の工事で、神戸の街が土誇りでまみれていた時のものだと思います。

今の使い捨てマスクと違って、ひとまわり小さいです。今週末か来週に各戸に2枚配布されるガーゼマスクも、これと同じコンパクトサイズのようです。ひょっとしたら、このマスクと一緒に、使うことなく新品のまま、日の目を見ないかもしれません。

神戸にも・・・

今日のニュースで、神戸赤十字病院の医師の感染が伝えられました。今日から外来診療は停止のようです。

昨日は神戸市立医療センター中央市民病院で院内感染が発生して病院職員や入院患者の感染が判明して、初診や新規入院は当面停止のようです。

神戸では、西警察署で新しく赴任した署長と副署長の歓迎会を居酒屋で行なったそうで、参加した警察官8人の陽性が判明していましたが、新たに署長と副署長も陽性とのこと。

・・・神戸でも新型ウイルスの感染が彼方此方で確認され始めています。

11年前の2009年5月に、国内初の新型インフルエンザ発生が神戸市で確認されました。あの時は市内の高校生が感染して部活動を通して他の高校にも広がり、今回と同じように小中学校や高校が臨時休校になりました。臨時休校の期間は1週間だったと思います。多くの患者がクリニックや病院へ受診に出掛けたので、今で言う医療崩壊に近い状態になっていたような記憶があります。

 更に遡れば・・・日本で初めて女性のエイズ患者が確認されたのも神戸市でした。調べると1987年1月ですので、33年前になります。翌日の新聞には「国際都市に〝招かざる客〟」や「ネオン街に衝撃」という見出しが紙面に躍っていました。当時はパンデミックという言葉は使われず、「エイズパニック」というセンセーショナルな言葉が使われていたようです。